外壁塗装の耐用年数(寿命)ってどれくらい持つの?外壁材や塗料の種類で家の持ちが大きく変わる!

外壁塗装の耐用年数(寿命)ってどれくらい持つの?外壁材や塗料の種類で家の持ちが大きく変わる!

住宅の寿命を延ばすために必要なメンテナンスが外壁塗装です。

外壁塗装について調べ始めると、「寿命や耐用年数はどれくらいなんだろう?」と気になってきますよね。
こちらの記事では、外壁塗装を考えているあなたのために、耐用年数にまつわる内容を詳しくまとめています。

記事の後半では外壁塗装をすべきサイン・症状や、寿命を延ばすために実践したいセルフメンテナンスについても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

外壁塗装における耐用年数とは?

一般的に「耐用年数」とは、「あるモノの耐久性や寿命がどれくらいもつか」という指標として使用されます。
例えば、フローリングの耐用年数は○年、クロスの耐用年数は○年、といった具合に表現します。

それでは、外壁塗装の耐用年数とは一体どんなモノを指しているのでしょうか。

建物自体には国税庁が定めた耐用年数がある

1つ目は、建物自体の耐用年数です。

国税庁は様々なモノに対して、耐用年数の目安を定めています。
これによると建物における建材ごとの耐用年数は次の通りです。

外壁材 耐用年数
木造モルタル造 20年
木造サイディング張 22年
鉄筋コンクリート造 47年
軽量鉄骨造 27年
重量鉄骨造 34年
レンガ造/石造/ブロック造 38年

主な減価償却資産の耐用年数(建物・建物附属設備) | 国税庁

国税庁が定めている耐用年数によると、鉄筋コンクリート造の寿命が最も長いことを理解できます。

一方、木造モルタル造の場合は鉄筋コンクリート造の半分以下の20年の耐用年数となっています。
しかも、国税庁による耐用年数は様々な必要メンテナンスを正しく実施することが前提の数値です。

つまり、外壁塗装などのメンテナンスをしなければ、こちらの水準よりも早く建物の寿命がきてしまいます。

ただし、耐用年数を過ぎたからといって何らかの対応をしなければならないわけではありません。
例えば、自宅に使用している外壁材が耐用年数の寿命を迎えたからといって、すぐにリフォームをしないとその家に住めない、というものではないのです。

外壁塗装で使用する塗料の耐用年数

外壁塗装における耐用年数が表す2つ目の意味として、使用する塗料自体の耐用年数があります。

外壁塗装に使われる塗料には、アクリルやウレタン、シリコンやフッ素など様々な種類が存在しています。
塗料の耐用年数は種類ごとに違っているため、どの塗料を使って外壁塗装をするかによって寿命の長さが異なるのです。

代表的な塗料の耐用年数は、次の通りです。

塗料の種類 耐用年数 特徴
無機塗料 15年~20年 いわゆる自然界にあるものを使った塗料で、高性能塗料のため高価。
かなり耐久性に優れていて、耐用年数も一番長い。
自然に優しい塗料として注目を浴びている。
遮熱塗料 15年~20年 フッ素塗料と並び、ハイグレードな塗料。
遮熱塗料には名前の通り熱を反射する性能があり、外壁塗装だけでなく屋根塗装に使用されるケースも多い。
遮熱塗料を使うだけで、室内環境の快適さは向上する。
ピュアアクリル塗料 12〜15年 アクリル塗料の上位版と考えるといいでしょう。
防水性に優れた特徴があるので、一定期間は汚れにくい塗料です。
ただし、ある程度のコストがかかるのは難点。
フッ素樹脂塗料 15~20年 無機塗料の次に性能も価格も高い塗料。
耐候性、親水性、防カビ等にも優れているため、大型建築物(スカイツリー等)に使用されている。
光触媒塗料 10〜15年 数ある塗料の中でも、セルフクリーニング効果が備わっている珍しい塗料が光触媒塗料です。
雨や太陽光などと化学反応を起こし、塗料自体が表面をきれいにする効果を持っています
シリコン樹脂塗料 10~15年 現在主流となっている塗料。
総合的に見て、一番性能も価格もバランスがいい塗料として人気。
ラジカル塗料 10~15年 シリコン樹脂塗料よりも性能がいいと注目されている新しい塗料。
以前から塗膜劣化の大きな原因だったラジカルを制御し、さらに耐久性が強くなった塗料。
ウレタン樹脂塗料 8~12年 ひと昔前に流行った塗料。
ひび割れに強く、シリコン樹脂塗料よりも安価。
しかし、耐久性はシリコン樹脂塗料に劣る。
アクリル樹脂塗料 5~7年 他の塗料と比べて耐久性が劣るため、現在は滅多に使用されない塗料。
ただ、安価で色も豊富のため、何回も塗り替える予定がある人向け。

このように、外壁塗装の塗料には様々な種類があります。
「それじゃあ耐用年数とコストと機能を見て選べばいいのか!」と感じてしまうかもしれませんが、考慮しなければならない要素はそれだけではありません。

塗料の中には扱いが難しいものもあり、施工経験の少ない業者に任せると本来の性能を引き出せない場合もあります。
また、発展途上の塗料であればメーカーも予期していなかったトラブルが発生してしまう可能性もゼロではありません。
さらに、住宅が立地している気候環境によっても適している塗料は異なります。

このように外壁塗装の塗料を選びには、様々な要素が絡み合っているのです。
どの塗料を選べばいいかはその道のプロである業者がよく知っているため、信頼の置ける業者に相談してみましょう。

塗料メーカーはどうやって耐用年数を決めているの?

どんな製品にも、塗料メーカーが決めた耐用年数の目安があります。
それぞれのメーカーは、「促進耐候性試験」と呼ばれるテストを行い、耐用年数を決定しています。
促進耐候性試験では専用の機械を使って太陽や雨など外的要因に晒されている状況をシミュレーションし、試験対象物の劣化状況を測定します。

ただし注意したいのは、このテストはあくまでシミュレーションである点です。

実際の気候環境では気温や湿度が時事刻々と変わっているのはもちろん、太陽光のあたる部分も異なります。
さらに、海沿いの住宅なら潮風による劣化もありますし、幹線道路沿いの住宅なら排ガスの影響が大きいでしょう。

また、塗料メーカーが公開している耐用年数は新築時から起算されているため、新築10年後の外壁塗装などでは状況も変わってきます。
このような理由から塗料の耐用年数は実際の劣化状況と大きくズレてしまう可能性もあるため、あくまで目安と考えておくのが賢明です。

塗料はどうやって選ぶ?外壁塗装の寿命を延ばすための選び方

「耐用年数はあくまで目安でしかない」とお伝えしましたが、それでは外壁塗装の塗料はどのように選べばよいのでしょうか。
気候環境などの難しい内容は業者に任せるとして、私たち消費者が考えるべきなのは基本的にコスト耐用年数という2つの要素です。

目安でしかないとはいえ、耐用年数は塗料を比較する上で重要な情報。

また、家庭によってお財布事情は違いますし、住宅にかける予算も人それぞれです。
そこでおすすめしたい外壁塗装の塗料の選び方は、「耐用年数×コスト」のバランスをチェックすること。

施工費用をとにかく抑えたいのであれば安価な塗料を使用するのが妥当ですが、安価な塗料だとその分耐用年数が短くなっています。
そのためメンテナンスのスパンは短くなり、次の外壁塗装を早めにしなければならないでしょう。

一方、耐用年数に優れた塗料を選べば施工費用は高額になりますが、その分長持ちするので次の外壁塗装は遅めでもOKになります。
このように、外壁塗装にかけられる予算や家庭のお財布事情を考慮して塗料を選びましょう。

使われている外壁材によってメンテナンスの時期は変わる

次にお伝えするのは、外壁材ごとに異なるメンテナンスのタイミングについてです。

「タイルの外壁はメンテナンスフリー」という内容も目にしますが、全くメンテナンスしなくてもいい外壁材はまず存在しません。
経年劣化や外的要因により、何らかのメンテナンスは必要なのです。

それでは、代表的な外壁材ごとのメンテナンスの時期を紹介します。

こちらで紹介している外壁材以外にもレンガやトタン、ガルバリウムなど様々な種類がありますが、あくまでメジャーなもののみ紹介いたします。
なお、カッコ内に記載しているのは、外壁材自体の耐用年数です。

外壁材 耐用年数 詳細
窯業系サイディング 40年 外壁塗装の目安は7〜8年です。
窯業系サイディングは、コスト面のメリットだけではなくデザイン性や扱いやすさの面でもメリットが大きいです。
そのため、非常にポピュラーな外壁材です。
金属系サイディング 40年 外壁塗装の目安は10〜15年です。
耐候性に優れていますが、窯業系サイディングと比べると若干価格は高めです。
木質系サイディング 40年 外壁塗装の目安は8〜12年です。
本物の木を用いたサイディングであるため、木の素材の風合いにこだわりたい方から選ばれています。
ただし耐火性においては不安が残り、準防火地域では使えない製品もあるので注意。
樹脂系サイディング 40年 外壁塗装の目安は10〜20年です。
日本では窯業系サイディングが人気なのでそれほど普及率は高くありませんが、アメリカでは人気の外壁材。
窯業系より軽い特徴があるので施工はしやすいですが、遮音性には劣ります。
モルタル外壁 30年 外壁塗装の目安は8〜10年です。
一昔前はサイディングよりもモルタルの方が主流でしたが、メンテナンスの難しさや施工価格の高さなどからだんだんと需要は小さくなってきました。
しかし仕上げには職人の技が生きるため、今でも住宅の外観にこだわりのある方などから選ばれています。
ALCパネル 60年 外壁塗装の目安は10〜15年です。
サイディングよりも耐用年数が長く、多孔性であるため断熱性に優れているという特徴があります。
コンクリート外壁 60〜100年 外壁塗装の目安は15〜20年です。
数ある外壁材の中でも最も耐久性に優れているのがコンクリートで、とにかく寿命が長いです。
コンクリート打ちっ放しの外壁は塗装など必要なさそうなイメージですが、劣化してきた時には塗装によるメンテナンスが必要です。
タイル外壁 40年 外壁塗装は不要です。
新築時の価格は高額になってしまいますが、外壁塗装のメンテナンスが不要なのでコスパ重視の方から選ばれています。

特にサイディング外壁はコーキングの耐用年数にも注意!

安価で導入しやすい上、デザイン性にも優れているサイディング外壁。
モルタル外壁のように難しい技術は必要ないため、施工性においてもメリットがあります。
現代の日本では非常にポピュラーなサイディング外壁ですが、必要なメンテナンスは外壁塗装だけではない点に注意しましょう。

サイディング外壁で外壁塗装以外に必要なメンテナンス、それはコーキングの補修です。(またはシーリングとも呼びます。)
目地に詰められているコーキングは、サイディング自体や塗膜と比較すると劣化が早いため、こまめなメンテナンスが必要です。

多くの場合は外壁塗装のタイミングで同時に補修を行いますが、あまりにも劣化がひどいときにはコーキングだけを補修しなければならないことがあります。

コーキングの耐用年数は5〜10年であり、10年に1度打ち替えが必要です。
コーキングの打ち替えとは、古いコーキングを除去して新しく詰め直す補修方法のこと。

一方、古いコーキングを残したまま上から補修する方法は増し打ちと呼ばれています。

コーキングに発生する劣化としてはひび割れや破断(コーキングの真ん中部分が切れてしまうこと)などがあり、そのほかにコーキングが浮くという症状も見られます。

ひび割れや破断を放置しているとその部分から雨水が浸入し、住宅が劣化してしまう恐れも。
コーキングは住宅の防水性能を保つために重要な役割を担っていますから、補修しないのは危険です。

ちなみに、サイディング以外にモルタルやALCパネルなどの外壁もコーキングを使用した補修が必要になるケースがあります。

ALCパネルではサイディングと同じように目地部分にコーキングが充填されているため、経年や外的要因で劣化してしまいます。
そして、モルタルの場合は表面にクラックと呼ばれるひび割れができた際に、コーキングを充填して補修を行います。

このように、様々な種類の外壁でコーキングを使った補修が必要になるんですね。

外壁塗装を検討すべき症状・サイン

こんな症状が出たら、塗膜は寿命を迎えています。
以下のような症状が見られたら、外壁塗装を検討すべきタイミングです。

外壁の状態 説明
剥落(剥げ落ちる) 塗装ではなく、中のモルタルがはげ落ちてしまい、木材やラス(金網みたいな部品)が見えてしまっている状態。
塗装でなく早急な左官工事が必要。
チョーキング モルタル施工の外壁において、手で触るとチョークを触った後のように手に塗料の粉がつく。
塗装がはがれてきている証拠なので、塗装屋さんに点検を。
ひび割れ(クラック) 外壁にひびが入っている。

ひび割れが即塗り替えするべきという事ではないが、特に横に走っているひび割れは要注意。
ひび割れの入り方で、大きく判断が変わる。

はく離 下地との付着力が薄れてしまい、塗膜がはがれてしまっている状態。
そこから雨水が簡単に入るので、塗装屋さんへGO
カビ・コケ カビや苔。洗浄で無理に落とそうとすると、はく離の可能性もあるので注意が必要。
すぐに塗装をしなければいけない状態ではないが、美観は損ねる。
錆び モルタルの中のラスという金網が、錆びて外壁面にまで出てきてしまっている状態。
これも早急に点検が必要。
雨だれ跡 窓から黒い汚れが下に伸びている状態。塗装の機能が落ちて、汚れが貯まり水と一緒に流れ落ちない状態。一度点検が必要。
ふくれ 外壁の表面に膨らんでいる箇所がある。塗料が下の外壁材と相性が悪く、内部の熱で塗料の膜が浮いてしまっている状態。ヒビが入ると内部に水が浸入してしまうので点検が必須。

自分でできるDIY外壁メンテナンス方法

塗膜の寿命を少しでも長くして外壁塗装を長持ちさせたい場合、自分でできる簡単な外壁メンテナンスを実践してみましょう。

例えば、家庭用高圧洗浄機を購入して休みの日に外壁を洗浄したり、周囲の植え込みを整えたりといったメンテナンスが挙げられます。

高圧洗浄機でこまめに清掃していれば汚れはつきにくく、塗膜も長持ちします。

ただし高圧洗浄機によるセルフメンテナンスの際に注意すべきなのは、高い場所での作業は危険が大きくなる点です。
特に、2階以上の外壁や屋根の上を自分でメンテナンスするのは非常に危険です。絶対にやめましょう。

もし外壁の汚れや剥がれが気になるようなら、専門業者に相談してみるのが最善です。

まとめ

いかがでしたか。

外壁塗装の耐用年数にまつわる内容を詳しくまとめました。
外壁塗装の耐用年数とは、建物自体の耐用年数使用する塗料の耐用年数の2つを表しています。

もしあなたがコスパに優れた長持ちする外壁塗装をしたい場合は、予算を考慮しつつできるだけ耐用年数の長い塗料を選びましょう。

さらに、外壁塗装のタイミングは住宅に使用している外壁材の種類によっても変わってきます。
適正なタイミングで外壁塗装などのメンテナンスを行うことは、住宅の寿命を延ばすことにつながります。

大切な家族とマイホームを守るため、外壁の劣化症状が現れてきたら外壁塗装を検討しましょう。

外壁塗装ソーラーパートナーズへご相談いただければ、ご自宅の立地や気候環境に最適な外壁塗装をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。