外壁塗装に使うウレタン樹脂塗料の性能は?

外壁塗装に使うウレタン樹脂塗料の性能は?

ウレタン樹脂塗料とは?

ウレタン(ポリウレタン)樹脂塗料は、車の塗装にも使われるメジャーな塗料です。

以前は人気塗料でしたが、シリコンが登場し価格が下がってからは、価格と耐用年数を比較するとシリコンのほうが優れているためシリコン樹脂塗料が主流となります。

そんなウレタン樹脂塗料ですが、まだまだ塗装業者からは馴染みのある塗料です。

今回は、ウレタン樹脂塗料のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

ウレタン樹脂塗料のメリットとデメリット

メリット

・価格は安価
・とにかくひび割れ(クラック)に強い

元々、ウレタンが持つ性質として耐摩耗性が大きく、弾力性があります。

耐摩耗性とは、材料同士で摩擦が起きても傷がつきにくい性質のことです。
つまり、ウレタンで作られた塗膜(塗装で作られる膜)は傷に強い塗膜になります。

シリコン樹脂塗料は柔軟性がありますが、固化するとひび割れを起こしやすいです。

逆にウレタン樹脂塗料は、弾力性があるのでひび割れが起きにくく、しかも木と相性がいいです。
また、柔らかい塗料のため、細部塗装(雨どい、鉄板等)に最も適した塗料です。

昔ながらの塗装業者さんは、馴染みのある塗料ですのでよく使用されることがあります。

デメリット

・耐用年数がシリコン樹脂塗料よりも浅い
・紫外線や汚れに弱いので、劣化しやすい

耐用年数については下記の表をご覧ください。

塗料の種類 耐用年数 特徴
無機塗料 15年~ いわゆる自然界にあるものを使った塗料で、高性能塗料のため高価。
かなり耐久性に優れていて、耐用年数も一番長い。
自然に優しい塗料として注目を浴びている。
フッ素樹脂塗料 15~20年 無機塗料の次に性能も価格も高い塗料。
耐候性、親水性、防カビ等にも優れているため、大型建築物(スカイツリー等)に使用されている。
シリコン樹脂塗料 10~15年 現在主流となっている塗料。
総合的に見て、一番性能も価格もバランスがいい塗料として人気。
ラジカル塗料 10~15年 シリコン樹脂塗料よりも性能がいいと注目されている新しい塗料。
以前から塗膜劣化の大きな原因だったラジカルを制御し、さらに耐久性が強くなった塗料。
ウレタン樹脂塗料 8~12年 ひと昔前に流行った塗料。
ひび割れに強く、シリコン樹脂塗料よりも安価。
しかし、耐久性はシリコン樹脂塗料に劣る。
アクリル樹脂塗料 5~7年 他の塗料と比べて耐久性が劣るため、現在は滅多に使用されない塗料。
ただ、安価で色も豊富のため、何回も塗り替える予定がある人向け。

上記のとおり、シリコンよりもウレタンのほうは耐用年数が短いです。

理由として、紫外線にも弱く、親水性(雨と一緒に汚れが落ちる性質)も他の樹脂塗料と比較して低いからです。

親水性が低いと汚れが塗膜に残ってしまうため、塗膜の劣化が早まってしまいます。
また、ウレタンに含まれるイソシアネートという成分が黄色く変化する性質を持っているため、外壁が紫外線にあたると黄色く変化してしまいます。

ですので、外壁に耐久性や新築みたいに綺麗な色にこだわりのある方は、他の塗料を選ばれるといいかと思います。

ウレタン樹脂塗料の特徴

・耐摩耗性(傷に強い)、弾力性、付着性がいい(すぐなじむ)

ウレタン樹脂塗料は、フッ素樹脂塗料の次に傷に強いです。
また、弾力性にも富んでいて、よくコーキング材(壁の隙間を埋めて雨漏り等が発生しないようにする目地材)に使用されています。

また、先ほども述べましたが、コンクリートや木と相性がいい塗料です。

木は動き(伸縮性があり、変形する)があるため、塗料が固いとひび割れを起こします。
その分弾力性があると、木の動きに適応できるので、ウレタンは木との相性がバツグンです。

他にも防藻性・防カビ性(カビや藻の発生を抑える)など、といった性能を兼ね備えています。

ただ、各メーカーが出している塗料によって性能が異なりますので、必ず塗装業者から提案された塗料の性能を確認してください。