外壁塗装に使う無機塗料の性能はどれくらい良い?

外壁塗装に使う無機塗料の性能はどれくらい良い?

無機塗料とは?

無機塗料とは、<em>無機物(石やセラミック、ガラス等)を主成分とした塗料</em>です。
紫外線等の外的要因に強く、耐久性のあるパワフルな塗料です。

現在よく使用されているシリコン樹脂塗料やフッ素樹脂塗料は、有機物(シリコンやアクリル等の人工物)を使用しているのですが、無機塗料は有機塗料と比較して耐久性が抜群な塗料です。

ただ無機物だけでは塗料は作れないため、現在は有機物と無機物を混ぜ合わせた塗料です。

今回は、無機塗料のメリットやデメリットをご紹介いたします。

<h2>無機塗料のメリットデメリット</h2>
<h3>メリット1 耐用年数が一番長い</h3> 

無機塗料を塗る最大のメリットとして、<em>耐候性が非常に高く、耐用年数が長いため、何度も塗り替えをしたくない方向けの塗料</em>になります。
塗料の種類 耐用年数 特徴
無機塗料 15年~ いわゆる自然界にあるものを使った塗料で、高性能塗料のため高価。
かなり耐久性に優れていて、耐用年数も一番長い。
自然に優しい塗料として注目を浴びている。
フッ素樹脂塗料 15~20年 無機塗料の次に性能も価格も高い塗料。
耐候性、親水性、防カビ等にも優れているため、大型建築物(スカイツリー等)に使用されている。
シリコン樹脂塗料 10~15年 現在主流となっている塗料。
総合的に見て、一番性能も価格もバランスがいい塗料として人気。
ラジカル塗料 10~15年 シリコン樹脂塗料よりも性能がいいと注目されている新しい塗料。
以前から塗膜劣化の大きな原因だったラジカルを制御し、さらに耐久性が強くなった塗料。
ウレタン樹脂塗料 8~12年 ひと昔前に流行った塗料。
ひび割れに強く、シリコン樹脂塗料よりも安価。
しかし、耐久性はシリコン樹脂塗料に劣る。
アクリル樹脂塗料 5~7年 他の塗料と比べて耐久性が劣るため、現在は滅多に使用されない塗料。
ただ、安価で色も豊富のため、何回も塗り替える予定がある人向け。
上記無機塗料はフッ素樹脂塗料よりも長く持つ塗料というのがわかるかと思います。

<div class="bgBox"><h4>おまけ1:無機塗料は30年もつ?</h4>

訪問販売で「無機塗料だから30年持ちますよ~」という営業トークをしているケースがあります。

結論から言うと、現在は30年も持つ塗料はありません。

仮に30年持つ塗料が登場したとしても、外壁の目と目を埋めているコーキングというものがやせ細っていき、再度補修が必須なので、外壁塗装工事は免れません。

ですので、良い塗料で外壁塗装したとしても、定期的な点検・補修をしたほうが家の長生きにも繋がりますので、おすすめです。</div>



<h3>メリット2 耐汚染性(無機物だから汚れにくい)</h3>
無機物は元々<em>汚れにくい性質</em>を持っています。

外壁が汚れやすい原因として、通常外壁の塗料は有機物で塗られています。
この<em>有機物はカビやコケの栄養分</em>であるため発生しやすくなるのです。

しかし無機物はカビやコケの栄養分とならないので、発生しにくく、カビやコケによる外壁の劣化は抑えることができます。    

<h3>デメリット1 塗料の中で一番単価が高い</h3>

無機塗料は性能が一番高いので、他の塗料よりも費用が高いなります。
ですので、外壁塗装をできるだけ安くしたい、別に外壁が長持ちしなくてもいい、と考えている方にはおすすめしません。

反対に、<em>何度も塗り替えしたくない、屋根や外壁を長持ちさせたいと考えているならば、無機塗料がおすすめ</em>です。

初期費用はどうしても高くなりますが、10年ごとに塗装が必要になるシリコン樹脂塗料などよりも、15年ごとに塗装が必要になるほうが塗装回数を減らすことができます。

長い目で見れば、塗装費用を節約できる可能性があります。

<h3>デメリット2 業者によって無機塗料の性能を引き出せない</h3>
どの塗料でも言えることですが、いくら良い塗料を使用したとしても塗装業者が<em>下地処理しない</em>、<em>塗料の扱いを知らない</em>場合は、<em>塗料の性能を最大限引き出すことができません</em>。

また、無機塗料は家の外壁種類や以前塗った塗料等によって塗れる場合と、塗れない場合があります。

そのため、無機塗料を使用したくとも外壁の素材によっては使用できない可能性がありますので必ず確認してください。
<!-- ※以下は情報が確定したら
こちらは各メーカーで出す商品によって異なりますが、基本的に無機塗料は木部には塗れません。
木は水を吸ったり、膨張や収縮をしたりする性質がありますので、無機物は相性がよくないという理由からです。
無機塗料が使用できる外壁材としては、コンクリートやモルタル等です。

ちなみに木部には有機物(密着性があるため)ウレタン樹脂塗料を塗るのがいいとされています。
→ウレタン貼る
 -->

<h2>無機塗料の特徴</h2>
特徴1 耐久性が高い
元々、<em>無機物は紫外線や水分等の外的要因に対して強い</em>、という性質を持ちます。
ですので、無機塗料は紫外線等に強く、外壁塗装には最適な塗料です。

以下は日本ペイントのアプラウドシェラスターNEOの場合ですが、オレンジの折れ線(アプラウドシェラスターNEO)は耐候性が一番優れているのがわかります。

<img src="/wp-content/uploads/img-101-aplaudo_cieluster_neo.jpg" alt="耐候性" width="800" height="229" class="aligncenter size-full wp-image-186" />
<p><cite><a href="https://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/ctlg/prd_209.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">アプライドシェラスターNEO | 日本ペイント <span class="genericon genericon-external"></span></a></cite></p>


<div class="bgBox"><h4>おまけ2:無機物含有率で耐用年数が違う?</h4>

塗料が持つさまざまな性質は、塗料に含まれる樹脂によって全く異なります。

樹脂というのは、フッ素やシリコン、アクリル、ウレタン等といった塗膜の性能を左右する主成分のことを指します。

この成分が多いのと少ないのでは、もともと各樹脂が持っている性能が発揮されません。
つまり、無機塗料で塗装するなら、無機物の含有率が低い塗料を避けなければならないのです。

しかし悪徳業者は無機塗料が話題となっているのをいいことに、無機物がほんのちょっと入っただけでも「あの耐用年数が長い無機塗料です!」という営業をします。
ですので、業者さんがおすすめしてくれる塗料はきちんとメーカーと商品名を確認するようにしてください。

もしくは外壁塗装パートナーズまでご相談いただければ、塗料として良いのか悪いのかお答えできますので、お気軽にご相談ください。</div>

<!-- 
■各メーカーが出している無機塗料
※ 表
 -->