イエローカード制度

イエローカード制度によって設置者に不利益な営業を全面禁止

外壁塗装パートナーズではイエローカード制度によって、特にこの4つの行為を厳しく禁止しています。

これらの項目は、外壁塗装をお客様主導で決めていただくために必要だと考え、定めています。

「しつこい勧誘」「押し売り行為」については、お客様に著しくご迷惑おかけする行為だと考えているため、厳しく禁止しています。

もし担当加盟店よりしつこい勧誘・押し売り行為があった場合は違反報告フォーム・もしくはお電話でご連絡ください。
塗装店への指導を行った上で、対応する塗装店の変更などの措置を取らせていただきます。

残りの「外壁材の劣化を煽る」「相場より高すぎる提案」については、外壁塗装やリフォーム特有の問題ではありますが外壁塗装業界全体の信用にかかわる内容であるため、厳しく禁止しています。

なぜイエローカード制度が必要なのか?

外壁塗装を検討されているのであれば、1度は外壁塗装の訪問販売を受けたことがあるのではないでしょうか?

特に依頼をしたわけでもないのに、
「屋根の劣化が進んでいるのを見受け、危険だと思い声をかけました
と、親切心を装って取り入り、屋根に上り、
「今すぐ工事をしないと大変なことになる」
といって契約を迫る。

「近くで塗装をしているので挨拶にきました」
といわれて扉を開けると、
「今ならこの地域限定で足場無料キャンペーンを行っています
「今日中にご契約いただければ、更にお安くします」
と、実際には相場よりかなり高額な金額で契約を迫る、終いには、
契約してもらわないと帰れません
などと強引な手口で契約を迫る…。

このように営業マン主導で話がどんどん進んでしまう経験をされたことはないでしょうか?

外壁塗装は、ご自宅をお持ちであればいつかやらなければいけないものですし、人生で一番高い買い物であるご自宅を大切にするために必要な工事であるため、強く迫られると断り切れないお客様が多くいらっしゃいます。
そのため外壁塗装の営業マンは、強引に契約をとろうとします。

訪問販売の業者が多く存在する外壁塗装業界では、このような強引な営業手法が多く行われているために、外壁塗装そのものに不審なイメージをお持ちの方が非常に増えてしまっています。

外壁塗装パートナーズでは、このような業者主導・営業マン主導の外壁塗装の販売を一切禁止しています。

外壁塗装はオーダーメイド商品なので価格がわかりにくい

外壁塗装は冷蔵庫や車などとは違い、生活を豊かにするものではなくメンテナンスとして実施するものであるため、外壁塗装について熱心に調べることはほとんど無いと思います。

また外壁塗装は「家」という、一つとして同じものが無い、しかも築年数や環境によっても劣化の状況が全く異なるものに実施するため、必然的にオーダーメイドになってしまいます。
そのため、外壁塗装の相場価格も直感的にわかりにくいものになってしまいます。

その結果、外壁塗装には業者と消費者の間に情報格差が生じてしまっています。

現在はインターネットによって簡単に相見積もりなどを取得できるようになりましたが、それでも業者と消費者の間に情報格差はまだまだ存在します。

消費者の方が安心して外壁塗装を行えるようにするために、外壁塗装パートナーズは有益な情報提供と、安心の価格設定、高品質の塗装を行います。

訪問後のアンケートで営業活動の実態を調査

イエローカード制度があるとはいえ、お客様が違反報告をするのは非常にハードルが高いと思います。
そのため外壁塗装パートナーズでは加盟企業の訪問後に、対応が適切だったかどうかのアンケート調査を行っております。

もし担当加盟店の対応に問題があった場合には、アンケート調査の際にお伝え頂くことも可能です。

アンケートでお知らせいただいた情報は、今後のサービス改善にもつながりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

外壁塗装を、まじめに提案します。

外壁塗装パートナーズの加盟企業は、外壁塗装を無理に売りつけるようなことはしません。
お客様が本当に必要だと感じたときに購入されることが重要だと考えているからです。

そのため、外壁塗装パートナーズにはしつこい営業を抑制するイエローカード制度があるのです。
しつこい売り込みを行った企業に対してペナルティーを与えるしくみがあることで、しつこい営業を抑制し、お客様主導で検討を進めることができます。

実績豊富な企業から、外壁塗装の正しい説明を聞いてみたいとお考えの方は、外壁塗装パートナーズまでお気軽にお問い合わせください。

また頼みたくなる外壁塗装
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表もらえる