外壁塗装に一番良い塗料はどれ?今主流のコスパが良い塗料をご紹介

外壁塗装に一番良い塗料はどれ?今主流のコスパが良い塗料をご紹介

外壁塗装に使う塗料はどれを選べばいい?

屋根や外壁塗装に使用される塗料は、数多くの種類があります。

塗装業者に見積もりを出してもらう際、何種類かの見積もりを出してもらえるのですが、結局どの塗料が自分の家に最適なのかわからなくなります。

外壁に必要な塗料の条件とは、大きく分けて2つです。

  • 外的要因(紫外線、カビやコケ、虫など)への耐久性
  • 外壁の材料と相性がいい塗料

上記の条件をクリアすれば、基本的には良い塗料選ぶことができます。

しかし、結局のところ、今後あなたの持ち家をどうしたいかで大きく変わっていきます。

  • 家を長く使いたい フッ素塗料無機塗料などの高性能塗料
  • コスパの良い塗装をしたい シリコン塗料ラジカル塗料などの性能は劣るが、比較的安価

今回は、各塗料の種類についての解説と、塗料の相場価格や単価などをご紹介していきます。

外壁塗装で人気塗料は?

人気順 各塗料の種類 耐久年数 こんな人におすすめ
1 シリコン樹脂塗料 10~15年 一番費用と塗料の性能のバランスが良い塗料。
価格も抑えめで性能がいい塗料がいい!という皆のわがままな希望を叶える人気の塗料。色も豊富。
2 フッ素樹脂塗料 15~20年 何度も塗り替えをしたくない方向けの塗料。
初期費用はかかるが、塗り替え回数が少ないから長期的にお得。
色は淡い系が多い。
3 ラジカル塗料 12~15年 最近人気が出始めたまだ新しい塗料。
シリコン樹脂塗料よりも少々高いが、性能が高い。
フッ素には手を出せないけど耐久性が欲しい~という方にはこれ。濃い色は少ない。
4 無機塗料 15年~ とことん外壁をレベルアップしたい方向けの塗料
お値段がフッ素よりも高いため、金銭に余裕がある方向けの塗料。
ただしフッ素よりも性能が段違いに違うため、塗り替える回数は減る場合がある。
5 光触媒塗料 20年 セルフクリーニング機能といって、紫外線を浴びれば汚れを分解し、水と一緒に流してくれるという高機能塗料。
耐用年数は20年以上と言われているが、施工実績がないため保証できない。
塗装業者のやり方にも依存する塗料なので、塗装業者も注意して選ばなければならない。
6 ウレタン樹脂塗料 8~10年 一昔前に流行った塗料。まだまだ職人からは人気がある。
シリコン樹脂塗料よりもひび割れに強いが、どうしても耐久年数が低い。
その代わり費用は他の比較して安いので、安く済ませたい方向けの塗料。
7 アクリル樹脂塗料 5~7年 現在ではあまり使用されない。
紫外線に滅法弱いため耐久性が低いため。
耐久性を求める方にはおすすめしない。
しかし、価格は安いし色はかなり豊富なため、何回も塗り替えしたい方向けの塗料。(外壁じゃなければ優秀な塗料)

ご自分の希望に合いそうな塗料は見つかりましたか?
迷ったら、一番使用されているシリコン樹脂塗料を選ぶと無難です。

選ぶのが面倒であれば、一度見積もりを出してくれる塗装業者に「この塗料はどうなんですか?」と聞くのが一番良いかと思います。

外壁塗装パートナーズでも専門のアドバイザーがおりますので、お気軽にご相談ください。

光触媒塗料はあんまりよくない?

近年、光触媒塗料という塗料が登場しています。

一度は聞いたことがあるかもしれませんが、光触媒塗料を外壁に塗ると、太陽の光で汚れを分解してくれ、更には空気質をも改善してくれるという環境に優しい塗料として注目を浴びています。

開発したのはウォシュレットでお馴染みTOTOで、別名ハイドロテクト技術と呼ばれています。

しかし、TOTOの光触媒塗料は2017年6月26日で生産中止となりました。
理由として、どうしても塗料として不具合が多かったためです。

光触媒塗料は特殊な塗装方法をしなければならなかったので、塗装方法をきちんと守らないで塗装した外壁には、チョーキング(触ると手に粉がつく)や外壁の劣化が目立ちました。

ですので、現在は光触媒塗料はほとんど使用されません。
ただ、現状では悪質な訪問販売などが「光触媒塗料いいですよ~」と売っている可能性があります。
他の塗料と比べて実績がほとんどない塗料ですので、実績がある塗装業者以外は信用できません。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

さらに詳しく!各塗料の一番よく使われる塗料は?

基本的に、優良塗装業者さんが提案されている塗料は実績があって提案されているので、特に問題はありません。

ただ、まれにあまり一戸建てで使用されていない塗料を提案されることがありますので、その際は外壁塗装パートナーズまでご相談ください。

シリコン樹脂塗料

費用と塗料の性能が一番ちょうど良い塗料として、塗装でよく使われています。
塗料を選ぶのが面倒な方は、シリコン樹脂塗料を選んでおけばまず問題はありません。

各メーカー 塗料名
日本ペイント ファインシリコンフレッシュ
エスケー化研 クリーンマイルドシリコン

フッ素樹脂塗料

スカイツリーなどといった大型建築物に使用されている実績のある塗料です。

シリコン樹脂塗料よりも高性能のため人気があります。しかし、価格はちょっと高めです。
気になる方は、ぜひフッ素樹脂塗料と別の塗料の見積もりで比較してみてください。

各メーカー 塗料名
日本ペイント ファイン4Fセラミック
エスケー化研 クリーンマイルドフッソ

ラジカル樹脂塗料

ラジカル塗料は、まだまだ新しい塗料ですが、シリコン樹脂塗料よりも紫外線に強い塗料と言われているため注目を浴びています。

各メーカー 塗料名
日本ペイント パーフェクトトップ
エスケー化研 エスケープレミアムシリコン
関西ペイント アレスダイナミックTOP

無機塗料

無機塗料は、現在一番性能が高く、環境に優しい塗料です。

フッ素樹脂塗料よりも高い耐久性を誇っており、価格も一番高いです。
ですが、長期的に塗り替え回数を減らしたい方はおすすめです。

各メーカー 塗料名
アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY
日本ペイント アプラウドシェラスターNEO
日本ペイント クリスタコート
関西ペイント ムキフッソ

ウレタン樹脂塗料

シリコン樹脂塗料が登場する前に、主流だった塗料です。

現在は、かなり良い塗料が出ているため、外壁塗料としてメインに使用されることは少なくなりました。
しかし、細部塗装(雨どいなど)に最適な塗料として今でも使用されています。


アクリル樹脂塗料

外壁塗装にはほとんど使用されない塗料です。
外壁ではなく、内部塗装には最適な塗料なんですが、万が一こちらの塗料を提案されたら他の塗装業者さんにお願いしたほうがいいかと思います。

それくらい性能が低い塗料です。

まとめ

今の塗料は各メーカーさんが随分と研究されているため、昔と比べてどれも遥かに性能がいいです。

以前は外壁に塗料を塗ってから乾くまでに時間がかかっていましたが、現在は速乾性があってすぐに次の行程に移れます

ですので、あまり各塗料の性能等で吟味しなくてもいい時代になってきています。

塗料を選ぶ際は、ご自分が優先したいこと(遮熱したい、あまり何度も塗替えしたくない)に沿う塗料を選ぶのが一番良いかと思います。

外壁塗装でお困りの際は、外壁塗装パートナーズまでご相談くださいね。