外壁塗装をするべき時期っていつ?6つの塗装サインを見逃すな!

外壁塗装をするべき時期っていつ?6つの塗装サインを見逃すな!

築10年で塗装が必要?

外壁塗装や屋根塗装は、いつ実施するのがベストな時期なのでしょうか?

塗装は、早ければ早い方が良いのでしょうか?
待てるだけ待った方が良いのでしょうか?

一般的には、築10年で外壁塗装や屋根塗装を実施した方が良いと各所で言われていますが、実はこれ全く根拠はありません。

外壁塗装に使われている塗料やコーキングのおおよその耐久年数から考えて、わかりやすくキリがよいので10年塗り替えというのが言われているようです。

これだけ多種多様な住宅がある中で、一律に塗り替え時期が来るわけはないというのは少し考えただけでもお分かり頂けると思います。

外壁の材料はモルタルやサイディングやALCなのか、屋根の材料もスレートなのかガルバリウムなどの金属なのかによって、当然その適した時期は変わってきます。

もちろん、元から使用されている塗料が、ウレタン樹脂塗料やアクリル樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料なのかによっても当然変わってくるのです。

関連記事

最適な時期はコストと美観と、耐久性のバランス

極論を言えば、毎年外壁塗装と屋根塗装をしていけば、防水性は常に保たれ、常に外観は新築時のような状態を保つことができますので、1年おきの塗装が適していると言っても良いとも思えます。

しかしそれではお金がかかり過ぎてしまいます。
塗装を毎年するために、仕事を頑張ることになりかねません。

では外壁塗装や屋根塗装は何のためにするのかと言えば、美観と耐久性のためです。

つまり塗装に「適した」時期というのは、コスト(費用)と美観と耐久性のバランスが最も取れた時期と私たちは考えています。

6つの項目で外壁セルフチェックをしよう

では、建物の耐久性に現在影響が出ているかどうかのチェックは、どのようにしたら良いのでしょうか?

これはもちろんプロにチェックしてもらうのがお勧めしますが、いくつかシグナルとなるものはあります。

外壁の状態 説明
剥落 塗装ではなく、中のモルタルがはげ落ちてしまい、木材やラス(金網みたいな部品)が見えてしまっている状態。
塗装でなく早急な左官工事が必要。
チョーキング モルタル施工の外壁において、手で触るとチョークを触った後のように手に塗料の粉がつく。
塗装がはがれてきている証拠なので、塗装屋さんに点検を。
ひび割れ(クラック) 外壁にひびが入っている。

ひび割れが即塗り替えするべきという事ではないが、特に横に走っているひび割れは要注意。
ひび割れの入り方で、大きく判断が変わる。

はく離 下地との付着力が薄れてしまい、塗膜がはがれてしまっている状態。
そこから雨水が簡単に入るので、塗装屋さんへGO
カビ・コケ カビや苔。洗浄で無理に落とそうとすると、はく離の可能性もあるので注意が必要。
すぐに塗装をしなければいけない状態ではないが、美観は損ねる。
錆び モルタルの中のラスという金網が、錆びて外壁面にまで出てきてしまっている状態。
これも早急に点検が必要。

ひび割れでも、非常に小さなひびで部分的な補修で済ましても大丈夫な場合もありますし、即対応が必要で塗装もし直さないといけないケースもあります。

外壁と屋根は、建物の躯体を守る砦です。
ここに不具合が生じていたら、躯体に直接影響を与えてしまいます。

具体的には雨漏りが発生し、躯体のカビ、腐食が進み建物の寿命を大幅に縮めてしまいます。

杞憂に終わるのであればそれに越したことはありませんので、疑わしきは早めにチェックをしてもらうのが良いと思います。

コストは長期的に考える

最後はコスト(費用)です。

外壁塗装や屋根塗装にかかるコスト(費用)を最小化しようとして、とにかく安い塗料で済ませようとする方もいますが、考えなければならないのはトータルコストです。

住宅は長く住むものですので、住むと想定される期間でのトータルコストを考えなければなりません。

例えば、期待耐久年数が10年の塗料で100万円かかる場合と、期待耐久年数が15年の塗料で120万円かかる場合でシミュレーションしてみると、住宅ローン35年の返済が終わるタイミングでのコスト(費用)は10年塗料の方が1回多くしている分高くなります。
塗料グレードによる塗装時期の違い
※期待耐用年数とは、この塗料を塗ったら○○年くらい持ちます。という年数を各塗料メーカーが出しているものです。

しかし3回目の塗装から5年しか経っていないため、2回目の塗装から10年経過している15年塗料のケースと比べると、美観は10年塗料の方に軍配が上がるかもしれません。

まとめ

新築時にどのような塗料が使用されているのかどうかを把握している方は、ほとんどと言ってよいほどいらっしゃいません。

塗り替えの場合はそれ単体での検討ですので、細かく検討するため覚えていらっしゃる方も多いですが、新築の場合はそれ以外に決定しなければならない事項があまりにも多いため、塗料は確認すらしていないという方が多いです。

もし期待耐久年数の短いアクリル塗料が使用されていたりすれば、立地条件によれば築5年くらいでも外壁塗装をした方が良い「適した」時期の可能性もあります。

何かしらのシグナルを見つけたら築年数に関わらず、まずはチェックをするということを面倒くさがらずに行うことが最終的に最適な塗装に繋がると思います。
外壁塗装に適した季節に関しても知りたい方は以下の記事をご覧ください。