外壁塗装の相場価格っていくら?平米(㎡)ごとの費用・単価を一挙大公開

外壁塗装の相場価格っていくら?平米(㎡)ごとの費用・単価を一挙大公開

憧れのマイホームを手に入れてそろそろ10年。
最近、わが家の色あせや汚れ、カビ・コケ等が気になり始めるころでしょう。

そこで初めて考えるのが外壁・屋根の外壁塗装ですが、いったいどれくらいのお値段になるのかなんて想像ができないでしょう。

外壁塗装の費用は一般的なお買い物とは違い、「だいだいこれくらいになる」という相場観がつかめません。
だからこそ、いざマイホームを建ててくれたハウスメーカーに相談すると「えっ!そんなに高いの?」と驚くことになります。

ここでは、外壁塗装の相場について大解剖していきます。
実際に外壁塗装の現場と経理を経験してきた職人の視点でお伝えするので、この情報を知っておくのと、知らずに営業マンの話を聞くのとでは格段の差があります。
ぜひしっかりと目をとおしてください。

外壁塗装は「相場」が読みにくい?

外壁塗装は「相場」が読みにくいといわれています。

たとえば、あなたのお隣の家が外壁・屋根の塗り替えをしたとします。
「丸ごとお願いして150万円だった」と聞かされて、それが高いのか、それとも安く済んだのか、あなたにイメージできるでしょうか?

きっとできませんよね。

だって、チラシや看板で「外壁塗装は定価〇〇万円でできます」と広告されているわけではありませんから。
しかも、初めての塗り替えだと「前回は〇〇万円だったのに」と比較する材料もありません。

さらに、お隣さんよりも高い価格になったとしても「ウチのほうが広いからね」と勝手に納得してしまいます。
マイホーム購入のときと同じで「損な買い物をした」とは認めたくない気持ちが働いてしまい、施主が勝手に「自分は納得できる買い物をしたはず」と心の中で決めつけてしまうのです。

これが、外壁塗装が「相場が読めない」といわれている理由です。

セールスマンは施主が「相場を読めない」ことを知っている!

外壁塗装をおすすめしてくるセールスマンは、お客様が外壁塗装の相場を知らないことを知っています。
知っているからこそ、自社が決めた最高の価格を提示して自信満々で営業を仕掛けてくるのです。

たとえば、あなたのマイホームの外壁塗装をハウスメーカーの営業マンが見積もったとします。
お見積書の工事価格は180万円でした。
きっとあなたは「ちょっと高いなぁ…」と顔色が悪くなるはずです。
ところが営業マンは続いてこう言って営業を仕掛けてきます。

「ウチが使用している建材にベストマッチしている専用塗料を使います」
「通常は10年程度しか色つやがもちませんが、専用塗料なら15~20年は外壁塗装不要です」
「専門の自社職人が工事するのでウデも確かですよ」

こんなセールストークを聞かされれば「たしかに高くても仕方ないか」と納得してしまうでしょうね。

しかし、上記に挙げたセールストークは嘘ばかりです。
お客様が外壁塗装の相場感や実際の実務を知らないからこそ押しとおせる「バレないウソ」だから、営業マンはウソばかりをまるで本当のことのようにペラペラと話すのです。

外壁塗装で損をしないために「相場」を知っておく

マイホームの外壁塗装で損をしないためには、外壁塗装の「相場」を知っておく必要があります。

同じ地域、同じくらいの広さ、同じグレードの塗料を使った外壁塗装工事が、いったいどれくらいの費用・価格でできるのかを知っておけば、営業マンのセールストークに負けることはありません。
また、外壁塗装に使う塗料のグレードや価格、実際に工事がおこなわれる流れなどを知っておくと、さらに営業マンの「ウソ」トークを見破る武器となり盾ともなります。

これから初めての外壁塗装を考えるという初心者の方には、まずは「外壁塗装の相場」を知っておきましょう。

外壁塗装の相場はいくら?

それでは、初めてのマイホームの外壁塗装を考えている方に知っておいてもらいたい、外壁塗装の相場について詳しく解説していきましょう。

まずは、とても大まかなお話をします。
外壁塗装の費用・価格の相場は90~110万円です。

この90~110万円というのが、ごく一般的な大きさの住宅を外壁塗装るときに、職人が現場の詳しい見積もり無くて「だいたいこれくらい」と回答する相場です。
つまり、この相場をベースに考えて、あとはお宅の状況や使用する塗料などの要素によって上下すると考えてください。

相場よりも見積もり価格が高い!そのワケは?

もしあなたのお手元に外壁塗装のお見積書があれば、ぜひお見積り価格とここで挙げた相場を見比べてください。

きっと「見積書の価格のほうが高い」となるはずです。

誤解がないように言っておきますが、お見積書の価格が高いから悪徳業者だとかいうわけではありません。
なぜ高くなるのか、しっかりとした理由があれば問題はないでしょう。

ただし、高い工事内容があなたにとって必要か、必要ではないかは自分自身で見極める必要があります。

まだまだ劣化が進んでいないのに、必要以上の工事を勧められていませんか?
「できるだけ安く済ませたい」と伝えているのに、ハイグレードな塗料が設定されていませんか?

外壁塗装の価格は、どんな要素によって決まるのかをしっかりと勉強して見極められるようになりましょう。

外壁塗装の工事価格の内訳

お見積書を見ればわかりますが、外壁塗装工事の価格には「内訳」があります。

大きく分けると、次の4つに分類できます。

外壁塗装の見積もりの内訳
材料費 塗料、ハケ・ローラーなどの塗装道具、防汚のための養生・シート類
外注費 足場業者の敷設・解体費、防水業者の防水工事費
作業費 工程ごとの作業員の人数×日数の労務費、いわゆる人工(にんく)
雑費 その他の支出+塗装業者の利益

材料費が価格を大きく左右させる

外壁塗装で使用する塗料には、配合成分によってグレードが決まっていて、グレードによって価格が大きく変わります。

外壁塗装の塗料のグレードと特徴は、次のとおりです。

グレード 耐用年数 1㎡あたりの単価
(塗装費用込み)
特徴
アクリル樹脂塗料 5~7年 1000~1200円 最も安価で、紫外線に弱く耐久性は低い。
倉庫など塗り替えが多い場所には最適。
ウレタン樹脂塗料 8~10年 1800~2000円 安価でほどほどの耐久性がある。
とにかく安く済ませたい場合の妥協点。
シリコン樹脂塗料 10~15年 2500~3000円 コストと性能のバランスが良い。いまもっとも使用されている塗料。
ラジカル塗料 12~15年 3000~3500円 シリコンよりも高性能な新世代塗料。フッ素よりも安価で手を出しやすい。
フッ素樹脂塗料 15~20年 3500~4000円 価格は高いが耐久性は高い。塗り替え回数が減るのでトータルコストには優れている。
遮熱・断熱塗料 15~20年 3500~4000円 特殊セラミックを多量に配合した遮熱と断熱の効果を併せ持つ塗料。耐久性は高いが価格も高く、施工実績が少ないため効果は不明。
無機塗料 15年~ 4500~5500円 セラミックやケイ素などの無機物を配合した高耐久塗料。非常に高価で工事価格が跳ね上がることもある。
光触媒塗料 20年 4000~5000円 セルフクリーニングによる自浄効果がある
本当に20年も効果が持続するのかは不明。
施工方法に決まりがあるので塗装業者によって差が生じる。

ここで挙げた塗料のグレードは、上から順にグレードが低いものから高いものへと並んでいます。

ご覧のとおり、グレードが高くなれば耐用年数も上がりますが、それに伴って1㎡あたりの材料費も高くなります。
先ほど「だいたいこれくらい」で挙げた90~110万円という相場は、主にシリコン樹脂塗料や部分的にウレタン樹脂塗料を使った場合の価格です。

床面積から外壁・屋根の面積を概算してみよう

屋根・外壁の外壁塗装は、各グレードの塗料を「どれだけの面積に塗装するか?」によって価格が上下します。

では、あなたのお家の屋根・外壁はどのくらいの広さなのかと尋ねられても、そんなことを知っている人なんていませんよね。

屋根や外壁は複雑な形をしているので、土地のように単純なタテ×ヨコでは算出できません。
詳しく調べるためには、窓やドアなどの開口部の面積を計測して差し引く必要があります。

ただし、そこまで正確に面積を算出するのは大変なので、住宅の床面積で簡易的に求めて見積もりを計算します。

床面積からの外壁・屋根の面積の早見表は次のとおりです。

坪数(㎡) 外壁の面積 屋根の面積
20坪(66.2㎡) 80㎡ 45㎡
25坪(82.8㎡) 100㎡ 55㎡
30坪(99.3㎡) 120㎡ 65㎡
35坪(115.9㎡) 140㎡ 75㎡
40坪(132.4㎡) 160㎡ 85㎡
45坪(149.0㎡) 180㎡ 95㎡
50坪(165.5㎡) 200㎡ 105㎡
55坪(181.8㎡) 220㎡ 115㎡
60坪(198.347㎡) 240㎡ 125㎡
65坪(214.8㎡) 260㎡ 135㎡
70坪(231.4㎡) 280㎡ 145㎡
75坪(247.9㎡) 300㎡ 155㎡
80坪(264.4㎡) 320㎡ 165㎡

実際の現場ではこのとおりの数字にはなりませんが、よほど特殊なつくりの住宅でなければ大差はないでしょう。

先ほど紹介した、塗料のグレード別の単価に乗じれば「ウチの外壁塗装はこれくらい」という見当がつくはずです。

違うグレードの塗料を合わせ技で使うのはダメじゃないの?

お家の外壁塗装を勧める営業マンや外壁塗装に関するサイトでは、ほとんどが「外壁・屋根・その他のすべてに同じグレードの塗料を使うのが鉄則」と伝えています。
外壁塗装のタイミングがずれてしまうのでトータルコストが高くなる、というのが理由です。

でも、そんな営業マンやサイトでも、必ず「直射日光を浴びる屋根や南側の壁面の劣化は早い」とも説明しています。
これって矛盾していますよね?

実は、実際の外壁塗装の現場では、屋根・外壁にシリコン樹脂塗料やフッ素樹脂塗料を使う場合でも、軒天上や樋の裏側、地面に近い幅木などの部分には1グレード下げた塗料を使うことが多いのです。
軒天上などは直射日光や風雨にさらされることが少ないので、一般的に言われている耐用年数よりも長く色つやや性能が保たれるのです。

十分な耐久性が期待できてトータルコストが抑えられるのだから、むやみに「すべて同じグレードの塗料で」とこだわる必要はありません。

外注費が高すぎる塗装業者は要注意!

外壁塗装の費用・価格の内訳には「外注費」も含まれています。

高い場所で作業をすることになるので、鋼管こうかんの足場は必須です。
足場を自社で建てる塗装業者もありますが、鋼管の保管などにも困るのでほとんどの業者が外注に頼っています。

足場の設置・解体は、塗料の飛散防止ネット込みで15~20万円が相場です。
広い住宅や3~4階建ての住宅になると、その分だけ足場代は高くなると考えておきましょう。

ベランダ防水が劣化している場合は、防水業者にも外注することになります。
ベランダ防水は工法によって価格に差がありますが、おおむね1㎡あたり4000~7000円が相場です。

サイディングのコーキングを業者に外注する場合は、既存のコーキングを剥がして新品を充填するのか、既存のコーキングを残して補充するのかによって大きく価格が変動します。
既存のコーキングを剥がして新品のコーキングを充填することを『打ち替え』、既存のコーキングに補充することを『増し打ち』といいます。
打ち替えの相場は1mあたり700~1500円、増し打ちの場合は500~1000円が相場となります。

サイディングのコーキングを外注すると、一般的な住宅で10~20万円が相場になると考えておきましょう。

もし足場や防水などの外注費が相場よりもずっと高くなっている場合は、次のようなパターンが考えられます。

  • 塗装業者が外注費を水増しして利益を獲ろうとしている
  • 外注業者が水増し請求をしているのを塗装業者が黙認している

住宅建築の業界では、誠実に仕事をしてくれる業者には優良な業者が集まります。
見積書を見て外注費が高すぎる場合は、塗装業者のクオリティも疑わしくなるのでしっかりチェックしましょう。

作業費は「必要な人数×日数」で決まる

外壁塗装に限らず、建設・建築関係の作業費は「必要な人数×日数」で決まります。

外壁塗装の業者は「この作業は全員でやって2日かかる」とか「この作業とこの作業は1人で1日あればできる」という計算をしています。
たとえば、屋根の塗装が2人がかりで1日で終わるという場合、2人×1日だから作業員2人分のお仕事になるという計算です。

この計算を「人工(にんく)」と呼びます。

外壁塗装の内訳には、作業工程によって単価が振り分けられています。
作業工程ごとの相場は次のとおりです。

外壁塗装に必要な工程ごとの単価
作業工程 単価(1㎡あたり)
高圧洗浄 100~300円
養生 300~400円
軒天塗装 800~1200円
雨どい塗装 800~1200円
破風塗装 700~1200円
コーキング 500~1500円

※1
屋根、外壁塗装 1000~5500円

※2
※1 コーキングの打ち替え・増し打ちによって変動
※2 使用する塗料によって変動

これらは人工と材料費を合わせて算出しますが、単価が相場を大幅に超えている場合は水増しの可能性があるので要チェックです。

よくわからない雑費の水増しに注意!

外壁塗装の費用・価格の内訳のなかでもっとも水増し請求をしやすいのが「雑費」です。
見積書に雑費が記載されている場合は、しっかりチェックしておきましょう。

外壁塗装における雑費とは、次のような支出を指します。

  • 塗料の空き缶や養生のゴミなど、廃棄物の処理代
  • 現場付近の住宅へのあいさつに持参する粗品代
  • 付近に駐車場がない場合の駐車場代
  • 遠方の現場に向かうための交通費

言ってしまえば、塗装作業のために直接かかる材料費や人件費のほかはすべて雑費です。
わざわざ雑費の内訳までは書く塗装業者はほとんどいませんが、せいぜい5~10万円が相場。

もし雑費や諸経費といった名目で10万円を超える見積りになっていれば、必ず「これはなんですか?」と尋ねてください。
水増し請求していれば、きちんとした説明なんてできずに「あ、これはサービスで」といって慌てて値引きするでしょうね。

もちろん、そんな業者には大切なマイホームの外壁塗装をお任せなんてできません。
きっぱりとお断りするのが賢明でしょう。

ハウスメーカーや大手リフォーム業者は相場よりも高い?

もし、新築時のハウスメーカーがアフターフォローに熱心であれば、きっと「そろそろ外壁塗装の時期ですよ」なんてセールストークを聞かされているでしょう。
また、お家の色あせが気になる状態だと、大手リフォーム業者のセールスマンがドアを叩いたりチラシを投函したりといったこともあるはずです。

ハウスメーカーや大手リフォーム業者に外壁塗装をお任せすると、ここで紹介した費用・価格の相場よりも高くなります。
ここで、よく営業マンが使うセールストークをご紹介します。

  • 自社が施工したので、自社専用塗料じゃないと施工不良を起こすかもしれません
  • 少し高いですが、自社開発の特別な塗料を使っています

こんなセールストークを信じてはいけません!

どんなに特別な施工でも、ある特定の塗料でないと施工不良を起こすなんてことはありません。

ハウスメーカーのオリジナル塗料

また、よく悪徳業者が使う手口ですが「自社開発の塗料」というのはほぼデタラメです。
大手の塗料メーカーの生産ラインを借りて自社のオリジナルラベルを貼っただけのもので、本当に塗料を自社開発している施工業者なんてありません。

ハウスメーカーや大手リフォーム業者は、会社を運営するために莫大なコストがかかります。
営業マンや事務員の給料だって工事費用から捻出するのですから、相場よりも高い価格で工事しないと割にあいません。

その点、中間マージンが発生しない地元の塗装業者なら、ムダなコストをカットしているので適正価格で工事してくれます。

外壁塗装で「少しでも安く」と考えるなら、塗料のグレードを落としたり、塗装する部分をカットしたり、値引き交渉を頑張るのではなく、中間マージンが発生しない地元の優良な塗装業者にお願いするのがベストです。

外壁塗装を成功させるには「相場を知る」ことが重要!

外壁塗装の費用・価格の相場について詳しく解説していきましたが、あなたが知らない情報ばかりだったのではありませんか?

残念ながら、外壁塗装業者には悪徳業者が少なからず存在しています。
もし悪徳業者にあたってしまえば、高いお金を出しても納得ができない工事になったり「安く済んだ」と喜んでも肝心の塗装がイマイチ…といった結果になったりします。

まずは「相場は90~110万円」というベースを前提に、なぜ高くなるのか?なぜ安くなるのか?を確かめて納得のうえで塗装業者を決めましょう。

外壁塗装を成功させるには、適正価格で誠実な工事をしてくれる優良な業者を選ぶことが大切です。

「外壁塗装パートナーズ」では、地元密着の優良な塗装業者にコンタクトして最大3社の見積もりを一括申し込みできます。
各社の見積書をよく見比べれば、わが家の外壁塗装にベストマッチした塗装業者がきっとみつかるはず。

まずはカンタン3ステップであなたにぴったりの塗装業者を紹介可能かチェックしましょう。