【ロングライフプログラム編】ヘーベルハウスの外壁塗装は、旭化成リフォームに頼むべきか?

【ロングライフプログラム編】ヘーベルハウスの外壁塗装は、旭化成リフォームに頼むべきか?

なぜ30年無料なのに、旭化成リフォームから営業を受けるのか?

ヘーベルハウスはその長期耐久性を差別化として、販売時に60年に及ぶロングライフプログラムをうたっています。

その内容は当初30年間の点検は無料、残りの30年は点検も含めて有料というプログラムです。

ただへーベルハウスの方はだいたい10年過ぎたあたりから定期点検の結果を受けて、旭化成リフォーム株式会社から有料の補修提案営業を受けるようになります。

これはロングライフプログラムでうたっているのは当初30年間の「点検」であり、補修ではありません。
残りの30年はその「点検」を有料で実施しますというものです。

あくまで点検の実施プログラムであり、点検によって見つかった不具合を直すのは有料であり、その有料補修を請け負っているのがグループ会社の旭化成リフォーム株式会社なのです。

なぜ30年ノーメンテナンスと言われたのに塗り替えを勧められるのか?

上記の通り、ロングライフプログラムは当初30年間のメンテナンス保証をうたっている訳ではありません。
あくまで無料の点検プログラムなのですが、営業現場でそれが勘違いされているのか、故意なのかはわかりませんが、購入時の営業マンに30年間はメンテナンスの費用がかからないという説明を受けたという方が非常に多いです。

まず大前提として購入から10年間はハウスメーカーは、建てた新築住宅の構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分の瑕疵担保責任があります。

例えば屋上防水が破れているなどは雨水の侵入を防止する部分に当たりますし、建物が傾いているなども構造体力上主要な部分の瑕疵ですので無料で直してもらえます。

木造住宅の戸建ての例

まんがでわかる「住宅瑕疵担保履行法」 | 国土交通省

11年目以降は、有料での対応となります。

ヘーベルハウスの外壁に使われているALCには塗装が必要ですし、それ以上にコーキングの寿命が短いので、30年間一度も塗り替えやコーキング補修ををしないで済むという事はあり得ないのです。

旭化成リフォームでないとへーベルハウスの補修はできないのか?

では100歩譲って有料の補修は仕方ないとしても、ヘーベルハウスを販売している旭化成ホームズのリフォーム専門グループ会社である旭化成リフォーム株式会社でなければその補修はできないのでしょうか?

結論から言えば、決してそんな事はなく、費用も大幅に抑えることが可能です。
実際に旭化成リフォームにお願いいしたとしても、塗装工事をするのは旭化成リフォームから依頼されたどこかの塗装店だからです。

リフォーム産業新聞の記事で、旭化成リフォームの粗利益率(売上から原材料などの費用を引いた金額)が33%と公表されています。

住宅リフォーム売上ランキング2017より | リフォーム産業新聞
※粗利益率(売上総利益)…売上高から売上原価を引いた利益のことです。

つまり外壁塗装で240万円の提案が出ていたとしたら、その33%、79.2万円が旭化成リフォームが得る粗利益という事ですので、塗装店に直接頼めばこのくらい安く実施することができる可能性があるという事です。

なんとなく旭化成リフォームに頼まないと心配

それでも、何となく旭化成リフォームに頼まないと心配という方が多いのではないでしょうか?

しかし私達は、ヘーベルハウスに限らず大手ハウスメーカーへの塗り替え依頼はするべきではないという立場を取っています。

なぜならば実際にその下請けとして動いている塗装店の方々の話を聞くと、絶対に自分ならば頼まないと心から思うからです。
多くは書けないですが、結論だけ言えば、良い塗装になる理由が無いからです。

実際に、旭化成リフォームに塗り替えを頼んだ方のブログを見つけました。
一度ご覧になるとわかりやすいと思います。

『何時までやれるか親父の畑』ブログ

まとめ

おそらくほとんどのヘーベルハウスの方が、定期無料点検の時にメンテナンスの必要性を指摘され、言われるままに有料メンテナンスを受けているのだと思います。

それでないと旭化成リフォームの売上高は説明できません。(へーベルハウスでの塗装工事以外、受注はほぼ無いと発表しています)

今このページをご覧になって頂いている方は、その中で何かしらの違和感を感じて調べ出した方だと思います。

最終的にご自身で判断し、旭化成リフォームにお願いするのは全く問題ありません。
ただ少なくとも他の塗装店の話を1社も聞かずに判断されるのは、あまりにお金がもったいないと思いますし、決してお金だけの話ではありません。

塗装業者の選び方については、以下の記事でも詳しく紹介していますのでご覧ください。

より詳細を知りたい場合は、下記の見積依頼よりご登録頂けましたら、専門のアドバイザーがまずはご相談に乗らせて頂きます。