積水ハウスのフレアトーンで安く外壁塗装する方法は?

積水ハウスのフレアトーンで安く外壁塗装する方法は?

積水ハウスからフレアトーンの提案を受けた

積水ハウスで一戸建てを建て、築10年経過のタイミングの方からの相談で一番多いのは、

積水ハウスから塗り替えの提案を受けたが、かなり高額だと思うので、個別に塗装店にお願いしたい。
ただ、積水ハウスオリジナルのフレアトーンという塗料の風合いは、気に入っていて悩んでいる

というものです。

このページでは、積水ハウスオリジナル塗料フレアトーンについて詳しく検証し、塗装店に個別にお願いをするべきか、積水ハウスに外壁塗装をお願いするべきなのかの判断材料を提供したいと思います。

フレアトーンは積水ハウスが製造していない

エスケー化研株式会社

フレアトーンは積水ハウスオリジナル塗料とありますが、積水ハウスは塗料メーカーではないので、当然実際に製造している塗料メーカーが別にいます。

その会社はエスケー化研株式会社

一般に知られてはいませんが、日本ペイントや関西ペイントなどを抑えて、一戸建てなど、建築用塗料のNo,1シェアのメーカーです。

塗装業界で知らない人は、一人もいない有名企業です。

そしてフレアトーンの特徴は、単色ではなく、多彩色の塗料ということです。

フレアトーンと似たような塗料を探してみる

エスケー化研にとって積水ハウスは重要な取引先ですから、全く同じ塗料を市販するということは戦略的にもないと思います。

ただ、全くの新商品を積水ハウスのためだけに製造ラインを用意し製造するという事もこれまた考えにくいですので、何かの塗料そのままか、ひと手間加えたものがフレアトーンだと考えられます。

その塗料を探すべく、フレアトーンの説明をより詳しく見てみたいと思います。

積水ハウスリフォームのサイトでフレアトーンを説明している箇所を見てみると、以下の3つの特徴がありますのでこちらがヒントになります。

積水ハウスのフレアトーン

外壁リフォーム | 積水ハウスリフォーム情報サイト

つまり、水性のアクリルシリコン樹脂使用の多彩色塗料ということになります。

エスケー化研の塗料でフレアトーンに似た塗料はどれか?

このヒントを元にエスケー化研の塗料を調べていくと、ズバリ合致する塗料が1つ見つかります。

類似塗料①
エスケープレミアムマルチカラー

エスケープレミアムマルチカラー

エスケープレミアムマルチカラー |エスケー化研

一般名称も超耐候形特殊シリコン樹脂多彩模様塗料となっており、もちろん水性塗料です。

そして同様の塗料であれば、エスケー化研に限らず他の塗料メーカーでも存在します。

類似塗料②
水性ペリアートUV

日本ペイントであれば、水性ペリアートUVという塗料です。
水性ペリアートUV

水性ペリアートUV |日本ペイント

類似塗料③
水性ゾラコートEX

関西ペイントであれば、水性ゾラコートEXが該当します。
水性ゾラコートEX

水性ゾラコートEX |関西ペイント

外壁塗装の費用を抑えたいなら、塗装業者に直接頼む

以上より、フレアトーンは他の類似塗料でも充分ということがご理解いただけたと思います。

どうしてもフレアトーンが一番気に入っている、というのであれば話は別ですが、外壁塗装の費用を抑えたいのであれば、専門の塗装店に直接依頼することをおすすめします。

なぜならそのほうが安く済むからです。


積水ハウスの塗装工事は下請けに任せる

積水ハウスだけでなく他のハウスメーカーにも言えることですが、外壁塗装やリフォーム工事はそれぞれ下請け会社に任せます。
そうすると、下請け会社に工事費用を払わなければならないことになりますから、自分たちの取り分と合わせて、必然と工事の金額は高くなります。

ハウスメーカーと一般塗装店の見積価格の違い

ですので、費用を中心に考えるのあれば、積水ハウスよりも他の塗装店に依頼したほうがお得になります。

まとめ

積水ハウスのフレアトーンと、上にあげたエスケープレミアムマルチカラーやペリアート、ゾラコートの塗った後の見た目が全く同じという訳では、もちろんありません。

ただ通常の塗料と比べ、多彩色塗装というだけで仕上がり具合は今までに比べて大幅に変わります。

どんなに高くても積水ハウスのフレアトーンにしたい、類似品にして後悔したくないという事であれば、積水ハウスにお願いするのが懸命です。

フレアトーンにしなくても良いが、あのような風合いの外壁にしたいという事であれば、一度地元の塗装店に提案を出してもらうと良いと思います。

ご近所で似たような外壁で気になったお宅があれば、実際にどのメーカーの塗料を使ったのかをヒヤリングするのも良いかもしれません。

塗装業者の選び方については、以下の記事でも詳しく紹介していますのでご覧ください。

より詳細な事を知りたい場合は、是非専門のアドバイザーがおりますので是非ご相談ください。

以下の記事も併せてご覧ください。