ミサワホームの外壁塗装は、ミサワホームに依頼したほうがいいのか?

ミサワホームの外壁塗装は、ミサワホームに依頼したほうがいいのか?

ミサワホームから外壁塗装の提案を受けた

ミサワホームで一戸建てを建て、築10年~15年経過のタイミングの方からのご相談で一番多いのは、

ミサワホームから塗り替えの提案を受けたが、かなり高額だと思うので、個別に塗装店にお願いしたいです。
でもやはり、ミサワホームのリフォーム部門であるミサワホームイングに頼まないと塗装やメンテナンスはできないのでしょうか?

というものです。

ミサワホームはサイトを見てみるとわかりますが、数多くのシリーズを販売しており、外壁材も一様ではありません。
タイルの方もいれば、サイディングの方もいます。またミサワオリジナルのPALCという外壁の方もいます。

結論から言えば、どの外壁だろうともミサワホームに頼まなければならないという事はありません。

※ちなみに、PALC(Prevastable ASutoclaved lightweight ceramics)の略で、ALCという外壁の種類になります。ネットで調べるとPALCは窯業系サイディング等という情報もありますが、全く違います。

ミサワホームは30年メンテナンス無料ではなかったのか?

現在新築住宅は、国が定めた住宅瑕疵担保履行法によって、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分については10年間は保証をしなければなりません。

ミサワホームはこの2つの箇所のうち、「構造耐力上主要な部分」について30年、「雨水の侵入を防止する部分」については15年の保証をうたっており、その後条件によっては保証期間の延長ができるとしています。

しかしこの保証について詳しく調べてみると、決して無料で30年間保証しますという事は書かれていません。

保証期間の延長とサービス

専用住宅、長屋・共同住宅、併用住宅(非住宅部分1/2以下)の場合、保証期間の満了日の翌日を初日として起算し、それぞれ構造体10年毎、白蟻10年毎、防水15年毎(2回目以降は、10年毎)に保証を延長することができます。

その場合、保証書の保証期間延長履歴にその期間が明示されます。保証延長をうけるためには以下の要件を満たすことが条件となります。
延長保証期間満了時に再延長する場合も同様です。

「新築住宅保証制度」に基づく点検を欠かすことなく受けていること。
「新築住宅保証制度」に基づく点検とは、6ヵ月目、11ヵ月目、23ヵ月目、5年目、10年目、15年目、20年目にミサワホーム(ディーラー)またはミサワホーム(ディーラー)が指定する者が行う建物の点検(無償)のことです。

「維持管理保証制度」に基づくミサワホーム(ディーラー)またはミサワホーム(ディーラー)が指定するものが行う、住宅の耐久性に関する有償診断(耐久診断)を欠かすことなく受けていること。
耐久診断(有償)は、15年目および30年目以降10年毎。
構造体、白蟻、防水保証は満了時毎に行う必要があります。
③上記①②の各点検・耐久診断の結果、メンテナンスが必要と判断されたときは、その部分の耐久性維持のために有償工事(耐久工事)を受けていること。 …

保証 |ミサワホーム 

ようするに、6ヵ月目、11ヵ月目、23ヵ月目、5年目、10年目、15年目、20年目の無償定期点検を受けること。

15年目の有償の耐久診断及び、無償定期点検では判断できない場合にも同様に有償の耐久診断を受けること。

そして、無償定期点検、有償耐久診断の結果、メンテナンスが必要と判断された場合は、有償工事を受けた場合に構造体は30年保証しますという内容となっています。

正直これはミサワホームだけに限らず、大手ハウスメーカーは同様の体制になっています。
無料の定期健診が必要という事で、継続的なお客様との接点を持ちつつ、グループ会社のリフォーム専門会社が外壁塗装をはじめとするリフォーム提案をしていくという流れです。


ミサワホームのリフォーム事業の売上高は665億円

ミサワホームはその甲斐もあってあ、リフォーム事業だけで665億円の売り上げをあげています。

ミサワホームはミサワホームイングというブランド名で全国に店舗展開をしており、全部がミサワホームのOB客ではありませんが、61%はOB客からとされていますので400億円以上はミサワホームのOB客からの受注という事になります。
住宅リフォーム売上ランキング2017より | リフォーム産業新聞
※OB客とは…一度家をご購入されたお客様のことを指します。

もちろん金額は相場と比較して圧倒的に高いにも関わらずです。

なぜミサワホームに外壁塗装を頼むと高いのか?

ミサワホームの外壁塗装やコーキング補修は、ミサワホームイングが請け負います。

では、ミサワホームイングからの外壁塗装・コーキング補修の提案と、普通の塗装店からの提案でなぜここまでの金額の開きが出るのでしょうか。

その理由は明白で、利益を取ろうとする会社が1つ増えるからです。

ハウスメーカーと一般塗装店の見積価格の違い

塗装店からの見積提案は、塗装店の利益だけですが、ミサワホームイングの見積提案には塗装店の利益にプラスして、ミサワホームイングの利益が追加されているからです。

ミサワホームでなくとも外壁塗装はできる

サイディングではなく、外壁材がPALCの方はミサワホームのオリジナル外壁ですので、ミサワホームにお願いしないといけないと勘違いしている方が多いのですが全くそんな事はありません。

上記のようにあくまで実際に手を動かすのは地場の塗装店です。
外壁塗装には特殊な道具も手順もないのです。

30年の構造体保証も、なにか不具合があったら無料で直しますというものではなく、あくまで無料で点検しますというものです。
不具合箇所をメンテナンスする必要は書かれていますが、それをミサワホーム頼まないといけないとはされていません。

合理的に考えれば、ミサワホームにお願いする理由はありません。


まとめ

しかし、どんなに高くてもミサワホームにお願いしたい、個別に塗装店に頼んで後悔したくないとお考えであれば、ミサワホームにお願いするのが懸命です。

同じ内容の補修や塗装で本当にそれほどの金額差が出るのかと疑問に思われた方は、一度、見積もりをとり比べてみる事をお勧めします。

塗装業者の選び方については、以下の記事でも詳しく紹介していますのでご覧ください。

より詳細な相談をしてみたい場合は、専門のアドバイザーがおりますので是非ご相談ください。