外壁塗装に使う塗料の設計価格って、実際の価格とどう違うの?

外壁塗装に使う塗料の設計価格って、実際の価格とどう違うの?

外壁塗装の設計価格ってなに?

大手の塗料メーカー3社(日本ペイント・SK化研・関西ペイント)は、各塗料の設計価格というものを公表しています。

設計価格というのは、各塗料で標準的な施工を行った際にかかる費用のことです。

設計価格に含まれる金額、含まれない金額は以下の通りです。

設計価格に含まれる金額

  • 塗料の仕入れ値
  • 人件費
  • 利益

設計価格に含まれない金額

  • 足場代
  • 下地調整費代
  • 養生代
  • 諸経費
  • 法定福利費
  • 消費税

外壁塗装の設計価格の見方

塗り面積に設計価格を掛けることで、塗料ごとの価格を見ることができます。

例えば、日本ペイントのパーフェクトトップというラジカル塗料を上塗り・中塗りに使い、下塗りにパーフェクトサーフ(パーフェクトトップの下塗り用塗料)を、戸建て住宅(施工面積100~300m²) で実施する場合は3,800円/m²と記載されています。

パーフェクトトップの設計価格

建築用塗料・外装仕上げ塗材 設計価格表2017-2018 |日本ペイント

一般的な2階建て30坪の家だと施工面積は180m²程度ですので、上塗り・中塗り・下塗りにかかる金額は、

3,800円/m²×180m²=684,000円

となります。

外壁塗装の設計価格を塗装業者はどう使っているか

設計価格はあくまで世に言う「定価」と同じ意味合いですので、実際には設計価格で提案されることはほとんどありません。

設計価格を単価の見積書の単価計算で使う場合、20%~30%引きなどの単価を、設計価格と併記することが慣習としてあります。

設計価格を用いた見積書の表記
工程 内容 数量 単位 単価 価格 設計価格
下塗り 日本ペイント/パーフェクトサーフ 180 3,040円 547,200 2,860円
中塗り 日本ペイント/パーフェクトトップ 180
上塗り 日本ペイント/パーフェクトトップ 180

設計価格では適正価格かどうかの判断はできない

設計価格は一種の「定価」ですので、
設計価格よりは高ければ「適正価格ではない」
ということはできます。

ただ、メーカーも塗料名も塗り面積も詳細に記載しているのに単価が設計価格よりも高い、というケースは滅多にありませんので、『設計価格』で適正価格を判断できることも、やはりほとんどありません。

外壁塗装の見積書にはたくさんの単価が書かれていますので、適正価格かどうかを確認したくなるのですが、じつは単価では適正価格かどうかは判断できません。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

まとめ

設計価格は外壁塗装業界における「定価」的な存在ですが、一般消費者の方が参考にできることは実際にはほとんどありません。

設計価格を比較することよりも、塗装会社の方の説明や、なぜその施工が必要なのか?などの質問のほうがよほど意味があります。

業者の選定が外壁塗装の品質にかなり影響を与えますので、塗装業者をしっかり選ばれることをおすすめします。

見積もりの比較などについては、こちらの記事をご覧ください。