外壁塗装のガイナ塗料とは?夏も冬も快適に過ごせる高性能塗料

外壁塗装のガイナ塗料とは?夏も冬も快適に過ごせる高性能塗料

ガイナ塗料とは?

巷で人気が出てきているガイナ塗料

ガイナ塗料とは、断熱セラミック塗材という塗料です。
元々、セラミック塗料というのは樹脂(シリコンやフッ素などの性能の元を左右する主成分)+セラミックを混ぜ合わせたものです。

ガイナ塗料はアクリルシリコン樹脂+特殊なセラミック(セラミックビーズ)で構成されており、かなり断熱・遮熱に優れた塗料です。
今回は、人気のガイナ塗料についてご紹介いたします。

ガイナのメリットとデメリット

メリットその1 耐用年数が長く、生涯の塗装回数が減る

ガイナ塗料の耐用年数は、15~20年です。
塗料の中でも、高性能なフッ素樹脂塗料と同じくらい耐久性があると言われています。

そのため、生涯の塗り替え回数が減ります
シリコン樹脂塗料とガイナで比較するとわかるのですが、シリコンは10~15年で塗り替えガイナは15~20年で塗り替えと差があるため、期待耐用年数が長いほど塗装する回数はその分減ります。

また、家の状態にもよりますが、生涯の塗装回数を減らすことによって長期的に費用を抑えられる可能性があります。

メリットその2 夏も冬も快適に過ごせる

ガイナ塗料を外壁に塗ると、夏は涼しく、冬は室内の温度が保たれます

夢のような効果と思われるでしょうが、断熱効果・保温効果があるのがガイナ塗料の最大の魅力です。
その秘密は、塗料に含まれる特殊なセラミックビーズにあります。

実は塗装工事の乾燥後、表面にびっしりとセラミックビーズの球体が敷き詰められた状態になり、外からの熱伝導が抑制できる状態になります。
そのため夏は外が温度が上昇しても室内に熱は伝わりにくくなります。

反対に、冬は内部の熱を外に逃がさないという保温効果が、セラミックビーズにあるため、夏も冬も快適な空間ができるといわけです。

デメリット まだまだ高価な塗料

先ほどご説明したように、高性能な塗料のため、どうしても高価になります。

ですので、塗装の回数が多くなってもいいから安く済ませたい、外壁の色を何年か一度変えたい、等を考えているならばおすすめしません。

反対に、何度も塗装工事をしたくない、外壁や家を長く保ちたいと考えているならばガイナ塗料はおすすめです。

ガイナ塗料の耐熱性・耐久性

特徴1 JAXAの技術の高耐熱性

ガイナ塗料は、JAXAの宇宙技術により開発されました。

JAXAがH-11というロケット開発時に、打ち上げ時の高熱から機体と人工衛星を守るために先端部に塗る耐熱技術を開発したのですが、それを一般化したものがガイナ塗料です。

ですので、非常に耐熱性に優れた塗料というのが大きな特徴です。

特徴2 耐久性

ガイナはセラミックという成分を使用していますので、紫外線に強い塗料です。

外壁が劣化する理由として、紫外線の問題があります。
紫外線は非常に強いため、外壁の塗膜(塗料を塗った膜)を徐々に破壊し、外壁の劣化に繋がります。

ですが、ガイナの特殊なセラミック成分は、通常の2~3倍の耐久性を持ち、建物の膨張や収縮を抑える働きがあります。

さらなる高価‐耐久 |GAINA(ガイナ)

紫外線に対する耐久性は紫外線吸収率で確認できるのですが、ガイナはかなり紫外線を吸収してくれます。


各物品 吸収率
カーボンブラック(タイヤ・電線等) 95~97%
ガイナ 93~95%
超微粒子酸化チタン(日焼け止めクリーム) 87~90%

その他にも、遮音や空気質の改善、不燃性等の性能が備わっています。

これらは全てガイナ塗料に含まれるセラミックビーズの性質によるものです。

まとめ

ガイナはとにかく耐熱性に優れています。

そのため近年では、外壁塗装にガイナ塗料強く進める塗装業者がいます。
しかし、良い塗料だからといって自分の家の外壁に合うかどうか専門の業者に判断してもらわないとわかりません。

ですので、きちんと自分の家にあった塗料、そして腕の良い業者を選ぶよう心がけてください。

外壁塗装についてお困りの方、話を聞きたい方は外壁塗装パートナーズまでどうぞ!