外壁塗装をやらなきゃいけないジョリパットって何?デザインが豊富な外壁仕上げ塗料

外壁塗装をやらなきゃいけないジョリパットって何?デザインが豊富な外壁仕上げ塗料

ジョリパットはモルタルの仕上げ方法の商品名

ジョリパットとは、モルタル外壁の仕上げ方法の1つを指すと思われていて、そのような説明をしている会社がたくさんあります。

しかし実際は商品名ですので、同じくモルタル外壁の仕上げとして、有名なリシンやスタッコ吹き付けタイルのような通称ではありません。
以下の画像だと『仕上げ材』にあたる部分が、ジョリパットを使う部分になります。
モルタル壁の断面図

今現在の外壁材の主流は、サイディングと呼ばれる工場で作った既製品のボードを貼り付けていくものです。

サイディングのシェアは80%に迫り、モルタルのシェアは10%を切っていると言われています。

そして、モルタル外壁の仕上げといえばかつては、リシンスタッコ吹き付けタイルと言った吹き付け仕上げでしたが、最近はジョリパットなど代表される塗材を使った左官職人さんによる塗り仕上げが主流となっています。

外壁がジョリパットだと言われたら、外壁材に使用しているのはモルタルです。

ジョリパットの下地材モルタルとは?

モルタルは、セメントと砂と水を混ぜて練ったものです。
そしてセメントは、石灰石、粘土、石膏を主原料とする粉末です。

セメントは、水と反応し硬化する性質があります。
セメントだけでは強度が弱いので、そこに細かい砂を混ぜたものがモルタルとなります。

ちなみに大きな砂利も混ぜたものがコンクリートとなります。

日本の昔の城や倉などの白壁は、漆喰しっくいと呼ばれ、その歴史は古く縄文時代後期までさかのぼりますが、モルタルはその漆喰の現代版で、主原料は石灰と変わりません。

漆喰はもともと、石灰と書かれていたものの当て字です。

英語でもmortarと記しますが、辞書で訳をひくと、やはりモルタル・漆喰とあります。

モルタルについて詳しくはこちらをご覧ください。

モルタルはセメントと砂と水を混ぜ合わせたものですので、モルタルが固まったとしても、モルタル自体には防水性はありません。

ですので、雨水からモルタルを守る為に、さらに外側に仕上げをする必要があります。

仕上げ材が塗装部分になり、この仕上げの最近の主力が、今回のジョリパットという商品になります。

仕上げ塗料のジョリパットとは?

ジョリパットとは、アクリル塗料の中に細かい砂などを混ぜた塗料で、1975年に名古屋に本社を置くアイカ工業株式会社が発売をして以来のベストセラー商品です。

吹き付けでの仕上げも可能ですが、その粘りがある特性を活かしコテで様々な模様をつけて仕上げるのが一般的です。

そのパターンは現在100種類以上あります。

ジョリパットの種類(一部)

ジョリパットカタログよりジョリパットの種類(一部) p.26-27 | アイカ工業株式会社

塗り壁といえばジョリパット、という程の人気があるので、塗り壁自体の事を指していると勘違いしている方も多いです。

ジョリパットと同様な塗り壁用の塗材としては、エスケー化研株式会社のベルアート、日本ペイント株式会社のインディアート等があります。

なぜジョリパットは人気なのか

モルタル外壁の仕上げと言えばジョリパット、と現在は言われるほどに人気があるのですが、それはなぜでしょうか?

もちろん、100種類にも及ぶ多彩な仕上げパターン、180以上もあるカラーバリエーションからくるオリジナルなデザインを実現できることが人気の理由の一つですが、大きな流れとしてサイディングの普及があります。

かつて、日本の一戸建てといえばモルタル外壁でした。

そしてコストが安く、施工も比較的容易で左官職人を必要としない、吹き付け仕上げ(リシンやスタッコ、吹き付けタイル)が主流となりました。

コスト安く、施工しやすいという長所を、まるっと代替したのがサイディング外壁です。

完全に主役の座を追われたモルタル外壁ですが、サイディングは工業製品で既製品です。

かつては、大量生産住宅の代名詞でもあったモルタル外壁は、今はその圧倒的な意匠性の高さをもつジョリパットやベルアートなどの塗り壁仕上げを味方にして、こだわった家を建てたいという注文住宅を主な市場として残ったのです。

サイディングについてはこちらをご覧ください。

ジョリパットの注意点

ジョリパットはその多彩なデザイン性だけではなく、耐久性もリシンやスタッコなどの仕上げ方法と比べて高いのが特徴です。

また可とう性(柔軟であり折り曲げることが可能である性質)が高いためクラック(亀裂)が他の仕上げと比較して入りにくいです。

また汚れがつきにくく、落としやすいという特徴があり、軽い汚れであれば水をつけたブラシで落とせますし、落ちにくい汚れも中性洗剤を使用して落とすことができます。

さらに不燃性も高いと良いこと尽くめのようですが、だからこそ他の仕上げ方法と明確に違う注意点が、2つあります。

1. 防水性が弱い

1つ目は防水性が弱いということです。

もちろん防水性が全くないという事ではないのですが、顕微鏡で見てみると、その内部に非常に細かい穴が開いています。

多少の水分は蒸発するので構わないのですが、他の仕上げ方法と違い、防水性は下地処理のところで行われています。
 
ですので塗り替えの際も、指定の下地材を使う事が絶対条件である事と、塗り替え時には必ず行う高圧洗浄通常よりも圧力を弱めで行わないと内部に水が入り過ぎてしまうという事が起きてしまいます。

2. 強い衝撃はクラックが入りやすい

ジョリパットは分厚く固めの塗膜なので、子供が遊んでいるボールなどが強く当たったりすると、壁自体が割れてしまう(クラックが入る)という事が起きてしまいます。

リシンやスタッコ仕上げと違い、小さなクラック(亀裂)は格段に入りにくいのですが、強い衝撃が加わると大きなクラックが入りやすいので、地震の後などは注意してチェックするようにしてください。

まとめ

ジョリパットに代表される塗り壁仕上げは多種多様な模様をつける事ができ、思い入れをもって新築のために考えられている事と思います。

塗り替えの際にも、その模様を消すことなく塗装する事が可能です。

ジョリパットは強い模様をつけていれば、さすがに汚れがその溝などにたまってきてしまい、その美観を損ねた様子から塗り替えを考える方もいらっしゃいます。

小さめの模様の方は新築時から多少の色あせこそすれ、その汚れが目立たないために、適切なメンテナンスのタイミングを逃してしまう事があるのも特徴です。

外壁のメンテナンスの目的は、美観の保持建物の耐久性の向上です。

美観的にはまだまだ問題なさそうであっても、これを機に一度第三者によるチェックを請けてみるのも良いかもしれません。

ご興味ある方はこちらも併せてご覧ください。