三井ホームの外壁塗装は三井ホームしかできない?SBフィニッシュとMGクレイの実態は?

三井ホームの外壁塗装は三井ホームしかできない?SBフィニッシュとMGクレイの実態は?

大手のハウスメーカーの中でも、温もりのある家づくりで定評がある『三井ホーム』。

住宅の満足度の高さから「三井ホームで建てたのなら、外壁塗装も三井ホームで」と考える方が多いですが、三井ホームの外壁塗装は一般的な相場価格よりかなり高めになる傾向があります。

この記事では、「三井ホームの住宅の外壁塗装は三井ホームに依頼するべきか」という点について徹底的に解説します。

三井ホームにお住まいで

  • 外壁塗装を安く済ませたい
  • だけど手抜き工事は絶対にイヤだ

という方がとるべきスマートな選択肢を、外壁塗装のプロが教えます。


はじめに 三井ホーム以外の業者でも塗装は「可能」です

まず「そもそも三井ホームの住宅の外壁塗装は三井ホーム以外の業者に頼んでいいのか」という点をお伝えします。
答えはYES。三井ホーム以外の業者に外壁塗装を依頼することはまったく問題ありません。

三井ホームと外部業者 それぞれのメリットは

では、三井ホームと外部の塗装業者、どちらに依頼するのが良い選択なのでしょうか。
それぞれのメリットをまとめました。

三井ホームに外壁塗装を依頼するメリット

長期保証サポート「キープウェル」が維持できる

三井ホームに外壁塗装を依頼するメリットは長期サポート「キープウェル」が維持できる点です。

「キープウェル」とは、三井ホームが提供する点検、メンテナンスサービスのことで、10年ごとの定期点検と必要な有料メンテナンスを実施することを条件に、基礎と構造躯体を最長で30年間保証する制度です。

三井ホームの「キープウェル」に限らず、ハウスメーカーが提供する長期サポート制度には魅力を感じている方が多いですが、「メンテナンスは有料」「保証範囲が基礎と構造躯体だけ」「地震などによる不具合は火災保険・地震保険でカバーできる」という点を考えると、さほど重要ではないという見方ができます。

この後に詳しく解説しますが、ハウスメーカーの外壁塗装の価格は非常に高く、長期サポートの維持だけを目的に、ハウスメーカーに外壁塗装を頼むことは「割に合わない」と考えるのが妥当だと思います。

外部の業者に外壁塗装を依頼するメリット

価格が大幅に安くなる

三井ホームではなく、外部の一般的な塗装業者に外壁塗装を依頼した場合、最大のメリットは「価格が大幅に安くなる」ということです。
三井ホームに限らず、大手ハウスメーカーの外壁塗装は非常に高額になる傾向があるため、外部の業者に依頼するだけで大幅に費用を節約することができます。
標準的なケースでは、一般的な塗装業者では100万円程度の塗装工事の場合、ハウスメーカーに依頼すると150万円程度の費用がかかります。

なぜ、三井ホームなどのハウスメーカーに外壁塗装を依頼するとこれほどまで高額になるかというと以下の理由が挙げられます。

三井ホームなどハウスメーカーの塗装が高い理由

  • 工事が下請け業者になるので、中間マージンが発生
  • 単純に利益設定が高すぎる

ハウスメーカーに外壁塗装を依頼しても、実際の塗装は下請け業者がすることになります。
塗装業者に直接依頼すれば必要のなかった販売手数料、つまり中間マージンがかかる分費用が上乗せになってしまいます。

とはいえ、本来であればいくら中間マージンがかかるといってもここまで高額になるということはありません。
単純に利益の設定が高すぎるということも、ハウスメーカーの外壁塗装の価格が高い理由です。

ハウスメーカーの過剰に高い価格設定と、それでも選ばせるための住宅保証(実際に必要になることはほぼない)での囲い込みはリフォーム業界全体においても問題視されることがあります。

塗装の品質には差がない

一般的な塗装店ではなく、ハウスメーカーの方が塗装の品質が高い、と考えている方が稀にいますが、「塗装の品質に差はない」と断言できます。

理由はシンプルで、前述したように、ハウスメーカーに依頼をしたとしても、実際に塗装をするのは下請けの一般的な塗装店だからです。

「ハウスメーカー独自の塗料があるため、ハウスメーカーに依頼した方が安心」と考えている方もいますが、
オリジナル塗料といっても、製造元は一般的な塗料メーカーであり、特殊な塗料というわけではありません。
(コンビニのプライベートブランドのようなものだと説明するとわかりやすいでしょうか)

塗装業者と塗料、どちらについてもハウスメーカーだから優れているということはありません。

三井ホームの外壁の特徴

三井ホームの外壁の特徴についても改めて確認しておきましょう。
三井ホームの外壁は上品な「吹き付け」仕上げであることが一番の特徴です。
現在、大手ハウスメーカーではサイディングと言われる板状の素材を貼り合わせた外壁が主流ですが、三井ホームでは「エアスプレーガン」を使用して外壁に吹き付ける仕様を標準としています。
三井ホームは外壁の吹き付け仕上げ以下の5つのパターンを用意しています。

吹放し仕上げ

リシンなどの骨材を混ぜた塗料をスプレーで吹き付けたのみの仕上げ方法です。

旧来からの吹き付け仕上げの中でもっともスタンダードな方法で、仕上げの単価としては安くなります。

キャニオン仕上げ

骨材入りの塗料を吹き付けた後、キャニオンローラーというプラスチック製のローラーを転がして仕上げる方法です。

キャニオンローラーとは、幅の広いバネのような形状をしたローラーで、もっとわかりやすく例えるとお祭りなどで目にするトルネードポテトのような形をしています。

キャニオンローラーを横方向に向かって転がすことで、細かな横溝がその名のとおり「渓谷」のような模様に仕上がります。

テール仕上げ

テール仕上げとは、三井ホームと非常に親密な関係にある塗料メーカー『エスケー化研』が考案した仕上げ方法です。

骨材入りの塗料を吹き付けた後、コテで平滑に押さえて仕上げることで、ザラザラ感をなくした上品な仕上がりになります。

トラバーチン仕上げ

テール仕上げと似ていますが、さらに気品が増すのがトラバーチン仕上げです。

通常の吹き付けに使用するものよりも大きめの骨材を混ぜて吹き付け、乾燥前にコテで均すことで、大きめの骨材が引きずられた模様ができます。

主に地中海地方を中心に採石される石灰岩を使用しており、ローマのコロッセオなど歴史的な建造物でも使用されている気品高い仕上げ方法です。

こてランダム仕上げ

小さな骨材入りの塗料を吹き付けた後に、コテで扇状の模様を描きながら仕上げる方法です。

コテで模様を描くという和風の伝統技術が活かされつつも、外壁に使用するとモダンな印象になるという、高級感が高い仕上がりになります。

塗料は「エスケー化研」製のSBフィニッシュとMGクレイを使用

三井ホームの外壁には「SBフィニッシュ」または「MGクレイ」という塗料が使われます。

「SBフィニッシュ」と「MGクレイ」はいずれも塗料メーカーの「エスケー化研」が製造をしています。

「エスケー化研」は建築仕上げ塗材の国内最大手メーカーで、日本ペイント、関西ペイントと並んで国内の3大塗料メーカーとして大きなシェアを誇っています。

もしかすると、SBフィニッシュやMGクレイは、エスケー化研のホームページに掲載されていない、ということに疑問を持つ方もいるかもしれませんが、これはSBフィニッシュとMGクレイは、エスケー化研が製造している「三井ホーム専用の外壁仕上げ材」だからです。

ちなみに、「SBフィニッシュ」と「MGクレイ」を比較すると、「MGクレイ」の方がグレードが上の高級な製品です。

外壁の色はナチュラル系が人気

吹き付け仕上げの外壁は壁面に凹凸が多いためツヤはなく、自然な風合いが魅力であるため、淡いナチュラル系のカラーがラインナップされています。

ベーシックなホワイト・ベージュ・ブラウン系のほか、つや消しがシックなブラック系、パステルながら和風の雰囲気を醸し出すグリーン系も人気があります。

ちなみに、エスケー化研が製造しているSBフィニッシュやMGクレイは、もともとは色がついた塗料で、そこにサンドと呼ばれる骨材を投入してミキサーで混ぜることで吹き付け材が完成します。

骨材を混ぜた吹き付け材は保存が利きません。

骨材の混入は常に塗装の直前におこなわれるので、三井ホームの外壁仕上げの現場では、塗装する職人と吹き付け材を調合する職人とが手分けをして作業をおこないます。

三井ホームの外壁塗装 工事の5つのポイント

かなり細かい話になってしまいますが、三井ホームの外壁に塗装する際の注意点です。
マニアックで技術的な話になりますので施主さんは無理に読まずにスキップしていただいても問題ありません。

「吸い込み」を抑えて塗装する必要がある

三井ホームの住宅の外壁は吹き付け仕上げです。

もしそのまま新たに塗料を塗っても、外壁が塗料を吸収してしまい(吸い込み)美しく塗装できません。

吹き付け仕上げの外壁を塗装する場合は、まずは塗料の吸い込みを抑えるために下地材を塗装する必要があります。

外壁の模様を活かしたいなら下地にシーラーを塗装する

三井ホームの住宅の外壁は骨材入りの塗料を吹き付けたうえで模様を描いている仕上げが多いので、せっかく仕上げてもらった模様をそのまま活かしたいと感じる方も多いと思います。

もともとの模様を活かして塗り替える場合は、下地の吸い込みを防ぎ、新たな塗料との密着を高めるために『シーラー』という下地材を塗装します。

シーラーは水状の下地材で、ローラーから滴るほどにたっぷりと塗りこむことで、外壁の凹凸にもしっかりと入り込みます。

外壁の劣化が激しいなら下地にフィラーを塗装する

吹き付け仕上げの外壁は、全体的に硬くて力の逃げ場がないため、時間の経過によってひび割れが起こりやすいという特徴があります。

外壁のひび割れを『クラック』といい、髪の毛のように細い『ヘアクラック』が起きている程度なら簡単な補修や塗装だけでも対応できます。

ところが、長い・深いクラックが発生すると、補修しても傷跡のように残ってしまうため、全体的に補修したほうが見栄えが良くなることもあります。

クラックが複数ある場合など、外壁の劣化が激しいケースでは下地に『フィラー』という塗料を塗装します。

フィラーは粘り気が強いペースト状の下地材で、クラックのすき間に入り込んで補修する役割も果たします。

一点だけ注意するべきなのは、フィラーは厚みをつけて塗装する下地材だということです。

厚みがあるため、もともとの模様が活かされないというデメリットがありますが、タイル仕上げやマスチック仕上げという別の模様をつける仕上げ方法があるので、塗装業者と相談してみると良いでしょう。

三井ホームの自然な風合いを活かす塗料選び

三井ホームの住宅は、自然な風合いを活かしたデザインであるため、ピカピカとした塗装が似合いません。

中塗り・上塗りに使用する塗料は、ツヤを抑えた『つや消し塗料』の使用がおすすめです。

つや消し塗料には段階があり、3分・5分・7分のようにつやを消す度合いが選べます。

あまりつやを落としすぎると塗膜の平滑さが失われて汚れが付きやすくなるので、5分程度が適当でしょう。

また、塗料そのものが自然な風合いを持つものとして、無機塗料の使用もおすすめです。

無機塗料は、ケイ素などの無機物を配合した塗料で、外壁塗装で使用する塗料のグレードとしては最高級に位置付けられます。

紫外線に強く塗膜が劣化しにくい、有機物の含有量が少ないためコケやカビが発生しにくい、親水性が高いため汚れが付きにくいというメリットがあり、耐用年数も約15年以上を誇ります。

無機塗料は無機物を配合している都合上、もともとつやが抑え気味なので、三井ホームの住宅が持つ自然な風合いとマッチします。

屋根は紫外線に強いもので塗装する

三井ホームの住宅の屋根は、瓦葺きが標準施工となっています。

スタンダードなコロニアル屋根のほか、モダンな瓦もラインナップされていますが、製品自体が高断熱性を特徴としているため、グレードダウンは避けたいところでしょう。

屋根塗装に関しては、外壁のように「三井ホームの住宅だから」といって特にこだわる必要はありません。

塗料のグレードとしては安価で低スペックなアクリル樹脂系・ウレタン樹脂系を避けておけば、シリコン樹脂系やフッ素樹脂系で十分です。

さらに高断熱性を求めたいのであれば、断熱・遮熱系の塗料もありますが、費用が高額になるというデメリットがあります。

断熱・遮熱系の塗料は「こだわりがあれば」という程度の選択肢として頭の隅に置いておけば良いでしょう。

塗装業者を自分で見つけるのがスマートな選択

この記事では「三井ホームの住宅の外壁塗装は三井ホームに依頼するべきか」という点について解説してきました。

結論を書くと、「三井ホームの住宅であったとしても、自社で塗装をしてくれる業者に直接依頼するのが、スマートな選択である」と言えます。

生命保険に膨大な費用を投資するようなイメージで、「長期サポートを維持するためならいくらでも払っていい」ということであれば話は別ですが、コストパフォーマンスの面では一般の塗装店に依頼したほうが優れているのは明確だからです。

最後になりましたが、「外壁塗装パートナーズ」では、下請け構造による塗装工事費用の高騰や、手抜き工事が頻発する塗装業界の現状を改善したいと考え、

  • 自社で塗装ができて良心価格で提案できる
  • 現場経験5年以上の現場監督が在籍している
  • 本部チェックによる営業品質の評判が良い

といった条件をクリアした塗装業者だけを施主さんに紹介するサービスをおこなっています。

「安心・低価格な業者を見つけてお得に外壁塗装をしたい」とお考えでしたら、下記のフォームからお気軽にご依頼ください。

無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
外壁塗装パートナーズ

ハウスメーカーの
塗装リフォームは高い?

ハウスメーカーからメンテナンスの話を持ちかけられやすい時期
外壁塗装パートナーズ

ハウスメーカーの塗装リフォームは高い?

ハウスメーカーからメンテナンスの話を持ちかけられやすい時期

ハウスメーカーは、そのほとんどが子会社にリフォーム会社、メンテナンス会社を抱えており、戸建て購入から10年、15年、20年などのタイミングでメンテナンスの提案をします。
その際オリジナル塗料、保証期間の延長、特別補修など魅力的なワードをチラつかせながら、メンテナンス契約を迫ってきます。

ただ、難点なのはとにかく高いこと。
ただ、難点なのは
とにかく高いこと。

外壁塗装パートナーズでは、いくつかの理由からメンテナンス、特に外壁塗装、屋根塗装はハウスメーカーに依頼をするのはお勧めしない、というスタンスを取っています。




トップイメージ トップイメージ 外壁塗装パートナーズロゴ

外壁塗装パートナーズが
ハウスメーカーをお勧めしない

4つの理由 4つの理由
ペンキ缶イメージ

お勧めしない理由その1

ハウスメーカーの
オリジナル塗料

ハウスメーカーのオリジナル塗料は外部より高い値段設定が多い

ハウスメーカーに外壁塗装を頼んだら、明らかに高いのはわかっているものの、ハウスメーカーのオリジナル塗料なので、外部に頼むのをやめるという方が多数いらっしゃいます。


オリジナル塗料と言われてしまうと、相見積もりがとれません

健全な競争が成り立ちませんので、必然的に金額は高止まりしてしまいます。
では渋々、ハウスメーカーに頼まなければならないのでしょうか?
実はそんな事はありません。






ハウスメーカーのオリジナル塗料と言っても、製造しているのは一般的な塗料メーカー、何かしらの市販されている塗料に、少しだけ手を加えたものがほとんどです。
ほぼ類似している塗料や、現塗料の風合いを活かした状態にできる塗料もあります。

つまり、ハウスメーカーオリジナル塗料は塗料メーカーが出している塗料と機能的にはほとんど変わりません。

塗装を選ぶ時のポイント
塗装を選ぶ時のポイント
家を守るイメージ

お勧めしない理由その2

10年以上の延長保証

家を守るイメージ

外壁塗装を含んだメンテナンスを頼まないと延長保証を受けることができない


新築時の外壁の風合いを保ちたいという欲はそれほどでもないので、「オリジナル塗料はどうでもいいが、ハウスメーカーに外壁を含んだメンテナンスを頼まないと延長保証を置けることができない」と悩まれる方もたくさんいらっしゃいます。

延長保証の条件と言われてしまうと、当然相見積もりにはなりません。
そして金額は高止まりしてしまいます。
では保証のためには、高額のハウスメーカーのメンテナンスを受けなければならないでしょうか。
これについても、そうは思いません。

大手のハウスメーカーも地場の工務店も、現在は10年間の保証をしなければなりません。


保証範囲について

ハウスメーカーはこの保証を延長するというのですが、その保証範囲は以下の2点です。

  • 構造体力上主要な部分
  • 雨水の侵入を防止する部分


では大手ハウスメーカーはこの2つの部分において、今後何かしら問題を起こすような家を建てているのでしょうか。
そのようなことが起きないように、そもそも新築時に高額のハウスメーカーを選んだのではないでしょうか?




特別補修イメージ

お勧めしない理由その3

外壁塗装以外の
特別補修

特別補修イメージ

ハウスメーカーのメンテナンスは塗り替えをメインとして、ベランダの防水工事、白アリ対策の防蟻工事などが付いてきます


ベランダの防水工事も、防蟻工事も初めてなので、そもそも相場がわからないところに、セットで見積金額を出されてしまい、それが如何に高額でも比較のしようがなくなってしまい、仕方ないと頼んでしまうようです。
これもやはりハウスメーカーに頼んだ方がいいのでしょうか?
これこそより高額になってしまう理由ですので、別に頼んだ方が良いと考えます。


防水工事は防水屋さん、防蟻工事は防蟻工事屋さんがそれぞれ担当します。
もちろん塗装は塗装屋さんです。

それぞれの工事に、ハウスメーカーの利益分が上乗せされるのです。



ローラーイメージ

お勧めしない理由その4

ハウスメーカーと
塗装店は違う

ローラーイメージ

私達が、ハウスメーカーに外壁塗装を頼まない方が良いと思っている一番の理由は、実は金額が高すぎる事ではありません

一番の理由は、塗装工事の質が悪くなるリスクが非常に高いからです。

通常、塗装店は塗料を自分たちで仕入れますが、ハウスメーカーの仕事の場合ほとんどが、塗料はハウスメーカーから支給され、工賃だけ支払われます。
ハウスメーカーから支払われる工賃があまりに安いため「まともに仕事をしていると生活がままならない」というレベルだという話をよく耳にします。

そしてそれほどに追い詰められた仕事は請けなければ良いのではとも思いますが、自分でお客様を見付けることができない塗装職人は、それでも仕事を請けないと生活できないという状態に追い込まれてしまいます。


外壁塗装は専門の塗装店に頼むのが一番

ハウスメーカーの塗装は、ただ高額なだけでなく、構造的に手抜き工事が発生しやすくなっており、直接専門の塗装店に依頼することをおすすめしています。

施工中のイメージ

外壁塗装は専門の塗装店に頼むのが一番

ハウスメーカーの塗装は、ただ高額なだけでなく、構造的に手抜き工事が発生しやすくなっており、直接専門の塗装店に依頼することをおすすめしています。


無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
ビルボード
個人情報は安全に管理されます

プライバシーマークを取得しています

外壁塗装パートナーズはプライバシーマークを取得しています。 プライバシーマークは個人情報を適切に管理している企業に対して、JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)から付与されます。

SSL Secure

SSLで保護されています

お客様の情報は最新技術によって暗号化され安全に送信されます。

契約済みでもOK

他の業者さんと契約済みの場合や、金額が妥当かを知りたい場合でも喜んでご対応します。

無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント

これだけは
知っておきたい!
外壁塗装の身近に
よくある 3つの

第1の罠
外壁塗装の
チラシ
第2の罠
訪問販売の
営業マン
第3の罠
ご近所の
塗装工事

外壁塗装を考え始めるきっかけとして一番多いのが、ポストに入っていた「チラシ」と、直接外壁塗装を進めてくる「訪問販売」、ご近所の「塗装工事」の3つです。

なぜ、上記を『3つの罠』として書いたのかと言いますと、外壁塗装を適正価格で工事してくれる塗装店を選ぶ上で一番おすすめしない検討材料だからです。

郵便受 第一の罠

チラシの値段で
外壁塗装できない

高額になる
チラシの罠
郵便受

ご注意ください!
ATTENTION
よくポストに入っている「外壁塗装のチラシ」。

実はこのチラシの倍の値段で塗装してしまうケースが多い ことをご存知でしょうか。

コーキング工事が
含まれていない

実は高い理由

窓の外枠や、外壁の隙間などに
緩衝材を入れる「コーキング工事」は
必須です。

塗装が厚みを作り家を守る作業だとすると、コーキングは穴を埋めて家を守る作業です。

どんなに悪徳会社でもコーキングを怠ることはさすがにありませんので、結果としてチラシの価格より実際は高くなるのです。


付帯塗装が
含まれていない

実は高い理由

家は外壁と屋根以外にも、素材が別で
それぞれに塗装をしなければならない
箇所がいくつもあります。

屋根下の天井、破風板、雨樋、金属屋根、木部などです。

これら付帯部を塗装をしないと、塗装をした外壁との差が一目瞭然ですので、悪徳会社も塗装をしないことはありません。

結果としてチラシの価格より高くなるのです。


1階建てのような
小さい家想定

実は高い理由

チラシをよく見ると、値段の横に小さな
文字で 「塗装面積~80㎡」などという
記載があります。

しかし実際の戸建てで塗装面積が80㎡というのは1階建てか、4面を塗らずに片面だけ塗る場合などで無い限りほとんどありません。

一般的な戸建て(建坪30坪~60坪)の場合ですと、平均的な塗装面積は120㎡~200㎡で、チラシの表記を超えた分は割高な単価で費用が追加される事がほとんどです。

結果としてチラシの価格より倍の値段になってしまったりするのです。


チラシの罠から
身を守るコツ

相場価格を知る

相場価格を知る

POINT

スーパーのチラシを見て、今日は大根が安いと判断できるのは相場価格を知っているからです。

外壁塗装をどこにお願いするかを決めるためにも、普段の買い物と同じようににまずおおよその相場価格を知っておく必要があります。

外壁塗装パートナーズでは、相場価格表の無料プレゼントも行っておりますのでお気軽にご相談ください。

大根をもつぬりパトくん

ここでしか手に入らない!

マル秘価格表画像

相場価格表の
無料プレゼントも
行っております。

もちろん、塗装のご相談もお気軽に!

もちろん、
塗装のご相談もお気軽に!

セールスマン 第二の罠

訪問販売に頼むと2倍高い!
手抜き工事する
訪問販売の罠
郵便受

営業マンがよく使う
3つの売り文句

こんな甘い言葉には
注意が必要

他社には無い、特別なうちだけのオリジナル塗料なんです!
この地域の実績が欲しいので、特別にモニター価格でやります!
キャンペーン期間なので、通常よりかなりお得にできます!
ご注意ください!
ATTENTION
外壁塗装で一番危険な訪問販売からの提案。

もちろん金額は高く相場価格の2倍くらいが平均なのですが、問題は特別な工事が無いにも関わらず高いことです。

なおかつ低品質な工事であるとすればどうでしょうか。

とにかく高い

訪問販売ここが危険

そもそも訪問販売会社はその名の通り
「販売のプロの会社」です。

実際に塗装をするのは下請けの塗装会社になるため中間マージンが発生します。

さらに訪問販売営業マンの給料は、固定給でないことがほとんど。

一定の金額以上で契約となった場合のみその上積み分が自分の給料になる仕組みが多く、自分の給料を増やすために1円でも高い値段を提示するのです。


専門知識がない

訪問販売ここが危険

販売会社の営業マンは塗装についての
専門知識がほとんどないケースが多いです。

塗装工事は下請けに丸投げですので、社内にも詳しい人はおらずただ口八丁で契約を取る術だけが磨かれていきます。

そのため、あなたの家の外壁に合わない塗料や間違って修繕工事を勧められることが多く、工事後半年も経たないのに塗装が剥がれたり、汚れたり、傷ついたりすることが起こるケースが多発しています。


手抜き工事の指示

訪問販売ここが危険

一部の訪問販売会社は下請けに塗装工事を回すときに、信じられないほどの安い金額で依頼することもあります。

実際に訪問販売の下請けをやっていた施工店さん曰く、訪問販売の工事は工期が短いため、「○○の場所は塗らなくてもいい、塗料は薄めて使って」などと手抜き工事を強要されることもあるそうです。


訪問販売の罠から
身を守るコツ

見積もりは複数社で取る

見積もりは
複数社で取る

POINT

相場価格を知っている側からすると、なぜこんなに高い値段で契約をしてしまったのかと驚くケースばかりなのですが、それでも契約してしまう気にさせてしまう営業力を持っているのが訪問販売会社です。

まずは、決して1社の話を聞いただけで契約をしてしまわないことが大事です。

複数社を提案するぬりパトくん

そんな時に使える
無料相談サービス

当社なら塗装から価格、
クーリングオフの
ご相談まで
全て無料で承ります!

外壁塗装パートナーズでは、専門の塗装アドバイザーが常に対応できる体制を取っております。
クーリングオフの相談や、オリジナル塗料の評判について、価格相談なども承っておりますのでお気軽にご相談ください!

電話でのお問い
合わせはこちら

外壁塗装パートナーズへのフリーダイヤル

スマートフォンで電話番号を複数回タップすると、「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」という表記がでますが、問題ございません。

ぬりパトくんチェック

外壁塗装パートナーズでは、専門の塗装アドバイザーが常に対応できる体制を取っております。

クーリングオフの相談や、オリジナル塗料の評判について、価格相談なども承っておりますのでお気軽にご相談ください!


セールスを受ける女性 第三の罠

お隣さんに騙されるな!
ご近所さんの
塗装工事に潜む罠
セールスを受ける女性

ご注意ください!
ATTENTION
「ご近所さんの塗装工事をする業者は安心だ」となぜか勘違いしてしまう方が多いのですが、かなりバクチの要素が強いと思います。

訪問販売の
可能性がある

ご近所さんを勧めない理由

実際は訪問販売に長けている
会社かもしれません。

実際に迷惑のかかるかもしれないお隣さんならいざしらず、 近所で塗装をしているからと、1軒1軒インターホンを鳴らして挨拶に行くというのは販売に長けている会社の証拠でもあります。

そして往々にして上の2つめの罠に出てきた訪問販売会社であることが多いのです。


合理的な
理由がない

ご近所さんを勧めない理由

あなたがその塗装会社を
信頼する理由が1つもありません。

ご近所さんがしっかりと比較し、素晴らしい検討を勧めた上で決定した塗装会社であればまだ良いですが、特段そうではない場合、あなたがその塗装会社を信頼する理由が1つもありません。

100万円以上もする高い買い物の決定判断を、ご近所さんに委ねてしまうことは放棄していることと同じですので、心からお勧めしません。


ご近所さんとは
家が違う

ご近所さんを勧めない理由

一帯の開発で、仮にご近所さんと
同じ外壁材の家であっても
家ごとに行う修繕工事も違いますし、
提案する塗料などが全く違います。

当然外壁材や建築時期が違うのであれば全く提案内容は変わってきます。

あくまで自宅にあった提案が優れているかどうかが大事ですので、話は聞いてみるにせよしっかりと比較検討をしなければ満足の行く塗装にはなりません。


ご近所さんの罠から
身を守るコツ

良い塗装店を見つける

良い塗装店を
見つける

POINT

外壁塗装は既にご自宅を購入された皆様にとって、これだけの高額な契約は残るは車くらいかと思います。

そして高額であればこそ、間違った選択をできないので誰かが良いと思ったという判断に委ねたくなるのかもしれません。

自宅にとって良い塗装をしてくれる塗装店はどこなのか、その検討段階は面倒ではありますが、やはり手間を惜しまないで欲しいと思います。

施工会社と握手するぬりパトくん
無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
ビルボード
個人情報は安全に管理されます

プライバシーマークを取得しています

外壁塗装パートナーズはプライバシーマークを取得しています。 プライバシーマークは個人情報を適切に管理している企業に対して、JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)から付与されます。

SSL Secure

SSLで保護されています

お客様の情報は最新技術によって暗号化され安全に送信されます。

契約済みでもOK

他の業者さんと契約済みの場合や、金額が妥当かを知りたい場合でも喜んでご対応します。

外壁塗装パートナーズは自社施工の会社のみをご紹介するサービスです。

外壁塗装
パートナーズが
選ばれる理由

お客様からお選びいただいている理由として4つの特徴があります。

外壁塗装パートナーズ
4つの特徴

自社施工で中間マージンが無いため安い

中間マージンが無くなり、安くなります。 中間マージンが無くなり、安くなります。
施工に関係無い費用を省くことで
「安くて高品質」な塗装ができます。

下請けたたきによる手抜き工事を防ぐ

下請け叩きによる、手抜き工事を妨げます。 下請け叩きによる、手抜き工事を妨げます。
販売会社に搾取され、しかたなく
手抜き工事を行っている現状を防ぎます。

リピートや口コミを狙うので良い仕事をします

リピートや、近所の塗装を狙うので、しっかり仕事します。 リピートや、近所の塗装を狙うので、しっかり仕事します。 リピートや、近所の塗装を狙うので、しっかり仕事します。 リピートや、近所の塗装を狙うので、しっかり仕事します。
自分達の仕事ぶりが次の仕事に直結するため、
責任感のある仕事をします。

実績豊富でまじめな塗装店だけが加盟しています

塗装店が外壁塗装パートナーズに加盟するためには厳しい審査を通過する必要があります。

更に安心!7つの審査基準 更に安心!7つの審査基準
業界最高水準の厳しい基準を満たした、
優れた塗装店をご紹介します。


地元で優良な
塗装店をご紹介

外壁塗装パートナーズは、あなたの地元で評判の良い塗装店をご紹介いたします。

外壁塗装パートナーズと
他サイトの違いは?

外壁塗装の見積もりサイトは他にもたくさんありますが、そのほとんどがインターネット屋さん(ネット運営が得意な会社)が運営しています。

一部、塗装屋さんが運営しているものもありますが、加盟店が少なかったり1社しか紹介してくれなかったりします。

外壁塗装パートナーズと他サイトの違い

外壁塗装パートナーズには、屋根や外壁塗装について詳しい専門のアドバイザーが常駐しておりますので、どんなことでもお答えいたします。

国から塗装業を許認可
されている見積サイト

建設業の許可票

数多くある見積もりサイトの中でも外壁塗装パートナーズは、建築業の許可を取得し、塗装業の許認可も取得しています。

適切な外壁塗装を理解するには、家の構造がわかっていることは大前提の知識です。

外壁塗装でお悩みの方やちょっと相談したいと思っている方、ぜひ一度外壁塗装パートナーズまでご相談ください。


外壁塗装
パートナーズを
利用する
メリットは3つ

メリット① 手間がかからず優良な塗装業者に見積依頼ができる(無料)
簡単に見積もり依頼ができる

外壁塗装パートナーズが、あなたの地元で誠実で優良な塗装業者をご紹介します。

当社で定めた塗装業者の選定基準に基づきご紹介していますので、初めての方でも失敗せずに、プロの手によって家の美観や保護を維持することができます。

メリット② 外壁塗装専門のアドバイザーに相談ができる(無料)
簡単に見積もり依頼ができる

社には、外壁塗装専門のアドバイザーが随時ご相談を承っております。

この見積もり価格は妥当か?」や「塗料ってどれを選べばいいのかわからない」、「A社とB社どっちがいいと思う?」など、どんな些細な質問でもきちんとお答えします。

メリット③ 簡単入力で見積もりの依頼ができる(無料)
簡単に見積もり依頼ができる

まだ検討段階の方でも、どなたでもお見積もりは無料です。
専用フォームから必須項目のみご入力いただければ、完了です。

屋根や外壁塗装のお悩みやご希望は、外壁塗装パートナーズへご相談ください。



ご利用の流れ

ステップ1
ステップ1
入力1分で見積依頼

見積り依頼フォームから、ご連絡先と設置場所の住所をご入力ください。

ステップ2
ステップ2
認定企業より正式見積

アドバイザーに正式見積を依頼すると、ご要望に合わせて1~3社の認定企業が訪問調査の上で正式見積をお出しします。

ステップ3
ステップ3
見積りを比較・検討

価格や塗料、保証も含めて、じっくりご検討下さい。
塗装店に聞きづらいことはアドバイザーにご相談ください。

ステップ4
ステップ4
ご納得頂けたらご契約

十分ご納得できた場合のみ、ご契約ください。
まずはお気軽に見積依頼をどうぞ。

無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
ビルボード
個人情報は安全に管理されます

プライバシーマークを取得しています

外壁塗装パートナーズはプライバシーマークを取得しています。 プライバシーマークは個人情報を適切に管理している企業に対して、JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)から付与されます。

SSL Secure

SSLで保護されています

お客様の情報は最新技術によって暗号化され安全に送信されます。

契約済みでもOK

他の業者さんと契約済みの場合や、金額が妥当かを知りたい場合でも喜んでご対応します。

外壁塗装の
よくある質問

地元の塗装店に頼むのが良いのですか?
実を言うと、必ずしも地元の塗装店が一番良いとは限りません。

塗装は、その他のリフォームや太陽光発電とは違い、緊急性の高い不具合が発生しません。
すぐその日に駆けつけてくれる必要性が低いため、しっかりとした塗装をできる会社を選ぶ事がベストです。


助成金がもらえる塗装店を紹介してくれますか?
はい、もちろんです。

各自治体によって助成金の基準はバラバラで、同じ自治体の塗装店の場合があったり、ただ同じ自治体の塗装店だけではなく事前登録済みでなければならなかったり、塗料が限定されていたりします。
お住まいの自治体で助成金がもらえる場合、条件にあう企業を選定してご紹介致します。


外壁塗装はやはりやらないと駄目なのでしょうか?
塗装しなくても30年ほどは住めますが、お勧めできません。

外壁塗装の主な目的は、「見た目の回復」「耐久性の向上」の二つです。
そのため、美観を気にせず30年ほどしか住まないのであれば外壁塗装を一切しない選択肢もあると思いますが、お勧めはできません。


壁についているコケやカビはどうするのですか?
コケやカビの汚れは高圧洗浄で落とします。

外壁塗装は、女性のお化粧と工程が非常によく似ています。
各工程を怠ると、化粧と同じように仕上がりに大きな差が出てしまいます。


塗装で建物の耐久性が向上するというのがピンときません。
塗装は強力な日焼け止めであり外壁を守るバリアです。

新築時のサイディングも、上に塗料が塗られています。
外壁材と塗料は特質が違い、良い性質が合わさって建材としての役割を果たしているからです。

無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
無料見積はこちらから
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
ビルボード
個人情報は安全に管理されます

プライバシーマークを取得しています

外壁塗装パートナーズはプライバシーマークを取得しています。 プライバシーマークは個人情報を適切に管理している企業に対して、JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)から付与されます。

SSL Secure

SSLで保護されています

お客様の情報は最新技術によって暗号化され安全に送信されます。

契約済みでもOK

他の業者さんと契約済みの場合や、金額が妥当かを知りたい場合でも喜んでご対応します。

運営会社

法人名 株式会社ソーラーパートナーズ
(Solar Partners Co., Ltd.)
設立年月日 2010年4月22日 (Earth Dayに会社設立)
代表者
代表取締役 中嶋 明洋
神戸大学卒業後、大手メーカー、ITベンチャーを経て、2010年に株式会社ソーラーパートナーズを設立。二級建築士、2級建築施工管理技士、既存住宅状況調査技術者など、建築関連の国家資格およびMBA(経営学修士)を取得。これまでに培った知識と経験をもとに、専門工事店と消費者が直接出会えるプラットフォーム構築に日夜力を注いでいる。
建設業許可番号 東京都知事許可(般-29) 第138314号
電気工事業届出番号 東京都知事届出 第2910275号
資本金 15,000,000円
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-20 新宿オミビル4F
TEL 03-5155-3407
FAX 03-5155-3349
関連サイト 太陽光発電と蓄電池の見積もりサイト
https://www.solar-partners.jp/
コーポレートサイト
https://www.solar-partners.co.jp/
事業内容 外壁塗装の工事会社ネットワーク運営事業
太陽光発電と蓄電池の工事会社ネットワーク運営事業