【外壁塗装体験談その2】地元の塗装業者2社の見積書を比較してみました。

【外壁塗装体験談その2】地元の塗装業者2社の見積書を比較してみました。

外壁塗装っていくら?という疑問

外壁塗装はいくら
いざ実家の外壁塗装の検討をスタートして、まず一番最初に思ったことは、「うちの実家だと最大でいくらかかるのか?」というお金の部分です。

どんな商品、サービスであれ良い商品は値段が高いので、自分が最終的にどのあたりを選ぶかどうかは置いておいて、最大でどの位かかる可能性があるのか?おおよそではどのくらいかかるのか?この部分がとにかく気にかかりました。

自分では当然ながらおおよその金額は知っていますし、普段お答えしているのですが、いざ自分がお客様気分、否、お客さんとなった瞬間に出た疑問が「いったいいくらかかるのか?」だった事はとても新鮮で、驚きました。

なぜ色々と知っている自分がこのような疑問を持ったのかと言えば、そうは言っても一軒、一軒大きさも形も違うわけです。

しかも自分の場合は、なにかイレギュラーな事が起きて凄い高い値段になってしまったらどうしよう、という不安が出たからです。

我ながら見事なお客さん気分、お客さん目線です。

そうなるとやはり実際に現地を見てもらい正式な見積もりをもらう以外には方法がないなと思い、実際に見積もり依頼をする事にしました。

競合サービスで見積もり依頼

自分たちのパートナーである塗装屋さん達に直接見積もり依頼をしたい気持ちをぐっと押さえ、あくまで一般のお客さまと同じようにしようと自分で見積もり依頼ができるところを探しました。

塗装屋さんに直接頼もうとも思ったのですが1社だけではその見積もり金額が妥当なのかどうかの判断がつかないので、やり取りが一回で複数社の見積もりがもらえる一括見積もりサイトは魅力的でした。

 見積もりサイトを比較

いくつかの見積もりサイトを改めてお客様目線で見比べ、信頼できそうと思ったところに登録をしました。

もちろん競合サービスですので、どの会社がシェア1位でという情報はあったのですが、あくまでお客さんとして比べた時に決して1位や2位の会社を選らばなかったことも驚きでした。

その利用した企業名は伏せますが、事前に見ていた感想としてはちょっと情報の出し方がくどい感じがしていて、印象としては少し下品なイメージがあったのですが、いざお客さんになってみるとその位押しが強く、はっきりと情報を断定してくれている方が安心できたのは非常に勉強になりました。

実家近くの2社が現地調査

見積もりサイトの運営会社より連絡があり、いくつかヒヤリングをされた後、実家の近くの塗装屋さんを2社紹介して頂ける事になりました。

現地調査の際は、両親が立ち合うこととし、見積もりは自分に提出してもらう約束で、その週末の同日に2社とも実家を見に行って頂ける事になりました。

実家の両親には、お客さん気分を味わうのが主旨なので、余計な話はせず、以下の2点だけ伝えるように何度も念押しして指示をしておきました。

  1. 息子が外壁塗装をしてくれることになった
  2. 詳細はわからないので、詳しくは息子に聞いてほしい

無事2社の現地調査が終わり、1週間後には両社の見積もりが出てきました。

A社はベランダ補修はできないが、B社は可能という事でしたのでB社にはベランダ補修の見積書も別途出してもらうようにお願いをしました。

2社の見積り差額が18万円超

実際の見積もりを見比べてみたいと思います。

A社 B社
見積り価格 872,424円(税込) 690,000円(税込)

差額がなんと182,424円!

さすがにこんな差が出るとは思っていなかったので、2社の見積もりを細かく見比べましたが、塗装の工程に差は見当たりません。

ただ使用している塗料が違います。

金額が高い方のA社は、エスケー化研株式会社の「エスケープレミアムシリコン」、B社は日本ペイント株式会社の「DANシリコンセラR」という塗料でした。

塗料の良し悪しは大きくは、塗料に使用する合成樹脂の種類で決まります。

その昔はアクリル樹脂、次にウレタン樹脂、そして今はアクリルシリコン樹脂が全盛の時代です。

どちらもそのアクリルシリコン樹脂塗料ですが、エスケープレミアムシリコンはさらにそのシリコン塗料にラジカル制御という新しい機能を加えた塗料ですので、そちらの方がもちろん金額は高いです。

実家の塗装を自腹を切って行う事でお客さんを実際に体験するのが主旨なので、そこまで高グレードの塗料を使う必要はないと思っていたのですが、いざとなると、どうせやるなら良い塗料にしたい、という欲が出てきます。

ですので、B社に塗料をエスケープレミアムシリコンに直して再見積もりをして欲しい旨を伝えました。

ちなみにB社からはベランダ補修の見積書も届いており、そちらは税込み51万円で何となく事前に想定していたよりも高いなという印象を持ちました。

ラジカル塗料やシリコン塗料については、こちらの記事をご参考ください。

ベランダ補修の件もあり膠着状態に

B社に塗料を合わせてもらい、見積もりを出し直してもらった結果が以下の通りです。

A社 B社
見積り価格 872,424円(税込) 740,000円(税込)

それでも差額は132,424円です。

これだけの金額差ですしB社に決めたいところなのですが、元々見積書を提出してもらう前のA社とB社のそれぞれの印象は、会社の規模などから安心感ではA社担当の方の雰囲気などではB社の方が良いと思っておりました。

しかしB社の見積書は、エスケープレミアムシリコンを使ってもこの値段でできるのであれば、最初からこちらのパターンを出してくれても良かったのに、安く見せるために安い塗料を使おうとしていたのかなと急に信頼感が揺らいだのを覚えています。

そしてベランダ補修が思っていたよりも高かったこともあり、ベランダの相見積もりが欲しくなり、すぐに返答はしませんでした。