コーナンの外壁塗装はおススメ?評判・価格を徹底解説!

塗装の検討はどちらですか?
外壁・屋根
外壁塗装のみ

外壁塗装はどの業者に頼んだらいいのか悩みますよね。

特に塗装工事は費用も高額になるので出来れば安く、失敗したくない工事の1つです。

そのため、名の知れているホームセンターの「コーナン」で外壁塗装をお願いしてみようと検討している方もいるでしょう。

この記事ではコーナン外壁塗装をお願いしても良いのかについて、年間2000件以上外壁塗装の相談を受けている外壁塗装パートナーズが解説していきます。

この記事を読むことで、満足のいく外壁塗装を行うための外壁塗装の業者の選び方がわかります!

コーナンで外壁塗装しても良い?

コーナンでの塗装はあまりおススメをしていません。

コーナンを含めホームセンターは窓口の役割です。実際にはコーナンの提携施工店が現地で対応を行います。

また、ホームセンターで受け付けているリフォームは多岐に渡るため、各専門店ではなくリフォーム全般を受け付けている会社が対応するケースもあります。

もちろんホームセンターや間に入る会社の数が増えるほどにマージンの総額も高くなります。

つまりコーナンではなく下請けとして工事を行う施工店に直接見積依頼をした方がお得に塗装ができるのです。

これはコーナンに限ったことではなく他のホームセンターにも言えることです。

コーナンでの外壁塗装の評判は?

コーナンの工事は質が悪いわけではないです。

しかし、コーナンを含め塗装やリフォームをホームセンターにお願いをする利点はあまりありません。

先に記載した通り、ホームセンターでは工事が出来ないため契約を結んだ後は下請けの会社さんが対応をすることになります。

コーナンを通すと中間マージンが発生するため提案金額は高くなります。

しかし、コーナンを通したからといって施工店では提案できない特別な保証が付くわけでもなく、複数社の提案を比較できるわけでもないので、
わざわざコーナンに依頼をする付加価値が薄いのです。

コーナンでの外壁塗装の価格はおトク?

コーナン外壁塗装の価格
デジタルカタログ|コーナン

コーナンでのリフォームは実は特別お得ではないです。

コーナンでは外壁塗装を上記のような足場から一式のパックで販売しています。

金額はパッと見た印象だと安めに見えますが、よく見ると外壁面積が120㎡規模と小さめの家を想定しているようです。
戸建住宅の平均延床面積は30〜40坪、外壁面積は150㎡前後のため、見積をとると施工面積がパック

より大きくなる可能性が高いです。施工面積が増えれば金額も加算されるため、実際にはパックより高い提案になります。

実際にコーナンさんのリフォーム事例ページを見てみると、シリコン塗料の施工で外壁屋根塗装合計120万以上の提案が多いようです。
シリコン塗料を利用した住宅塗装の相場が100〜130万なので、チラシでイメージするほどコーナンでのリフォームはお得ではない事が分かります。

事例 使用塗料 価格
外壁塗装+屋根塗装1 128.8万円
外壁塗装+屋根塗装2 シリコン塗料 / 屋根遮熱 142万円
外壁塗装+屋根塗装2 シリコン塗料 / 屋根遮熱 142万円

施工事例 | コーナン

コーナンのオリジナル塗料の性能

オリジナル塗料と銘打っていますが、コーナンは塗料メーカーではないので塗料の製造はしていません。

高機能な建築用特殊塗料を販売しているプレマテックスというメーカーから提供された塗料を取り扱っています。

プレマテックス自体も平成12年設立と比較的新しい会社です。
国内大手メーカーに設立から100年近く経つ老舗が多いことを考えると、まだ実績が少なくいささかマイナーなメーカーです。
しかし、取扱商品自体は高機能なものが多いです。

コーナンの塗料1. サンヴェール

コーナンのオリジナル塗料:サンヴェール
サンヴェールの概要 | コーナン

プレマテックスが得意としている無機塗料の一種です。

無機塗料は耐久年数が20年ほどと高耐久な事が特徴です。サンヴェールは更に塗料の膜の表面がコーティングされているような艶があり、低汚染というカビや苔の汚れがつきにくいメリットもあります。

デメリットとしては、施工費が一般の塗料よりも平均で10〜30万円ほど高くなります。

また、セラミックなど無機塗料はコーティング機能がある分表面が硬くひび割れに弱いという弱点もあります。
次回塗装をする際に塗れる塗料の種類が限られてしまうケースもあるので、無機塗料を検討する際は一般的な塗料と比較してからが良いでしょう。

コーナンの塗料2. シルヴェール

コーナンのオリジナル塗料:シルヴェール
シルヴェールの概要 | コーナン

住宅塗装で一般的に用いられるシリコン樹脂の塗料です。

耐用年数が15年ほどで価格も抑えられコストパフォーマンスに優れています。
塗り替えだけでなく新築時にもシリコン塗料を採用している工務店やメーカーが多いです。工事会社に依存する得意・不得意がほぼなく、どの会社でも取り扱う事ができます。

ただし、上記の通りプレマテックスは高性能な特殊塗料を専門に製造しているメーカーのため、自社製品では他にシリコン塗料の取り扱いはありません。
高耐久な塗料にこだわらないのであれば、プレマテックよりも種類の豊富なメーカーで見積を検討していただく方が良いです。

コーナンに外壁塗装を頼むメリット・デメリット

デメリット1:塗料の種類が少ない

先に説明した通りコーナンでは現在オリジナル塗料を提案しています。

塗料自体はJIS規格もクリアしており高機能です。しかし選べるのが2種類だけと非常に種類が少ないです。
同グレードの塗料同士でも製品ごとに色や質感、適した外壁材や耐久年数の長さに違いが出るため、最低でも2〜3パターン程の提案を比較して検討されます。

自宅の外壁により適した塗料を知るためにも制約のない幅広い提案で見比べる方が良いでしょう。

デメリット2:下請けに入る会社を選べない

工事に入る会社を選べません。コーナンと契約を結んだあとは提携会社が派遣され現地での対応を行います。塗装店選びは提案内容だけでなく、会社との相性も重要なポイントです。
工事に来た会社さんの態度があまり良くない、営業さんと言っている事が違う等現地でトラブルにならないように比較をして信頼できる会社にお願いしましょう。

メリット1:多岐に渡るリフォームの提案ができる

ホームセンターという取り扱い商材が多い会社ならではのメリットです。チラシにもある通り、屋根葺き替えやエクステリア、フローリングなどの内装工事に至るまで提案が可能です。各専門店から見積を貰う手間を省けるので、一括対応で提案してほしいという方にはお勧めです。

メリット2:低金利のリフォームローンが組める

コーナンが提案するリフォームローンがあります。

近年は塗装専門店でもローンや分割払いに対応している会社も増えています。
しかし大手の会社はより信頼性が高いため、提携している銀行や信販会社との共同プランが豊富な傾向にあります。

一般的なリフォームローンは金利が2〜5%と高い傾向にありますが、コーナンでは金利0円で3年のローンを組めるプランがあります。
ローン払いを提案しない小規模な会社さんの方が施工費自体は安い傾向にありますが、もし分割での支払いをご検討の方は提案を聞いてみてはいかがでしょうか。

外壁塗装はコーナン以外の業者でもできる

コーナンはホームセンターとして知名度の高い企業です。

しかし、コーナンは依頼先と実際に施工を行う業者が違うために意見の食い違いや、料金が高くなりがちです。

大手に依頼するよりは自社施工を行っている塗装店に依頼した方が同じ質でも安く抑えることができます。

ただ自分で塗装店探しや評判がいい塗装店なのかどうか見極めるのは難しいですよね。

外壁塗装パートナーズではあなたの地域で「評判の良い塗装店のみ」を最大5社ご紹介しています。

相見積もりも同時にできるので比較してよりお得な価格で外壁塗装を行うことができます。

無料でご利用できますので、話を聞いた上で塗装をお見送りする判断をしても構いません。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

プライバシーマーク 無料見積比較はこちらから
STEP1 都道府県を選択 必須
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須

※当社の見積比較は完全無料のサービスです。見積取得後の契約は必須ではありません。 ご安心してご利用ください。

相場価格表プレゼント
閉じる
外壁塗装パートナーズ