外壁塗装の定期点検で塗装時期を把握!サポートが充実した業者を選ぼう

外壁塗装の定期点検で塗装時期を把握!サポートが充実した業者を選ぼう

「最近知り合いが外壁塗装をしたらしいけど、うちはまだ大丈夫だろうか?」そんな疑問を抱えてはいませんか?

外壁塗装は、定期点検をしていれば必要になるタイミングを把握することが可能です。

こちらの記事では、外壁塗装と点検にまつわる内容を総合的にまとめています。

また、悪質な点検商法に関する注意点や定期点検をしてくれる外壁塗装業者の見分け方も紹介しています。

記事の後半では外壁塗装のタイミングがわかるセルフチェックの方法も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

外壁塗装は定期点検でタイミングがわかる!

10年に1度が目安とされている外壁塗装。

しかし、実際のところ外壁塗装に最適なタイミングは一軒一軒の住宅によって全く違っています。

なぜなら、外壁が劣化する原因には以下のようにたくさんの要因があるからです。

使用している塗料の耐用年数

外壁の劣化状況は、どんな塗料が塗られているかで変わってきます。

もし新築住宅の場合は、ウレタン塗料やシリコン塗料が塗られているケースが多いです。

また、外壁塗装をした経歴のある住宅なら前回どんな塗料を使ったかを調べましょう。

もしフッ素塗料など耐用年数が長い塗料を使っていたのであれば、10年より長持ちする可能性は高いです。

外壁塗装業者の技術や施工品質

外壁塗装は、職人の腕や業者の施工品質によっても劣化状況がまるで違ってきます。

例えば、本来3度塗りが必要なところが2度塗りになっていると、塗膜はすぐに寿命を迎えてしまうでしょう。

優良業者を見極めることが重要になってきます。

住宅の立地環境

外壁の劣化状況は、住宅の立地環境によって大きく変わってきます。

例えば、海沿いに立地する住宅であれば潮風の影響を受けますし、交通量の多い道路に面していれば排ガスの影響を受けます。

そのほかにも、日当たりや湿気、雨の量など様々な要因で外壁は劣化していきます。

そのため、一概に10年で外壁塗装が必要になるわけではなく、それより短いスパンで必要になる場合もあれば、10年以上持つ住宅もあります。

外壁塗装が必要になるタイミングは住宅ごとに大きく違ってくることをご理解いただけましたでしょうか?
住宅によって外壁が劣化する期間は違っているからこそ、定期点検を活用すれば簡単に外壁塗装をすべき最適なタイミングを見極めることが可能です。

悪徳業者の「点検商法」に注意

外壁塗装と点検にまつわる話をする時に、点検商法という悪質な手口の話題を避けては通れません。

悪質な外壁塗装業者の中には、点検商法という手口で私たちを騙そうとする業者がいます。

点検商法とは、突然業者がやってきて無料点検をして、「すぐに施工しないと危険な状態だ」と煽ることで契約を急かそうとする手口のことです。

点検商法には様々な種類があり、外壁塗装だけではなく屋根のトラブルやシロアリ点検などもあります。

どういった点検であっても「無料だから」と依頼するのではなく、日頃から依頼している業者などに連絡することが大切です。

訪問してきた業者に対しては「いつもお願いしている業者があるから、そちらに依頼する」と言って断るのが賢明です。

もしくは、訪問販売の見積もりだけでなく、複数の塗装店の見積もりを比較することが重要となります。

住宅を長持ちさせるために定期点検が必要な理由

新築住宅を建てた場合、まだ住宅ローンが残っている方も少なくないでしょう。

そんな大切な住宅にいつまでも住み続けるためには、定期点検が欠かせません。

外壁塗装に最適なタイミングを定期点検で見つけられるのはもちろん、キッチンやお風呂などの水まわりにも経年劣化でトラブルが発生してきます。

そういった住宅に起きる様々なトラブルを、大きな問題に発展する前に見つけられるのが定期点検のメリットなのです。

外壁塗装をしなければ防水性能が低下して住宅の寿命は短くなってしまいますし、外壁以外の部分にも不具合があっては大変です。

こちらの記事を読んでいるあなたも、大切な住宅を守るためにぜひ定期点検を行ってくださいね。

外壁塗装は定期点検のアフターフォローをしてくれる業者を選ぼう

外壁塗装に関する定期点検は、工事を行った業者のアフターフォローに含まれている場合があります。

そのため、これから外壁塗装を検討している方はぜひ定期点検のアフターフォローが含まれる業者を探してみてください。

外壁塗装の定期点検は、工事から1ヶ月・半年・1年・2年など業者によって内容が違っています。

契約する前にアフターフォローの定期点検についても確認しておくことも頭に入れておきましょう。

また、地域密着型の優良業者の場合は保証内容に含まれていなくても不備があると駆けつけてくれる場合があります。

それほど優良な業者を見つけられると、次の外壁塗装も安心して任せられるというものです。

ちなみに、外壁をはじめとする住宅の定期点検は新築工事のアフターフォローに含まれている場合もあります。
外壁塗装が必要かどうか不安な方は、新築後の定期点検で訪れた担当者に聞いてみるのもおすすめです。

定期点検が充実している外壁塗装業者の見分け方

定期点検が充実している外壁塗装の業者を見極めるのは簡単なことではありません。

そこで、定期点検が充実している業者の見分け方を紹介していきます。

工事保証書を発行してくれるかどうか

外壁塗装業者によっては、工事保証書を発行してくれる場合があります。

外壁塗装分野での工事保証書には、塗装をした部分に不具合が見つかった時にどんな対応をしてくれるかが記載されています。
具体
的には、「外壁塗装から何年間保証期間が付いているのか」「どの部分が保証対象か」「どんな不具合に対応してくれるか」などが記載されます。

工事保証書を発行してくれるかどうかは、契約前に確認しておくとスムーズですね。

アフターフォローをウリにしているかどうか

気になる外壁塗装業者があれば、チラシやホームページを確認してみましょう。

もしチラシやホームページに「アフターフォローが充実」「10年保証」などの記載があれば、工事後の定期点検にも力を入れていると考えられます。

外壁塗装業者がアフターフォローに力を入れているのは、施工品質に自信を持っているからです。

品質に自信がなければ不備が発生することを予測できるので、十分な保証はつけていません。

だからこそ、施工後の定期点検をウリにしている業者を選ぶのがおすすめです。

長い営業実績があるかどうか

外壁塗装は江戸時代から行われている伝統的な工事です。

そのため、信頼できる優良業者は古くから営業している実績を持っています。

もちろん設立後間もない業者が必ずしもダメだというわけではありませんが、長い営業実績があることは安心材料の1つになります。

ぜひその業者の営業歴を確認してみてください。

アフターフォロー終了後はどうすればいい?

定期点検のアフターフォローが含まれている場合でも、規定の年月が経過したらサポートが終了してしまいます。

そんな時は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

対処法としては2つあります。

  • 同じ業者へ定期点検付きの外壁塗装を再度依頼する
  • ひとまず別の業者へ点検を依頼する

もし過去に定期点検付きの外壁塗装を依頼した経験がある方は、もう一度同じ業者に依頼するという選択肢があります。

定期点検のアフターフォローが終了する頃には塗膜が寿命を迎えていて、外壁塗装が必要なケースもあります。

過去に依頼した業者の施工品質や対応、アフターフォローや価格などに満足している場合は、同じ業者へ依頼するのがおすすめです。

一方、初めて外壁塗装を行う場合や過去に外壁塗装を依頼した業者の対応に不満がある場合は、ひとまずどこかの業者へ点検を依頼することになります。

点検の結果、外壁塗装が必要であればその業者へ依頼するかどうかを判断しましょう。

ただし、外壁塗装は1業者だけで見積もりを取るのはおすすめできません。

なぜなら、複数の業者から見積もりを取ることで金額や工事内容の比較ができるからです。

外壁塗装の見積もりは専門サービスを利用しよう

外壁塗装の見積もりを取る時は、複数の業者へ依頼するのがおすすめだとお伝えしました。

しかし、複数の業者とのやりとりを自分で行うのは手間ですし、毎回現地調査に来てもらうのも面倒です。

そこでおすすめなのが、インターネットで依頼できる外壁塗装の見積もりサービスの利用です。

この専門サービスを利用すれば、複数の業者へ外壁塗装の見積もりを取る作業を代行してくれます。

仕事などが忙しい方や難しいことを考えるのが苦手な方は、ぜひ検討してみてくださいね。

自分でできる外壁塗装のセルフチェック

最後に、自分でできる外壁塗装のセルフチェックの方法を紹介します。

外壁塗装が必要な状態は、専門知識がない方でも判断できるケースが多いです。

下に箇条書き形式で外壁の劣化症状を確認できるリストを記載しますので、ぜひ参考にしてみてください。

外壁の状態 説明
剥落 塗装ではなく、中のモルタルがはげ落ちてしまい、木材やラス(金網みたいな部品)が見えてしまっている状態。
塗装でなく早急な左官工事が必要。
チョーキング モルタル施工の外壁において、手で触るとチョークを触った後のように手に塗料の粉がつく。
塗装がはがれてきている証拠なので、塗装屋さんに点検を。
ひび割れ(クラック) 外壁にひびが入っている。

ひび割れが即塗り替えするべきという事ではないが、特に横に走っているひび割れは要注意。
ひび割れの入り方で、大きく判断が変わる。

はく離 下地との付着力が薄れてしまい、塗膜がはがれてしまっている状態。
そこから雨水が簡単に入るので、塗装屋さんへGO
カビ・コケ カビや苔。洗浄で無理に落とそうとすると、はく離の可能性もあるので注意が必要。
すぐに塗装をしなければいけない状態ではないが、美観は損ねる。
錆び モルタルの中のラスという金網が、錆びて外壁面にまで出てきてしまっている状態。
これも早急に点検が必要。

いかがでしょうか。
ご自宅の外壁にこのような症状は現れていませんか?

もし1つでも当てはまれば、塗膜は寿命を迎えている可能性があります。

こちらのセルフチェックで劣化が見つかった場合は、ぜひお早めに外壁塗装をご検討ください。

まとめ

今回の記事では、外壁塗装と点検にまつわる内容を総合的にまとめました。

外壁塗装をするべきタイミングがわからない方は、定期点検で外壁の劣化状況を確認してもらうのがおすすめ。

なお、突然自宅へやってくる業者は外壁塗装に限らず様々な点検を無料で行い、契約を取ろうとするので注意しましょう。

もし「無料点検ができる」と言って知らない業者が訪問してきた場合は、「いつもお願いしている業者がある」と言って断るのが賢明です。

外壁塗装の定期点検は、工事の契約に含まれている場合があります。

もし新築後に初めて外壁塗装をする場合は、一度外壁塗装の専門業者へ点検を依頼するようにしましょう。

定期点検のある優良な外壁塗装業者を見つけたい場合や、複数の業者から見積もりを取りたい時は、ぜひ外壁塗装パートナーズへご相談ください。