【塗装Q&A】屋根塗装は防水に関係ないって業者に言われたんですが、それって本当ですか?だったら屋根は塗装しなくてもいいのかなと思っているんですが…

  • 2019.06.11
  • Q&A
【塗装Q&A】屋根塗装は防水に関係ないって業者に言われたんですが、それって本当ですか?だったら屋根は塗装しなくてもいいのかなと思っているんですが…
お客様の質問

Q. 兵庫県A様からの質問

屋根塗装は防水に関係ないって業者に言われたのですが、それって本当ですか?
だったら屋根は塗装しなくてもいいのかなと思っているんですが…

アドバイザー折原

A. 外壁塗装アドバイザー折原からの回答

本当です。

屋根塗装は防水というよりは屋根材自体の保護、美観の回復という意味合いが強いです。
しかし長期的に見れば、防水の役割も担っています。

この後の説明が分かりづらくなる為、先に、屋根の構造について説明します。
屋根は屋根材(瓦やスレートなど)の下に防水シート(ルーフィングといいます)があり、その下に野地板、垂木といわれる木材があります。

屋根の構造

このうち雨漏りを防いでいるのは、屋根材防水シートです。
つまり二重の防水構造になっています。

極端な話、屋根材が一時的になくなっても防水シートがあるので、すぐには雨漏りしません。

現に新築を建てる際は防水シートを貼ってから屋根材を葺くまで数日空き、防水シートだけで雨を防ぐ期間があります。

話を塗装に戻しますと、屋根塗装は屋根材を塗る作業ですので、防水シートが生きていれば塗装をしなくても雨漏りしません。

しかし屋根材をずっと塗装していないと紫外線で劣化して、屋根材が水を吸うようになります。
水を吸った屋根材は乾燥、吸水を繰り返すうちに反ったり、割れたりします。
雨漏りの仕組み

割れると雨は防水シートに達しやすくなり、水が溜まるような場所があると防水シートが破れ雨漏ります。

つまり屋根材を保護しておくことは、長期的にみれば雨漏りを防いでいることにもなるのです。

ですので、外壁塗装パートナーズとしては一概に「屋根塗装を不要」と言うのは間違えだと考えています。

※適当な屋根塗装をすると雨水の逃げ道がなくなり、雨漏りすることがありますのでそれはまた別で注意が必要です。

外壁塗装パートナーズでは優良塗装業者をご紹介しています。

屋根塗装や外壁塗装では、手抜き工事する業者が存在することをご存知でしょうか。
なぜかというと、赤字になってしまう下請け工事や、季節による工期が短すぎて必須工程を省いてしまう等といった理由があって、手抜き工事ということが起こります。

そういった工事をしない、きちんとした工事を行う地元で優良な塗装業者を、外壁塗装パートナーズで厳選してご紹介しています。
ご自宅の外壁塗装や屋根塗装、その他リフォームをやりたいとお考えの方は、以下のフォームからぜひご相談ください。