遮熱塗料と断熱塗料の違いは何?外壁塗装で使われる遮熱・断熱塗料の仕組み

遮熱塗料と断熱塗料の違いは何?外壁塗装で使われる遮熱・断熱塗料の仕組み

外壁塗装の塗料には断熱塗料と遮熱塗料がある

断熱塗料で有名なのは、日進工業の「ガイナ(GAINA)」という塗料です。

一方で遮熱塗料は、多くのメーカーが出しています。

ちなみにガイナは遮熱と断熱、両方の機能を持っています。

遮熱は熱を跳ね返し断熱は熱を通さない

読んで字の通りなのですが、遮熱は太陽光を跳ね返すことで熱が通らないようにする機能です。
遮熱塗料

太陽光は、外壁に当たった時に光のエネルギーが熱に変換されるため、光のエネルギーが吸収されないようにすることで、屋内が暑くならないようにします。

一方、断熱は熱そのものが伝わらなくする機能です。
断熱塗料

屋根や外壁の場合、太陽光が当たると反射しなかったエネルギーが熱に変換されますが、断熱性能があること熱が屋内に伝わらなくなります。

熱が伝わらないということは、冷たい空気も熱い空気も通さないということですので、エアコンによってつくられた温度が外に逃げにくくなり、夏涼しく冬暖かくなります。

塗料の遮熱効果はヒートアイランドを防ぐことにある

塗料が遮熱効果を持っていないと、屋根材や外壁材に熱が伝わります。

仮に屋根材や外壁材の中に断熱効果があったとしても、熱が屋内に伝わらないだけで熱自体は屋根材・外壁材に残ります。
そのため遮熱効果がないと、ヒートアイランド現象を避けることができないのです。

ただ、暑い夏の日に、わざわざ壁を触りに行く人はいませんので、遮熱機能が無いことが大きな問題になることはそれほど多くありません。

ただ、門やガレージなど、身体が触る可能性の高い場所に遮熱塗料を塗ることは効果がありますので、金属製の門やガレージがある場合は、遮熱塗料を検討しても良いかもしれません。

塗料の断熱効果はあくまでも補足的なもの

ただ注意していただきたいのは、塗料がもつ断熱機能は、屋根材や外壁材が持つ断熱機能にはかないません。

なぜなら、屋根材・外壁材と塗料では、厚さが圧倒的に違うからです。

そのため塗料の断熱性はあくまでも補足的なもの二次的なものと考えるべきです。

どのような場所に断熱塗料を塗るかというと、築年数が古く断熱材が充填されていない家の塗装や、構造上の事情で断熱材を入れられなかった場所です。

特にガイナは、宇宙空間を想定して開発されている塗料を一般化したものですので、塗料の中では非常に高い断熱機能を持ちます。

そのため、事情があって断熱材が入っていない箇所に断熱性能を持たせる場合には非常に有効です。

まとめ

遮熱は光の反射を多くすることで、光エネルギーが熱エネルギーに変換されないようにすることです。

一方断熱は、熱そのものを通さないようにするためのものです。

役割が全く違う熱に関する2つの機能ですが、屋根や外壁に使って効果が実感できる箇所は限られます。

外壁塗装で遮熱・断熱を検討されている場合は、外壁塗装パートナーズにお問い合わせください。