ブロック塀は塗装が必要?たかがブロック塀されどブロック塀

ブロック塀は塗装が必要?たかがブロック塀されどブロック塀

ブロック塀に塗装は必要?

家の周辺を守るように固めているブロック塀。
きちんと建てられたブロック塀ですと、地震や台風が起きても倒れない強固な壁になります。

しかし年数が経つごとに連れて、かなり汚くなっていたり、ブロック塀にヒビが入ったり、欠けていたりすると思います。

こんな状態の時、ブロック塀を綺麗にしたり直す必要はあるのでしょうか。

基本的に、ブロック塀は定期的なメンテナンスは必要になります。
しかし、外壁のように頻繁にメンテナンスをする必要はないので、そこが決定的な違いです。

今回はブロック塀の手入れについて、ご紹介していきたいと思います。

ブロック塀にメンテナンスは必要

ブロック塀に使用されている材料は、セメント骨材(砂や砂利)に水や顔料(色の元)等を練り混ぜて作られています。

厚さが15cmで尚且つ施工基準を守ったブロック塀であれば、耐用年数は約30年と言われています。
※耐用年数はあくまでおおよそになります。

外壁とは違い、コンクリートブロック塀ですので持ちが良いのが特徴です。

冒頭でも言いましたとおり、外壁のように頻繁にはメンテナンスをする必要はありません。

しかし、ブロック塀がどんなに強くとも紫外線や雨を常時浴びているため、経年劣化は免れません。

小さいヒビから大きなヒビや傾きやぐらつき、そしてブロック自体がボロボロとしている兆候があると、それはブロック塀が崩れる危険性があります。
すぐに崩れる、という話ではないのですがその場合はメンテナンスが必要になります。

ブロック塀のメンテナンス方法

ブロック塀の構造として、地面に基礎(鉄筋)が埋め込まれていて、その基礎に沿ってブロックを積んでいきます。

ブロックの中に雨水等が侵入してしまうと、内部の鉄筋が錆びやすくなります。

ですので、まずは防水対策をします。
そのためには防水専用の塗料でブロック塀をコーティングする必要があります。
特に酷いヒビ割れ等がない場合は、事前にご自分で防水用の塗料を購入して、DIYするのもいいかと思います。

ただ、あまりにもブロック塀の損傷が激しいならば、専門の業者にお願いするのがいいでしょう。

ブロック塀の美観が気になる方

ブロック塀が汚いから綺麗にしてほしい、というのであれば、外壁塗装を塗装業者に頼むと一緒にブロック塀を高圧洗浄機で綺麗にしてくれる業者がいます。
業者によるので必ずやるわけではありませんので、詳しくは塗装業者に聞いてみましょう。別料金がかかる場合もございますのでご注意を。

反対に今のブロック塀の色を変えたい!などという要望があれば、それは専門の塗装業者にお願いしてください。
ただし、注意していただきたいことがあるのですが、ブロック塀に対して使用する塗料についてです。

ブロック塀は細かい穴が空いているため内側から空気が入りやすい構造になっています。
先ほども言いましたように、ブロック塀は地面に埋めて補強しているため、地面の水分がブロック塀の中に入る場合があります。

以上の性質があるため、ブロック塀には弾性塗料以外の塗料で塗装する必要があります。

もしも弾性塗料を使用すると「ふくれ」という現象が起きて、文字どおり、ブロック塀の至る箇所がふくれることになって外観的にあまり綺麗ではありません。

ですので業者を探す際は、弾性塗料以外を提案する塗装業者を選ぶようにしてください。

外壁塗装パートナーズでも承っていますので、下部のフォームよりご相談ができますので、ぜひご活用ください。

まとめ

ブロック塀は家の一部ですので、綺麗になると家が映えます。

美観だけでなく、もしも大地震が起きて家が倒れるという事態になったらブロック塀が崩れた家を支えてくれる役割も持っています。

ですので、ブロック塀が我が家にある方は、定期的にメンテナンスを行ったほうがいいかと思います。
定期的と言っても、30年も持ちますので、外壁塗装と一緒に診てもらうといいでしょう。

自分の家のブロック塀やその他外壁などで気になることがある方は、一度外壁塗装パートナーズまでご相談ください。

その他、外壁のメンテナンス時期については以下で詳しくご紹介していますので、ぜひご一読ください。