【外壁塗装日記~工事6日目】屋根の破風や軒天の塗装で外観は決まる

【外壁塗装日記~工事6日目】屋根の破風や軒天の塗装で外観は決まる

塗装工事6日目~屋根上塗り(3回目)、各所の塗装

本日は、中塗りを乾燥させる等の事情で、各所の塗装作業です!

まずは、昨日の中塗りの屋根を見てみましょう。

昨日よりもだいぶ明るいですね!
これは光の加減で明るく見えるのですが、暗くなるとまたシックな感じに見えます。

上塗りの前に各所の塗装

では、屋根の破風はふという場所を塗ります。
日本ペイントのファイン浸透シーラーです。
写真は硬化剤と混ぜている途中です。

硬化剤

早速、屋根の破風に塗料を塗っていきます。
例によって細かい箇所はハケで。
面積が広い箇所はローラーで塗り分けます。

屋根の破風

出来上がりはこちらになります。

屋根の仕上がり(中塗り時点)

お次は、鼻隠しと軒天を支えている金属の部分にサビ止めを施します。

鼻隠しと軒天の間の塗装

同時期。佐藤職人はというと…
屋根の補修を行っておりました。(2回目)

屋根の補修(中塗り時点)

そしてもう一人の職人の建守職人、お次は水切りという場所に錆止め塗料を塗り始めました。

水切り塗装

こちらは下塗りの段階ですので、もう一回上塗りをします。

外壁を塗る前に先にこちらを塗っておきます。

水切り塗装1回目
本日はこちらにて終了です。

外壁塗装のイメージとして壁を塗るイメージしかありませんでしたが、実際は塗るところが多くあります。

繊細な仕事すぎて、もしかしたらわたくし(花もはじらう女)よりも職人さんのほうが女子力が高いのではと思いました。
少し焦りを感じた一日です。

次回は先に外壁塗装のための養生を行います!