外壁塗装で人気の色ランキング~日本の風景に合う家の外観色は?

  • 2018.08.17
  • 2019.06.11
外壁塗装で人気の色ランキング~日本の風景に合う家の外観色は?

外壁の色によって家の表情が変わる

外壁塗装を検討中の方の大半は、外壁を補修してほしいという方ですが、中には家の色を変えて一緒に家の雰囲気も変えたいという方もいます。

たしかに色(場合によってはデザインも)を変えることは、家主にとって重要です。
せっかくの我が家ですから、色で失敗したいと思う方はいないと思います。

今回は、色について悩んでる方に、さまざまな色を解説していこうと思います。

外壁で人気の色系統は?

では、外壁塗装で人気な色をご紹介いたします。

一応全て、塗料メーカーのカタログでもおすすめされている色ですので、失敗する可能性はかなり低いです。

一戸建ての外壁に人気の色は?
順位 イメージ メリット デメリット
1 白系統 家のデザインー白 定番ですが、大人気です。
白は清潔なイメージがあり、無彩色ですのでどの色とも相性がいいです。
指し色に鮮やかな色を入れるとおしゃれ感がでます。
汚れがつきやすいことが最大のデメリットです。
ただ、それも水と相性の良い塗料を選べば、汚れたとしても落ちますので、そこまで気にならないかと思います。
2 クリーム色系 家のデザインークリーム色 こちらも定番ですので、色で失敗はまずないと思います。
とくに、白と比べて周りの環境と調和が図れる色で、なおかつ白よりも汚れが目立たない色ですのでおすすめです。
個人的に外壁はツートンカラーよりも、一色で仕上げたほうが高級感が出ると思います。
特になし
3 グレー系 家のデザインーグレー 近年人気が出ている色です。
特にデザイン性の高い一戸建てによく使用されていますが、シックに仕上がることもあれば、ヨーロピアンに仕上げることもできます。(建物の形状による)
グレーも白と同様、無彩色なので色の組み合わせが自由です。
汚れは、上位2色よりも目立たないので外壁に向いてる色とも言えます。
どの色でも言えますが、雨の跡は目立つ場合があります。ですので親水性の高い塗料にしておくといいでしょう。
4 緑色系 家のデザインー緑色 鮮やかな緑というよりは、淡い色に人気が出ています。
基本的に塗料の性能を鑑みると濃い色はあまりないので、必然的に薄い色になります。
ですが、これまた自然の色ですので、街並みと相性が良いです。
色の組み合わせが難しいことです。また、汚れは白よりは目立ちません。

柔らかい雰囲気を出したいなら、淡い色で組み合わせるのが手です。

逆に高級感や、立派なイメージを出したいならば、真っ白がおすすめです。

塗料は基本的に艶があるのですが、そこらの色よりも、白の艶はとても綺麗です。

屋根で人気の色系統は?

一戸建ての屋根に人気の色は?
順位 イメージ メリット デメリット
1 グレー系 屋根の色ーグレー 黒よりのグレー色が大変人気です。
スレート屋根といって新築ではもっぱらグレー系の屋根が多いです。
落ち着いた印象や、シックな印象にしたい場合はおすすめです。
グレー自体、硬質なイメージがありますので、外壁の色はよく考えて選んだほうがいいと思います。
2 黒色系 屋根の色ー黒 こちらも定番ですので、色で失敗はまずないと思います。
黒は暗いイメージがあるかもしれませんが、高級感を出すにはピカいちです。
特になし。
3 茶色系 屋根の色ー茶色 茶色というか、こげ茶やオレンジに近い茶色など幅広く使用されています。
屋根が茶色?と思うかもしれませんが、外壁がクリーム色系や白の場合は、ヨーロピアンの雰囲気をもった家になります。
特になし
4 赤色系 屋根の色ー赤 イラストで家を書くと屋根は赤色、という印象がありますが、昔の家は瓦で赤が多かったことからきているそうです。赤といっても濃い赤か茶色に近い赤ですので、綺麗な屋根に仕上がります。
アットホームな雰囲気を出せる色です。
色の組み合わせが難しいです。基本的に外壁は同じ系統の色(ピンクなど)は合わないので、必然的に色が限られてきます。(クリーム色や白など)

屋根も家の雰囲気を決める重要な箇所ですから、慎重に決めたいところです。
こちらも地域によっては彩度が高い色ですと、『景観法』にひっかかる場合がありますので、予めご確認をお願いいたします。

まとめ

何ページにもわたって書きましたが、色を決めるのは本当に難しいです。
同時に楽しいものでもあります。

ただ、あまり考えすぎると思考の迷路に入ってしまうので、その時は無理せずに外壁塗装パートナーズにでもご相談ください。

外壁塗装で、家の雰囲気も刷新していきましょう。