外壁のコケが気になる・・発生原因と落とし方を解説

外壁のコケが気になる・・発生原因と落とし方を解説

外壁にいつの間にかコケが生えてきていて汚れが気になる・・そんな状態ではありませんか?

実は、外壁にコケが生えている状態は外壁の防水性が落ちている状態が多く、外壁塗装の時期の一つでもあります。

そのまま放置しておくと外壁がボロボロになったり、水が染み込んで壁の内部を傷めてしまいます。

そこで、この記事では外壁のコケができた際のコケの除去方法やお勧めのコケ落とし材、コケの予防方法を解説します。

なぜ外壁にコケが発生してしまうのか?

外壁のコケ

そもそもコケはコケの胞子が壁や屋根に付着することで発生します。
そのため川沿いや近くに林がある家などコケが付着しやすい環境だと、コケ汚れが出るのが早い傾向にあります。

付着したコケは水や胞子を養分に増えていきます。
特に日が当たりにくい北面やお隣さんと隣接して陰になってしまう面ではコケの繁殖が早いです。

また、塗装が劣化した外壁も撥水(水をはじく効果)がなくなるため、水が染みこみやすくなりコケの繁殖の原因になります。

外壁のコケを放置すると起こること

外壁が脆くなる

コケが外壁にずっと張り付いていると常に外壁材に水が触れている状態になります。
そのため外壁の表面がもろくなり部分的に剥がれ落ちたり、塗膜膨れが発生する可能性が高くなります。

外壁材の内部に水が染みこみ腐食する

コケが繁殖すると段々と根を張ります。コケの根は水分を含み保水するため外壁の内部が常に湿っている状態になります。
外壁も内部がずっと湿ったままだと弱く脆くなり、放置すると内部から腐ってしまいます。そうなると塗装では修繕できないため外壁の張り替えが必要になります。

外壁のコケを除去する方法

外壁のコケの除去には、外壁の劣化状況やコケの生えている位置によって自分で対処できるかできないのか変わります。

高所にコケが生えている場合

業者にお願いしたほうが良いです。
近年ではホームセンターなどで高所も洗浄できるような商品が様々販売されていますが、慣れていないと思うように作業するのは難しいかもしれません。
また2階以上の高さでの作業は危険も伴いますので、広範囲にコケが発生している場合は業者に頼むのが無難です。

低所に外壁のコケが生えている場合

この場合、外壁の状態よっては自分でも手入れできます。
上記のような水を弾く状態で、コケが手の届く範囲や1階部分のみにしか発生していないならご自分で洗浄など手入れをする事も可能です。

撥水性がある場合

外壁の撥水性

自己メンテンナンスして大丈夫な状態です。スポンジのやわらかい面で洗いましょう。
外壁の塗装がまだ劣化していない状態です。この段階だとコケもほとんどが表面的な物なので、根などもあまり深く張っていないはずです。

水が染み込む状態

外壁の防水性が落ちている

業者に依頼して、塗装など適切なメンテナンスをしましょう。
外壁の塗装が劣化していて水をはじかずに吸い込んでしまう状態です。この段階だとコケが内部に根を張り、せっかく洗浄をしてもまたすぐコケが発生する可能性が高いです。

外壁のコケはカビキラーなどの薬剤で落としていい?

外壁の洗浄に市販の洗剤を利用する場合は、専用の薬剤を利用するようにしてください。

コケ汚れ自体ははカビキラーやハイターでも落ちるのですが、塩素系漂白剤を利用すると、汚れだけでなく外壁の塗装まではがしたり、外壁を変色させる恐れがあります。

各メーカーから家庭用の外壁洗浄剤が販売されており、ホームセンターやネット通販で購入が可能できますので、専用の薬剤を利用するようにしましょう。

参考商品
アルタン 30 SECONDS ワンステップ・スプレー・クリーナー
※Amazonのサイトに飛びます

外壁にコケが生えてこないようにする予防策

コケ防止塗料で塗装をする

塗料には「防藻・防カビ塗料」というコケやカビを防ぐ薬品を配合した汚れの付きにくい塗料があります。
仮にコケの胞子が付着しても塗料自体に殺菌効果があるためコケの繁殖を抑えてくれます。

日々のメンテナンスを行う

根が張る前の軽度のコケの段階でしっかり洗浄をすることでコケの繁殖を抑えることができます。
先にご紹介した専用の洗剤を利用しても良いですし、コケやカビは熱湯に弱いので少し汚れが付着した程度であればお湯をかけることでも効果があります。

周辺環境の改善をする

最初に説明した通り、そもそもの苔汚れの原因は胞子が壁や屋根に付着することです。
お庭に生えている雑草や植木からも胞子は飛ぶため、手入れすることでコケが発生しずらくなります。
また、外壁の近くに茂っている植物ほど胞子が飛びやすく更に日陰にもなるためコケの原因になりやすいので注意しましょう。

外壁材を変更する

外壁の中にもコケがつきやすい外壁材とつきにくい外壁材があります。

コケがつきやすい外壁材はモルタル・リシンなどの塗料に砂や骨材を混ぜて仕上げられる凹凸の多いデザインの外壁です。
この凹凸の溝に水が溜まるためコケが繁殖しやすいです。

一報コケがつきにくい外壁はガルバリウム鋼板など金属の外壁です。
表面に凹凸がなく無機物のためコケが付着しても繁殖しずらいです。しかし代わりに錆びに弱かったり傷がつきやすいというマイナス点もあります。

外壁を変更するには張り替え工事が必要になり費用も塗装や洗浄の数倍かかります。
築年数が30年以上経過したタイミングで外壁材の耐久年数によって張り替えが必要になる場合は考慮に入れても良いかもしれません。

外壁のコケを予防する方法

  • コケ防止塗料で塗装をする
  • 周辺環境の改善をする
  • 外壁材を変更する

業者に依頼した場合いくらかかる?

洗浄には主に「高圧洗浄」「バイオ洗浄」の2種類があります。
一般的に行われるのは高圧洗浄ですが、状況によってお勧めの洗浄方法も変わりますので自宅の条件に合った洗浄方法を選びましょう。

また、洗浄だけを依頼することもできますが、業者に依頼が必要な程コケが繁殖している場合は外壁の塗装自体が劣化していることが多いです。
ですので、せっかく洗浄をしてもまたすぐにコケが繁殖する可能性が高いです。

更に洗浄の際には周囲に汚水が飛ぶのを防ぐため養生シートを家の周りに掛けます。
この過程で足場を建てる必要があるため、洗浄だけを依頼するのは非常にコストパフォーマンスが悪いです。そのためほとんどの方が塗装と洗浄はセットで検討をされます。

高圧洗浄

専用の洗浄機で加圧した水を噴射し、壁面に付着しているホコリ、錆、コケ、カビなどを全般的な汚れを除去します。
最近はケルヒャーなど個人用の洗浄機も流行っていますが更に威力の強い業者用の洗浄機を使用します。
単価:200~300円/㎡
工事の手順:足場の設置→養生シートの設置→高圧洗浄

バイオ洗浄

高圧洗浄にプラスしてバイオ洗浄剤を塗布します。
コケやカビなど細菌の繁殖による汚れは洗浄で表面の汚れが落ちても、根が張り奥に菌が残ると再繁殖する場合があります。
そのため頑固なコケやカビの症状のある家ではバイオ洗浄が提案されます。
単価:500~700円/㎡
工事の手順:足場の設置→養生シートの設置→バイオ洗浄剤塗布→高圧洗浄

外壁塗装

外壁・屋根に塗料を塗ることで防水性、撥水性を高め外的要因から建材を保護する役目を果たします。
費用:100~120万
工事の手順:洗浄の手順の後に下塗り→中塗り→上塗りと塗料の塗布を行います。

外壁のコケの除去・費用まとめ

  • 文字コケが生えたらすぐに塗装したほうがいいですか?

    緊急性があるわけではありません。しかし、コケが生えている状態は塗装が劣化し水が染みこみやすくなっている可能性が高いです。
    放置すると外壁内部が腐食しますので数年内には塗装が必要です。

  • コケは自分で洗浄しても良い?

    外壁に撥水性があるなら、DIYで対応できます。
    撥水性がない場合は既にコケが根を張っている可能性が高いので、業者に依頼するほうが無難です。ご自身で洗浄する場合もハイターなど塩素系漂白剤は使わないようにしましょう。

  • 業者に洗浄を頼むと費用はいくら位かかる?

    一般的な高圧洗浄であれば単価は300円/㎡程です。
    しかし汚水の飛散防止、高所作業の効率化のため足場を設置するケースが多いため施工費自体は4~5万円程ですが、トータルでは20万円前後見て頂いた方が良いでしょう。

外壁のコケは自分で処理できる場合もありますが、多くの場合撥水性の劣化が原因になっていますので一度点検してもらうことをおススメします。

外壁塗装パートナーズでは無料でご相談から点検、見積まで行っています。
業者が不要な場合、点検してもらった上で工事を見送る形でももちろんOKです。

まずは下記のフォームよりお問い合わせ下さい。

マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット
マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット1 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット2 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット3
マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット1 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット2 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット3 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット4 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット5 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット6