外壁のチョーキング(白亜化)で塗装の時期を知る!原因や補修方法を解説

外壁のチョーキング(白亜化)で塗装の時期を知る!原因や補修方法を解説

外壁を触ったら手に白い粉がつく、このような経験はありませんか?
実はこの現象はチョーキング(白亜化)と呼ばれていて外壁のメンテナンスをするサインの1つです。

チョーキングが起きたにも関わらずずっとメンテンスをしなかったり、間違った補修をしてしまうとかえって外壁を傷めてしまいます。
その結果、さらに高い工事費用が必要になってしまいます。

この記事では、チョーキング(白亜化)現象の原因や補修方法、放置しておくとどうなるのかを解説します。

この記事でわかること

  • チョーキングは何が原因で起こるのか?
  • チョーキングを放置しておくと起こること
  • チョーキングの補修方法

外壁のチョーキング(白亜化)現象とは何か?

塗料の構成

外壁を触ったときに着く白い粉の正体は顔料です。

顔料は色付けのために絵の具などにも用いられている素材で、住宅用の塗料にも同じように含まれています。
雨や紫外線によって塗装の表面の膜が壊れ、顔料が粉化して表面に出てくる事でこのチョーキング現象が起こります。

顔料が含まれていないクリアー塗料などチョーキング現象が起こらない塗料もあります。
とはいっても一般的に色付けされている外壁ではほぼ100%起こる現象と言っても良いでしょう。

チョーキングの原因

チョーキングが起こる原因

経年劣化

チョーキングが起こる原因のほとんどが紫外線や風雨による塗料の風化です。

そのため角地で日当たりの良い家や周りに高い建物など日を遮るものがない家では少し早めにチョーキングが起こるケースもあります。
一般的には大体10~12年程でチョーキングが起こる事が多いです。

施工不良

年数が経過していないにもかかわらずチョーキングが起こった場合は施工時のミスも考えられます。

塗料はメーカーの施工手順や希釈率を守ればメーカーの耐用年数内ではチョーキングは怒らないようになっています。
しかし、塗料がきちんと混ざっていなかったり、作業の手順を誤っていたり、乾燥の時間が足りていなかった場合なども塗料の耐用年数よりも早く起こる可能性があります。

外壁のチョーキングをチェックしてみよう

チョーキングの確認箇所

チョーキングが起こる最も大きな要因は紫外線です。

そのため良く陽が当たる外壁の面やベランダ部分の壁などを触ってみると判断しやすいです。
また、手で触れない箇所も外壁の色が昔よりも薄くなっている場合チョーキングが発生している可能性が高いです。

チョーキングで判断する塗装時期

チョーキングが起こってもすぐに雨漏りなど住宅に大きなトラブルが発生するわけではありません。
しかし、塗料の表面の膜が壊れているということは外壁材を保護するための機能がなくなっているということです。

防水の効果や表面の水をはじく撥水の効果もなくなっているため、チョーキングを長らく放置すると表面から水が染みこみます。
すると、外壁にカビや苔汚れが発生しやすくなり、吸収した水が乾燥する際の収縮運動で外壁にヒビが入ってしまいます。

ヒビが入ると塗装の前に修繕が必要になり工事費も高くつきます。
チョーキングが発生したら遅くとも1~2年内の塗装を心がけましょう。

外壁のチョーキングを放置すると起こることは?

外壁のチョーキングを放置することで起こること

  • カビ・苔などの汚れ
  • クラック
  • 雨漏り

上記の通りチョーキングが発生している状態では防水の効果や表面の水をはじく撥水の効果もなくなっているため、壁に水が染みこみやすいです。
そのため雨の際に壁に染みこんだ水が乾燥しにくく、カビや苔汚れの原因になります。

また染みこんだ水の量が多いと乾燥の際に外壁に収縮現象が起こります。
外壁は元々収縮をする前提で作られてはいますが、繰り返しダメージが蓄積することでひび割れが起こりやすくなります。

ひび割れが起こってしまうといよいよそこから水が外壁の内面にまで侵入し雨漏りの原因となります。

チョーキングの補修方法と注意点

チョーキングの対処法と注意点

チョーキングが発生している場合は前回の塗装は既に劣化しているため、再塗装をする必要があります。

また、チョーキング現象が起こっている外壁は表面に粉がついている状態なので、塗装をする前にきちんと処理をしないと、せっかく塗装をしても剥がれやすくなってしまう可能性があります。

チョーキングが発生していない外壁でも同じことが言えます。
しかし、塗装をしっかり持たせるために一番大切なのは、塗料メーカーの指定する工事の手順を守ることです。

高圧洗浄で粉をしっかりと洗い流し、その上から下塗→中塗→上塗りを行いう必要がありあます。

また、きちんと外壁に合った塗料を選ぶこと、メーカー指定の希釈率や乾燥時間を守ることも重要です。
とはいえ、ご自身で判断いただくのは難しい部分になりますので、しっかりと複数の塗装店で相見積もりを取り、各社の説明を聞き比べて判断しましょう。

チョーキング現象が起きた時にやってはいけないこと
・diyで補修する
・粉を起こすためにホースの水とブラシでごしごしする
・お金がかかるからメンテンナンスを後回しにする

まとめ

ここまでチョーキング現象ついて紹介してきました。

  • チョーキングを放置するとカビや苔の繁殖ヒビ割れの原因になる
  • 塗料の顔料が粉化して表面に出てくる事でチョーキング現象が起こる
  • チョーキングが発生したら1-2年以内に塗装を行うようにする

チョーキングを放置しておくと、防水性を失った外壁材に雨水が侵入し内部を腐食させたり、ひび割れを起こして余計に工事費がかかってしまいます。

チョーキングが起こった時点でまずは、専門の業者さんに点検してもらいすぐに塗装をすべきか1-2年後で良いのか判断してもらうのが確実です。

マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット
マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット1 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット2 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット3
マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット1 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット2 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット3 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット4 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット5 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット6