ジョイフル本田に外壁塗装を頼んでもいい?特徴から価格まで評判をレビューします │ 外壁塗装パートナーズ

ジョイフル本田に外壁塗装を頼んでもいい?特徴から価格まで評判をレビューします

ジョイフル本田に外壁塗装を頼んでもいい?特徴から価格まで評判をレビューします

外壁塗装はどの業者に頼んだらいいのか悩みますよね。

特に塗装工事は費用も高額になるので出来れば安く、失敗したくない工事の1つです。

ジョイフル本田に行った際に外壁塗装のお願いもしてみようかなと思うかもしれません。

この記事ではジョイフル本田に外壁塗装をお願いしてもよいのか?という方のために、

年間2000件以上、外壁塗装の相談を受けている外壁塗装パートナーズが解説していきます。

ジョイフル本田に外壁塗装を頼んでもよい?

ジョイフル本田での塗装はあまりおススメをしていません。

ジョイフル本田を含めホームセンターでは工事を下請けの会社にお願いします。

提案や契約まではジョイフル本田の担当さんが対応しますが、その後は提携施工店が対応をすることになります。またジョイフル本田では様々なリフォームを取り扱っていますが、塗装に注力をしているわけではないため、ジョイフル本田しかできない独自の提案などもありません。しかし、中間マージン分の提案費用は高くなります。

つまりジョイフル本田に塗装を依頼する付加価値はあまりなく、施工店に直接見積依頼をした方がお得に塗装ができるのです。

ジョイフル本田での外壁塗装の評判は?悪評はある?

悪い評判と良い評判が入り乱れている状態です。

先に記載した通りジョイフル本田では施工は下請けの会社が行います。
その中には昔からジョイフル本田と付き合いのある老舗の工務店もいれば、規模拡大に伴い新しく工事に入るようになった評判の悪い施工店もいます。また下請けに入っている会社が更に協力店や協力職人に工事を依頼している場合もあります。

一概に評判が悪いわけではありませんが、せっかく高い費用を払って依頼した工事の品質が良い下請けさんに当たるか運によって左右されてしまうというのは嫌ですよね。

ちなみに筆者の実家では過去にジョイフル本田経由で塗装を行いましたが、運悪く良くない工事店さんにあたっていました。
そのため、もう一度塗装を行ってもらったことがあります。

ジョイフル本田での外壁塗装の価格は?

ジョイフル本田 外壁塗装の価格
ジョイフル本田の外壁塗装は特別お得ではありません。

ジョイフル本田のサイトに掲載しているチラシのパック料金を見ると一見安めに見えますが、細かく見るとポイントが2つあります。

1.取り扱い塗料メーカーの施工単価が高くない

掲載チラシを見ると取り扱い塗料は国内3大メーカーの1つエスケー化研のプレミアムシリーズが用いられています。

エスケー化研では平米の設計価格(材料費+下塗り1回、上塗り2回の工事費の想定額)が公開されています。プレミアムシリーズの中で一般的に使われる期待耐用年数が14〜16年のエスケープレミアムシリコンの設計単価は2,050円/㎡です。

チラシのプランではかっこ書きで外壁面積120㎡までの記載があるため、120㎡未満の外壁であれば塗装の工事費自体は25万以下に収まります。パック内に含まれる洗浄や足場の相場が15万〜20万円なことを考えると特別安いわけではありません。

2.予想外壁面積が小さい

上記で記載した通りこのチラシでは施工面積が120㎡までと記載されています。

戸建住宅の平均延床面積は30〜40坪、外壁面積は150㎡前後です。

実際に現地の調査をするとパックのプランよりも施工面積が大きくなる可能性が高いです。

施工面積が増えると金額もプラスの費用がかかるため実際にはチラシの金額よりも高い見積もりになります。

実際に参考価格が掲載されている施工事例を見てみると、外壁屋根の塗装で120万以上の提案が多くみられます。

塗装の相場が100〜120万であることを加味すると特段お得な提案をしているわけではないでしょう。

ジョイフル本田に外壁塗装を頼むメリット

1.販売元が大手上場企業の安心感

株式会社ジョイフル本田は1975年に、生活用品や住宅資材の販売会社として創立し2014年に東証1部上場企業となっています。

上場しているということは信用力の高い企業であり、不祥事を起こせば株価にも直結してしまうためサービスの質は担保されているとも言えます。

2.塗装以外のリフォームにも一括で対応

ジョイフル本田は多岐に渡るリフォームを取り扱っています。
いずれも下請けの会社や取りまとめのリフォーム店への外注になりますが、一括で対応してくれるため複数の業者を自分で探すより手間がかかりません。

特にジョイフル本田はリフォームとは別にガーデン・家庭菜園用品の販売に力を入れているため、カーポートやエクステリアなど庭周りの外構工事を得意としています。

ショールームで実際に体験ができる商品も多いので、店舗が近くにあれば来店してみても良いでしょう。

3.リフォームローンが金利が良心的

ジョイフル本田が提案するリフォームローンがあります。近年は塗装専門店でもローンや分割払いに対応している会社も増えています。
しかし一般的なリフォームローンは金利が2〜5%と高い傾向にあります。ジョイフル本田では無金利で3〜5年のローンを組めるプランがあります。

定期的に設けているキャンペーンのためいつでも絶対に利用できるわけではありませんが、タイミングが合うのであれば他社のローン払いに比べてお得な可能性は高いです。

ローン払いを提案しない小規模な会社さんの方が施工費自体は安い傾向にありますが、分割での支払いをご検討の方の選択肢としては良いでしょう。

4.有資格の職員が在籍

ジョイフル本田ではホームセンターには珍しく建築士やインテリアコーディネーターなど有資格の営業マンが在籍しています。

正確にどの店舗に何の資格を持つ担当者がいるのかは不明ですが、全店舗25店舗なので1店舗あたり10人程いる計算です。外観や塗装のデザインにこだわりをお持ちの方は相談しやすいでしょう。

とはいえ、今は塗装専門店にも塗装技能士、カラーコーディネーター、施工管理士などの資格を持った職人や営業担当者がかなり増えています。

普段から工事に携わる資格を持った職人は知識だけでなく、現場での経験や実際の技術を活かした提案をしてくれるので更に詳しい相談も可能です。

ジョイフル本田に外壁塗装を頼むデメリット

1.対応していない地域がある

特に千葉・茨城では勢力の強いジョイフル本田ですが、エリアによっては近くの店舗がなく対応ができない場合があります。

距離が離れ高速を利用しないと来れない・片道1時間以上かかる等の条件が追加されると交通費も諸経費として見積に加算されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、下請けに入る会社も関係性の深くない業者になってしまう可能性もあります。

2.下請けの会社がどこか分からない

施主は下請けの会社を選べません。契約を結んだあとは提携会社が現地での対応を行います。

塗装店選びは提案内容だけでなく、会社との相性も重要なポイントです。営業さんの対応が良くても下請けの会社には細かい要望やニュアンスが伝わっていないということはよくあります。

工事に来た会社さんの態度があまり良くない、営業さんと言っている事が違う等現地でトラブルにならないように比較をして信頼できる会社にお願いしましょう。

3.金額が高くなりやすい

最終的には高い提案が多いです。ジョイフル本田に限った事ではありませんが、最初に記載した通りホームセンターでは提携業者に工事を依頼をします。リフォームは間に入る会社が多くなるほど費用が高くなります。
中には施工費の30〜40%をマージンとして取っているホームセンターもあります。本来100万でできる工事が内容が140万の提案になっては勿体ないですよね。
自宅の塗装にかかる費用の相場を知るためにも、自社で見積から施工まで専門店で見積をお願いし、比較をしましょう。

外壁塗装はコーナン以外の業者でもできる

ジョイフル本田は関東圏で知名度のあるホームセンターです。

しかし、ジョイフル本田は外壁塗装工事の依頼先と実際に施工を行う業者が違うために意見の食い違いや、料金が高くなりがちです。

大手に依頼するよりは自社施工を行っている塗装店に依頼した方が同じ質でも安く抑えることができます。

ただ自分で塗装店探しや評判がいい塗装店なのかどうか見極めるのは難しいですよね。

外壁塗装パートナーズではあなたの地域で「評判の良い塗装店のみ」を最大5社ご紹介しています。

相見積もりも同時にできるので比較してよりお得な価格で外壁塗装を行うことができます。

無料でご利用できますので、話を聞いた上で塗装をお見送りする判断をしても構いません。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット
マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット1 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット2 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット3
マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット1 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット2 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット3 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット4 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット5 マンガ外壁塗装パートナーズを使うメリット6