ガラスコーティングって効果がありますか?

Q
ガラスコーティングって効果がありますか?
A
効果はありますかが、失敗するとメンテナンスコストばかりがかさむことになります。
回答者
山崎桂司

ガラスコーティングを施したとしても定期的にメンテナンスを施す必要がでてきます。

特に、現在主流の外壁材であるサイディングボードに対してはガラスコーティングを施しても、コーキングのメンテナンスは定期的に行わなくてはなりません。

ガラスコーティングは20年30年持つと謳われており、
強力なコーティングを施していれば今後も安泰だと考えがちですがそうではありません。

コーティング部分、すなわち表面は劣化しにくいですが、
シーリングの天敵である紫外線は表面のコーティング部分を通り抜け、シーリングにダメージを与えます。

一般的にシーリング部分の寿命は10年前後と言われておりますので、
10年に一度足場を組み立てシーリング工事を行う必要が出てきます。

ガラスコーティングを施したとしても定期的なメンテナンスは必要になってきます。
劣化のタイミングで都度メンテナンスコストも無駄に発生してしまます。

余談にはなりますが、ガラスコーティングは「耐久年数が高い」
「汚れにくい(落書きや張り紙対策にも効果あり)」「人体に影響がない」「燃えにくい」といった特徴から、
主に公共施設などの人が多く集まるところに施工されます。

一般住宅にも施工はできますが、正直、そこまで普及はしておりません。

また、次回の塗装時には大掛かりな下地処理や選べる塗料にも限りがでてきます。
今後の塗装スケジュールも考え、ご検討して頂く事が必要です。