外壁塗装のコーキングは増し打ち?打ち替え?

外壁塗装のコーキングは増し打ち?打ち替え?

コーキングの打ち替えと増し打ちの比較

外壁塗装を検討するとき、同時に考えるのがコーキングの処理です。
コーキングを一度全て外して新たに施工する「打ち替え」と既存のコーキングを補修する「増し打ち」のどちらが良いのでしょうか?

コーキングの打ち替えと増し打ちの比較
工法 品質面 コスト面 詳細
打ち替え 現在のコーキングをすべてはがした上で打ちなおすため手間がかかる。
コーキングが新調されるため防水効果は十分高くなる。
増し打ち コーキングをはがす工程がない上、使用するコーキング剤も少ない。
コストは安くなるが、増し打ちを行う条件が限られる。

どうしてコーキングが必要なのか

サイディングには必ずコーキングがあります。

サイディングは温度が高くなると膨張し、温度が低くなると収縮する特性があります。
そのためサイディングばかりを並べてしまうと、収縮した時にサイディングとサイディングの間にすき間ができてしまい、そこから壁内へ雨水が入ってきてしまいます。

膨張収縮の緩衝材になり、かつ雨水の侵入を防ぐことがコーキング剤の役割なのです。

コーキングについての詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

コーキングは原則打ち替えが良い

コーキングは原則、外壁塗装の際に打ち替えを行うことが理想的です。

コーキングは耐久性が約7年と、一般的に使われるシリコン塗料の約10年と比べると短いです。
つまり外壁の塗装が必要になる時期には既にコーキングの劣化が進み、ヒビ割れや肉やせなど交換のサインが出ていることが多いです。

条件が揃えば低コストの増し打ちも選択可

増し打ちは、打ち替えに比べて工程が少なく、使うコーキング剤の量も少なくて済むためコストは安くなります。

ですが、増し打ちでも品質を担保するための条件があります。

  1. 既存のコーキングにヒビ割れが無い
  2. サイディングの厚さが15mm以上ある

1.既存のコーキングにヒビ割れが無い

既存のコーキングがすでにヒビ割れがでるほど劣化して硬くなっている場合は、増し打ちはできません。
既存のコーキング剤の効果が無い状態ですので、打ち替えが必要です。
コーキングの上から塗料やコーキングカバーが塗ってある場合は、コーキングの劣化が進みづらいと言われています。

2.サイディングの厚さが15mm以上ある

コーキングが本来の役割を発揮するためには、最低でも10mm以上の施工をコーキングメーカーが推奨しています。

目地深さの算定

図 ワーキングジョイントの目地深さDの許容範囲
図 目地深さDの寸法のとり方

目地深さ(シーリング材の厚さ)は目地幅との関係〈形状係数D/W〉と実用上の必要接着面積から決定し、図にある許容範囲内に納まるように設定する。

目地の設計|建築用シーリング材|セメダイン株式会社

目地にはコーキングの柔軟性を担保するために必ずバックアップ材を入れますが、バックアップ剤の厚みが約5mm有りますので、7mm程度しかコーキングが載せられません。

打ち替え

上の画像のようにサンディング厚が12mmの場合、新しいコーキングが2mmしか施工できません。
これでは十分な耐久性が獲られませんので必ず打ち直しになります。

この場合はコーキングを全て打ち替えると7mmでメーカー推奨の10mmには足りませんが、これが12mm厚のサイディングで施工できる精一杯です。

増し打ち

一方、サイディング厚が15mmあれば、古いコーキングと新しいコーキングがそれぞれ5mm以上確保できるので、増し打ちで対応できます。

一般的なサイディングの厚さですが、最近のサイディングは厚さが14mm以上、一昔前のサイディングは12mm以下という傾向があります。
見積書の打ち直し、増し打ちの項目と同時に、ご自宅のサイディング厚についても工事会社に確認してみて下さい。

窓枠は増し打ちの方が良いケースもある

窓枠の周囲にもコーキングが施されていますが、構造上の問題でコーキングをすべて除去することが難しい場合があります。

コーキングをすべて除去するのが難しい場合は、劣化している分だけを取り除き、その上からコーキングを増し打ちします。

まとめ

増し打ちをするから悪徳業者ということはありませんが、本来増し打ちできない部分を増し打ちにすることで安く提案してくる業者は残念ながら存在します。
なぜ打ち替えになるのか、なぜ増し打ちになるのかをしっかりと説明して頂き、複数業者で比較することで本当に必要な塗装が見えてきます。