外壁塗装をローンで実施!安くする秘訣&覚えておきたい注意点まとめ

外壁塗装をローンで実施!安くする秘訣&覚えておきたい注意点まとめ

「近所の家が外壁塗装をしていたけど、そろそろうちもするべきかな?」「でも、外壁塗装をする余裕なんて今はない…」とお悩みではありませんか?
そんな時は、ローンを組んで外壁塗装を行うのがおすすめです。
ローンを組むと利子を支払う必要が出てきますが、外壁塗装を先延ばしにしているとそれ以上の支払いが必要になるかもしれません。

こちらの記事では、外壁塗装とローンにまつわる情報を総合的にまとめています。
外壁塗装を安く抑える秘訣や、ローンを組む際に覚えておきたい注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ外壁塗装は高いの?

そもそもなぜ外壁塗装の工事には数十〜百数十万円の費用が必要になるのかというと、「足場を組まなければならないから」という理由があります。
平家よりも2階建住宅のほうが一般的である現代において、外壁塗装時に足場を組むことは必須。
さらに、職人を雇う人件費や塗料の費用(これも意外とかかります)、そのほか高圧洗浄の費用など、外壁塗装の見積もりには省略できない必要な項目ばかりが並んでいます。
だからこそ、値切りには対応してくれないケースも多くなっています。

いつ払う?外壁塗装の費用を支払うタイミングとは

施工を検討している方にとって気になるのは、外壁塗装の費用をどのタイミングで支払うのかという点です。
これについては施工業者によっても変わってきますが、2〜3回の分割払いや施工後の一括払いが一般的です。

2回の分割払いなら施工前と施工後に1回ずつ、そして3回払いであれば施工前、施工中、施工後の3回となります。
前金が必要な理由は、材料や足場の調達に費用がかかるからです。
資金に余裕のある施工業者なら、後払い一括になるケースもあります。
ちなみに、前払い一括の支払い方法はリスクが高いので注意しましょう。
悪質な業者だと「先に費用だけ受け取ってトンズラ」ということもあり得ます。
費用の一部または全部を前金で支払う際は、どうして前金が必要になるのかを担当者に確認するようにしましょう。

外壁塗装はローンでの支払いが可能

初めて外壁塗装を検討する方は、思ったより工事費用がかかることに驚いてしまいますよね。
数十万〜百数十万円の費用が必要になりますから、ポンと支払うのは難しい場合がほとんど。
そんな時に検討したいのが、外壁塗装をローンで支払うという選択肢です。
日本人はローンを組むことに抵抗のある方も多いですが、賢く活用すればローンは家計の強い味方になってくれる存在です。

ローンで支払うメリット

外壁塗装の費用をローンで支払うメリットは、まとまった現金がなくてもすぐに依頼できる点にあります。
外壁塗装は住宅の見た目を整える目的だけではなく、防水性能を維持するためのメンテナンスという意味でも必要な工事。
そのため、貯金が貯まるまで待ってから施工をしていては遅いケースもあります。
愛着のあるマイホームへ長きにわたり住み続けるためにも、適切なタイミングで外壁塗装をすることが大切です。

ローンで支払うデメリット

一方、ローンで支払うデメリットとしては利子がかかる点が挙げられます。
自分が住む住宅を塗り替えるためのローンであれば、比較的低金利で借りられるケースが多いです。
とはいえ、全く利子がかからない訳ではありませんので、やはりこれはデメリットです。

しかし、仮に貯金が貯まるまで外壁塗装を後回しにすると、劣化が激しくなり大規模な補修やリフォームが必要になる可能性もあります。
そうなれば利子以上の費用がかかることは必至ですので、多少の利子を支払ってでもローンを借りた方が長期的には安く収まるケースがあります。
必ず、長期的な目線で判断するようにしましょう。

また、外壁塗装をローンで支払うデメリットとして「借入総額が大きくなる」ことも忘れてはいけません。
住宅ローンや車のローンが残っている方なら、外壁塗装のローンを組むことで借入総額が大きくなってしまいます。
例えば将来、子供の学費を払うためにローンを組みたくても、借入総額が大きすぎると組めないケースがあります。
外壁塗装に限らず、ローンを組む際には計画的に利用することが大切です。

最適なローンの選び方

「外壁の汚れや劣化もひどいし、ローンを組んで外壁塗装をしよう!」と決意したあなたに、最適なローンの選び方をお伝えします。
いくつかの例を挙げて紹介していきますので、参考にしてみてください。

住宅ローンが残っている場合

もし新築や中古住宅購入時の住宅ローンが残っているのであれば、まずは住宅ローンを借りた金融機関へ相談してみましょう。
一度審査に通った実績があるので、外壁塗装ローンも審査に通りやすい場合があります。
なにより、同じ金融機関でローンをまとめる方がスッキリしてわかりやすいものです。

ただし、現在借りている住宅ローンの金利が高いと感じている場合は、他の金融機関を検討してみるといいでしょう。
もし他の金融機関で外壁塗装のローンを組むのであれば、住宅ローンの借り換えがおすすめ。
より低金利な金融機関へ借り換えることができれば、利子の支払い額も少なくなります。
住宅ローン借り換えについては少し話題が逸れてしまうのでこの記事では省略しますが、興味のある方は調べてみてくださいね。

住宅ローンを完済済み・借りていない場合

もし住宅ローンを完済済みであったり、そもそも借り入れることなく購入した場合は、どの金融機関を選んでも構いません。
ただし注意したいのは、ローンを組む際には金利の低さだけで選んではいけない点です。
確かに金利が低ければ支払い総額は少なくなりますが、変動金利を選んで金利が上昇すると「結果的には固定金利の方が支払い総額は少なかった」というケースもあり得ます。

また、あなたがサラリーマンであれば、勤め先の企業が金融機関と提携していることがあります。
企業が金融機関と提携していれば「給与振込口座のある金融機関でローンを組むと金利が安くなる」という特典がある可能性があるため、他のローンよりお得に組めるかもしれません。

無担保と有担保どっちがおすすめ?

外壁塗装の支払いにローンを組もうと考えた際、無担保と有担保の選択肢があります。
これらはどのように選べばいいかというと、金利の低さか審査の通りやすさかどちらを重視するかで変わってきます。
無担保ローンは審査に通りやすい上、有担保よりも手続きが簡単です。
そのため、審査に通るか自信のない方や面倒な手続きをしたくない方は無担保ローンを選ぶといいでしょう。

一方、有担保ローンは担保があるぶん無担保よりも金利は低くなります。
審査のハードルは無担保よりも高くなりますが、家を買う時にローンに通った方なら再び審査に通る可能性は高いので、有担保ローンがおすすめです。
ただし、借入総額が大きいと、過去に住宅ローンの審査に通っていても今回は落ちてしまう場合があるので注意。

リフォームローンと住宅ローンの違い

ローンを検討し始めると、リフォームローンや住宅ローンなど様々な商品があり混乱してしまうかもしれません。
しかし、これらは金融機関が定めた名称であるため、あまり気にする必要はないです。
あくまで金利や借入条件でローンを選ぶようにしましょう。

ローンの金利とは?

ローンとは切っても切れない関係にあるのが金利です。
そもそも金利とは、ローンを借りた際に支払う手数料のような費用。金利が高くなればなるほど、返済額は大きくなってしまいます。
一般的に、審査に通りやすいローンや、借入期間が長くなる方が金利は高くなる傾向にあります。

金利には、大きく分けると2種類が存在しています。
それは「固定金利」と「変動金利」です。固定金利とは、借入時に完済までの金利が決定するタイプ。
一方、変動金利は一定期間ごとに金利が見直され、完済までに変動する可能性があるタイプです。

固定金利にはずっと金利が変わらない安心感があるものの、変動金利と比べると金利は高め。
変動金利は金利上昇により支払い総額が増えるリスクがありますが、固定金利より借入時の金利は低くなります。
どちらを選ぶべきかは、借主の生活環境や経済状況によって変わってきます。

補助金や控除を賢く活用

まとまった費用が必要になる外壁塗装。
できれば、少しでも安く抑えたいものです。
実は外壁塗装は、ちょっと工夫するだけで数十万円程度の費用を安くできる場合があります。

自治体の補助金・助成金

外壁塗装を安く抑えるためにまずチェックしたいのが、自治体が提供する補助金や助成金です。
お住まいの自治体によっても内容は変わってきますが、省エネ性能を高める外壁塗装をする場合に補助金や助成金を受けられるケースが多いです。

例えば、断熱塗料や遮熱塗料を使って外壁塗装をすると冷暖房効率が向上するので、二酸化炭素の削減になります。
また、性能の高い長持ちする塗料を使った場合、コストパフォーマンスに優れた優良住宅として優遇されるケースもあります。

補助金や助成金の内容は年度によっても変わってくるので、お住まいの自治体のホームページで確認してみるといいでしょう。
調べてもよくわからない場合は、お手伝いをさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

住宅ローン減税(控除)

次に紹介する外壁塗装を安く抑える方法は、住宅ローン減税(控除)を利用するものです。
家を建てる際に住宅ローン減税(控除)を利用した方がいらっしゃるかもしれません。
あの制度は、実は外壁塗装をするためにローンを組んだ場合であっても利用可能です。

知らない方のために説明すると、住宅ローン減税(控除)とは年末の住宅ローン残高の1%が税金から控除される制度のことです。
新築時に住宅ローン減税を受けている人でも、条件を満たせば併用できるので安心してください。

以下より、外壁塗装で住宅ローン減税(控除)を受けるための代表的な条件を紹介します。

自分が住む家であること

1つ目の条件は、住宅ローン減税(控除)を申請する人自身がその家に住むことです。
例えば、離れて暮らす息子の家の外壁塗装を負担した場合や、セカンドハウスの外壁塗装などは住宅ローン減税(控除)の対象にはなりません。

工事費用が100万円以上になること

外壁塗装で住宅ローン減税(控除)を受ける際には、これが最も重要な条件です。
外壁塗装にかかる費用が100万円以上でなければ、住宅ローン減税(控除)は受けられません。
もし見積もりの結果がギリギリ100万円に満たない程度なら、塗料のグレードを上げることで費用を引き上げることが可能です。

ローンを借りる期間が10年以上であること

原則として、10年未満のローンを借りる場合は住宅ローン減税(控除)の対象になりません。

年間所得額が3,000万円以下であること

住宅ローン減税(控除)は、所得が低い方を支援するための制度です。
そのため、年間所得額が3,000万円を超えるほどの高収入な方は控除の対象から外れてしまいます。
この際注意したいのは、3,000万円というのは給与所得だけではなく不動産所得なども全て合計した金額である点です。

建物の床面積が50㎡以上であり、床面積の半分以上が居住用であること

外壁塗装で住宅ローン減税(控除)を受けたい場合は、ご自宅の床面積を確認しましょう。
床面積が50㎡に満たない場合は、控除の対象にはなりません。
また、床面積の半分以上が居住用になっていることも重要です。
例えば、賃貸併用住宅や店舗併用住宅の場合は賃貸用や店舗用の床面積に注意です。

まとめ

いかがでしたか。
ローンを組んで外壁塗装をする際に覚えておきたいポイントを紹介しました。
まとまった現金を用意できないのであれば、ローンを組んで外壁塗装をするのがおすすめ。
その理由は、必要なタイミングで外壁塗装をしなければ住宅が急激に劣化し、塗装以上の工事が必要になる可能性があるからです。
自治体が提供する補助金・助成金や、住宅ローン減税(控除)の制度を活用すればお得に外壁塗装ができるので、賢く活用しましょう。

まだ住宅購入時の住宅ローンが残っている方は、同じ金融機関で借りるかどうかを検討してみるのがおすすめ。
もし金利が高いと感じているのなら、丸ごと借り換える手もあります。
無担保・有担保や固定金利・変動金利など、外壁塗装のローンには様々な選択肢が存在しています。
どのローンが最適かはあなたの置かれている状況によって異なりますが、適したローンを選ばなければ将来の家計が厳しくなる可能性もあります。
「どのローンを選べばいいかわからない」「補助金を利用したいけどよくわからない」とお悩みの方は、お気軽に外壁塗装パートナーズへご相談ください。