【PALC外壁編】ミサワホームで建てた家の外壁塗装は、ミサワホームに頼むべきか?

【PALC外壁編】ミサワホームで建てた家の外壁塗装は、ミサワホームに頼むべきか?

ミサワホームからPALCの塗装の提案を受けた

ミサワホームは多くのシリーズを販売しておりますが、外壁材が現在の新築住宅で主流のサイディングではなく、ミサワホームオリジナルのPALC外壁というものを使用しているシリーズがあります。

そして多くのハウスメーカーと同様に定期検査の際に、そろそろ外壁塗装をしなければならないという指摘という名の営業を受けることになり、当然のことながら以下のような相談が多くなります。

ミサワホームから塗り替えの提案を受けたが、かなり高額だと思うので、個別に塗装店にお願いしたいです。でもミサワホームでPALC外壁の家なので、やはりミサワホームでしか塗装やメンテナンスはできないのでしょうか?

現在の新築住宅の外壁は、かつての主流だったモルタル仕上げからサイディングに移行し、そのシェアは8割以上と言われています。
外壁塗装のことを調べても、サイディングやモルタルの外壁に塗る事を前提の話ばかりなので、そのように思われてしまうのかもしれませんが、決してそのような事はありません。

わざわざ高額なミサワホームに頼まなくても対応可能です。

PALC外壁とはどのようなものか

ではそもそもPALC外壁とは何かという事ですが、これはPrecastable Autoclaved Lightweight Ceramicsの頭文字をとったものです。

一番最初のPrecastableはプレキャストに適したという意味です。プレキャストはコンクリートに使う言葉で、成形済みの、事前に成形されたという意味で、残りのALCはまさしく軽量のコンクリートです。

ALCはへーベルハウスが使用している事で有名な外壁材ですが、ミサワホームのPALCも基本構造的にはALCと同じです。

外壁がALCの方の注意点その1
防水性がない

ALCはモルタルやサイディングと材料的には大きな違いがありません。

結果として、モルタルやサイディングと同じように、ALCもそれ自体に防水性がありません。

他の外壁と同じで、仕上げの塗装によってその防水性を保っています。

ですのでALC自体の耐久性が高くても、塗装の耐久性はそこまで長くありません。

塗り替えのタイミングを誤ると、せっかくの耐久性の長さが失われてしまう事になるので、塗り替えタイミングを非常に注意しておかなければならない外壁材である事を知っておいて頂きたいです。

外壁がALCの方の注意点その2
目地のコーキングは劣化する

ALCはサイディングと同様に、パネルを現場で貼り合わせて施工します。

そしてサイディングボードよりもさらにその幅が狭いので、そのパネルとパネルの隙間を埋めるコーキング箇所が多くなります。

AlCパネル/アートミュール 

AlCパネル/アートミュール | 旭化成建材株式会社

コーキングも塗装と同様に、ALCほどの耐久性は到底ありません。
コーキングの切れや剥がれからALCボードに雨水が侵入すれば、防水性のないALCはその特徴である耐久性を維持できません。

ALCパネルは構造上、内部にモルタルのラス網のような、鉄筋メタルラスが組みこまれています。

alcに組み込まれたラス網

AlCパネルの安全性より | ALC協会

ALCの目地のコーキングに入ったクラック(ひび割れ)を放置しておくと、吸水性の良さから雨水をどんどん吸い込み、内部の鉄筋が錆びていってしまいます。

錆びた鉄筋は膨張し、さらに周囲のALCを壊してしまいます。

ALCは強いですが、塗装とコーキングによって守られてこそ、その強さを維持できるものなのです。

ですからミサワホームの点検システムも5年ごとに外壁塗装とコーキングをチェックする体制になっています。

ミサワホームの保証制度

ミサワホームはオリジナル塗料がない

リフォーム産業新聞が毎年発表しているリフォーム会社の全国売上ランキングの上位は、全てハウスメーカーのグループリフォーム会社達です。
住宅リフォーム売上ランキング2017より | リフォーム産業新聞

それほど、ハウスメーカーにとってリフォームというのは、ただ新築の家を受注する事以上に大事な経営基盤となっています。

どの会社も相場に比べれば圧倒的に金額が高いことは、昔と違いインターネットがこれだけ普及している時代では少し調べれば気づかれてしまいます。

それでも、住友林業や積水ハウスなどはハウスメーカーオリジナル塗料を開発し、地場の塗装店に直接発注されないようにする仕組みを考えていたりします。

ただミサワホームは特段オリジナル塗料は開発していませんので、その点でも個別に塗装店にお願いすることに支障はありません。


まとめ

長々と書いてきましたが、PALCの強さは疑いようがありませんが、その強さを維持するためには適切なメンテナンス(塗装とコーキング)が欠かせません。

その適切な時期を知らせてくれる、ミサワホームの10年目、15年目、20年目の無料点検は有り難いサービスだと思います。

その際に外壁塗装とコーキングのやり直しが必要と判断された場合には、是非一度比較として、個別の塗装店からも見積もりをとってみる事をお勧め致します。

その方が、最終的にそのままミサワホームさんにお願いする事になったとしても納得のいくお買い物になると思います。

塗装業者の選び方については、以下の記事でも詳しく紹介していますのでご覧ください。