【PALC外壁編】ミサワホームで建てた家の外壁塗装は、ミサワホームに頼むべきか?

【PALC外壁編】ミサワホームで建てた家の外壁塗装は、ミサワホームに頼むべきか?

ミサワホームからPALCの塗装の提案を受けた

ミサワホームは多くのシリーズを販売しておりますが、外壁材が現在の新築住宅で主流のサイディングではなく、ミサワホームオリジナルのPALC外壁というものを使用しているシリーズがあります。

そして多くのハウスメーカーと同様に定期検査の際に、そろそろ外壁塗装をしなければならないという指摘という名の営業を受けることになり、当然のことながら以下のような相談が多くなります。

ミサワホームから塗り替えの提案を受けたが、かなり高額だと思うので、個別に塗装店にお願いしたいです。でもミサワホームでPALC外壁の家なので、やはりミサワホームでしか塗装やメンテナンスはできないのでしょうか?

現在の新築住宅の外壁は、かつての主流だったモルタル仕上げからサイディングに移行し、そのシェアは8割以上と言われています。
外壁塗装のことを調べても、サイディングやモルタルの外壁に塗る事を前提の話ばかりなので、そのように思われてしまうのかもしれませんが、決してそのような事はありません。

わざわざ高額なミサワホームに頼まなくても対応可能です。

PALC外壁とはどのようなものか

ではそもそもPALC外壁とは何かという事ですが、これはPrecastable Autoclaved Lightweight Ceramicsの頭文字をとったものです。

一番最初のPrecastableはプレキャストに適したという意味です。プレキャストはコンクリートに使う言葉で、成形済みの、事前に成形されたという意味で、残りのALCはまさしく軽量のコンクリートです。

ALCはへーベルハウスが使用している事で有名な外壁材ですが、ミサワホームのPALCも基本構造的にはALCと同じです。

外壁がALCの方の注意点その1
防水性がない

ALCはモルタルやサイディングと材料的には大きな違いがありません。

結果として、モルタルやサイディングと同じように、ALCもそれ自体に防水性がありません。

他の外壁と同じで、仕上げの塗装によってその防水性を保っています。

ですのでALC自体の耐久性が高くても、塗装の耐久性はそこまで長くありません。

塗り替えのタイミングを誤ると、せっかくの耐久性の長さが失われてしまう事になるので、塗り替えタイミングを非常に注意しておかなければならない外壁材である事を知っておいて頂きたいです。

外壁がALCの方の注意点その2
目地のコーキングは劣化する

ALCはサイディングと同様に、パネルを現場で貼り合わせて施工します。

そしてサイディングボードよりもさらにその幅が狭いので、そのパネルとパネルの隙間を埋めるコーキング箇所が多くなります。

AlCパネル/アートミュール 

AlCパネル/アートミュール | 旭化成建材株式会社

コーキングも塗装と同様に、ALCほどの耐久性は到底ありません。
コーキングの切れや剥がれからALCボードに雨水が侵入すれば、防水性のないALCはその特徴である耐久性を維持できません。

ALCパネルは構造上、内部にモルタルのラス網のような、鉄筋メタルラスが組みこまれています。

alcに組み込まれたラス網

AlCパネルの安全性より | ALC協会

ALCの目地のコーキングに入ったクラック(ひび割れ)を放置しておくと、吸水性の良さから雨水をどんどん吸い込み、内部の鉄筋が錆びていってしまいます。

錆びた鉄筋は膨張し、さらに周囲のALCを壊してしまいます。

ALCは強いですが、塗装とコーキングによって守られてこそ、その強さを維持できるものなのです。

ですからミサワホームの点検システムも5年ごとに外壁塗装とコーキングをチェックする体制になっています。

ミサワホームの保証制度

ミサワホームはオリジナル塗料がない

リフォーム産業新聞が毎年発表しているリフォーム会社の全国売上ランキングの上位は、全てハウスメーカーのグループリフォーム会社達です。
住宅リフォーム売上ランキング2017より | リフォーム産業新聞

それほど、ハウスメーカーにとってリフォームというのは、ただ新築の家を受注する事以上に大事な経営基盤となっています。

どの会社も相場に比べれば圧倒的に金額が高いことは、昔と違いインターネットがこれだけ普及している時代では少し調べれば気づかれてしまいます。

それでも、住友林業や積水ハウスなどはハウスメーカーオリジナル塗料を開発し、地場の塗装店に直接発注されないようにする仕組みを考えていたりします。

ただミサワホームは特段オリジナル塗料は開発していませんので、その点でも個別に塗装店にお願いすることに支障はありません。

まとめ

長々と書いてきましたが、PALCの強さは疑いようがありませんが、その強さを維持するためには適切なメンテナンス(塗装とコーキング)が欠かせません。

その適切な時期を知らせてくれる、ミサワホームの10年目、15年目、20年目の無料点検は有り難いサービスだと思います。

その際に外壁塗装とコーキングのやり直しが必要と判断された場合には、是非一度比較として、個別の塗装店からも見積もりをとってみる事をお勧め致します。

その方が、最終的にそのままミサワホームさんにお願いする事になったとしても納得のいくお買い物になると思います。

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須
また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須
プロの塗装業者が加盟する
外壁塗装パートナーズ
選りすぐりの屋根・外壁塗装業者をご紹介するサービスです。
メリット1

コケ・カビの
徹底除去

外壁にこびついた頑固な汚れ(カビ・コケ・雨だれの跡)を高圧洗浄機で徹底的に除去します。

メリット2

新築のような
出来上がり

外壁塗装で、家を新築のように元通りにすることや新しいデザインにチェンジすることもできます。

メリット3

自社施工だから
低価格

当社に加盟している塗装店は全て自社施工なので、安心価格で外壁塗装ができます。

目次

ハウスメーカーの塗装リフォームは高い?

ハウスメーカーの陰謀

ハウスメーカーは、そのほとんどが子会社にリフォーム会社メンテナンス会社を抱えており、戸建て購入から10年15年20年などのタイミングでメンテナンスの提案をしてきます。

その際オリジナル塗料保証期間の延長特別補修など魅力的なワードをチラつかせながら、メンテナンス契約を迫ってきます。

ただ、とにかく高いのが難点です。

外壁塗装パートナーズでは、いくつかの理由からメンテナンス、特に外壁塗装、屋根塗装はハウスメーカーに依頼をするのはお勧めしない、というスタンスを取っています。

おすすめしない理由その1
ハウスメーカーのオリジナル塗料

オリジナル塗料はほとんどOEM

ハウスメーカーに外壁塗装を頼んだら、明らかに高いのはわかっているものの、ハウスメーカーのオリジナル塗料なので、外部に頼むのをやめるという方が多数いらっしゃいます。

オリジナル塗料と言われてしまうと、相見積もりがとれません。
健全な競争が成り立ちませんので、必然的に金額は高止まりしてしまいます。

では渋々、ハウスメーカーに頼まなければならないのでしょうか?

実はそんな事はありません。

ハウスメーカーのオリジナル塗料と言っても、製造しているのは一般的な塗料メーカーです。

そしてハウスメーカーのオリジナル塗料というのは、何かしらの塗料に、少しだけ手を加えたものがほとんどです。

ほぼ類似している塗料や、現塗料の風合いを活かした状態にできる塗料もあります。

つまり、塗料メーカーが出している塗料と機能的にはほとんど変わりません。

おすすめしない理由その2
10年以上の延長保証

新築時の外壁の風合いを保ちたいという欲はそれほどないので、オリジナル塗料はどうでもいいが、ハウスメーカーに外壁塗装を含んだメンテナンスを頼まないと延長保証を受けることができないと悩まれる方もたくさんいらっしゃいます。

延長保証の条件と言われてしまうと、当然相見積もりにはなりません。そして金額は高止まりしてしまいます。

では保証のためには、高額のハウスメーカーのメンテナンスを受けなければならないのでしょうか?

これについても、そうは思いません。

大手のハウスメーカーも地場の工務店も、現在は10年間の保証をしなければなりません。

ハウスメーカーはこの保証を延長するというのですが、その保証範囲は以下の2点です。

木造住宅の戸建ての例

  1. 構造体力上主要な部分

  2. 雨水の侵入を防止する部分

では大手ハウスメーカーはこの2つの部分において、今後何かしら問題を起こすような家を建てているのでしょうか?

そのような事が起きないように、そもそも新築時に高額のハウスメーカーを選んだのではないでしょうか?

おすすめしない理由その3
外壁塗装以外の特別補修

ハウスメーカーのメンテナンスは塗り替えをメインとして、ベランダの防水工事白アリ対策の防蟻工事などが付いてきます。

ベランダの防水工事も防蟻工事もはじめてなので、そもそも相場がわからないところに、セットで見積金額が出されるので、それが如何に高額でも比較のしようがなくなってしまい、仕方ないと頼んでしまいたくなるようです。

やはりハウスメーカーに頼んだ方が良いのでしょうか?

これこそより高額になってしまう理由ですので、別に頼んだ方が良いと考えます。

防水工事は防水屋さん、防蟻工事は防蟻工事屋さんがそれぞれ担当します。

もちろん塗装は塗装屋さんです。
それぞれの工事に、ハウスメーカーの利益分が上乗せされるのです。

ハウスメーカーをおすすめしない1番の理由

外壁塗装がいくら高くても、それにお客様が納得されてお願いをしているのであれば、特段何も問題はありません。

私達が、ハウスメーカーに外壁塗装を頼まない方が良いと思っている一番の理由は、実は金額が高すぎる事ではありません。

一番の理由は、塗装工事の質が悪くなるリスクが非常に高いからです。

通常塗装店は塗料を自分たちで仕入れますが、ハウスメーカーの仕事の場合ほとんどが塗料はハウスメーカーから支給され、工賃だけ支払われる形です。

ハウスメーカーから支払われる工賃があまりに安いため、まともに仕事をしていると生活がままならないというレベルだったりするのです。

塗料の仕入れまで含めての代金であれば、仕入れ交渉を頑張って少しでも安く仕入れたりなどもできますが、それすらできないため、実際に聞いた話では3缶支給された塗料のうち薄く塗って2缶で済ませ、1缶を転売するなどして生計を立てていたりするそうです。

当然このような行為は犯罪行為です。

そしてそれほどに追い詰められた仕事は請けなければ良いのではとも思いますが、自分でお客様を見付けることができない塗装職人は、それでも仕事を請けないと生活できないという状態に追い込まれてしまいます。

ハウスメーカーと工務店は違う

ハウスメーカーと工務店で明確な言葉の定義の違いはありませんが、いわゆる大手ハウスメーカーと地場の工務店では、金額が高いという共通点はあるものの、構造が違うため工務店では上のリスクは低くなります。

金額が高いという点はさほど差はないのですが、塗装店が自ら出した見積もりが起点となっているので、手を抜こうという動機は発生しません。

外壁塗装は専門の塗装店に頼むのが一番

ハウスメーカーに、塗装職人は在籍していません。

ハウスメーカーに頼んでも頼まなくても、結局実際に塗装をするのは、どこかの塗装店です。

上に書いた理由から、決してハウスメーカーが依頼している塗装店がクオリティの高い塗装店という事はありません。

そうなると如何に良い塗装店を探すかという事が次の課題になります。

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

これだけは知っておきたい!

外壁塗装の身近によくある

3つの

これだけは知っておきたい!
外壁塗装の身近によくある3つの

わが家がそろそろ外壁塗装をする時期だと考え始める際、決まって以下の3つが気になってきます。

第1の罠

外壁塗装の
チラシ

第2の罠

訪問販売の
営業マン

第3の罠

ご近所の
塗装工事

それもそのはずで、チラシや営業、ご近所の状況などは外壁塗装を検討する方にとって、塗装業者を決める上で一番身近で手軽な検討材料だからです。

しかし、これらの検討材料で塗装業者を安易に決めてしまうと、「思ったよりも価格が安くない」、「塗装業者がちゃんと工事をやってくれない」などといった想定外のことが起こります。

以下より外壁塗装の身近によくある3つの罠について、詳しくご説明していきます。

外壁塗装の第1の罠
外壁塗装のチラシの値段プラス40万円以上かかる?

外壁塗装のチラシに潜む罠

最近よくポストに入っているチラシ。

外壁塗装の営業は、外壁が劣化している家に絞って、ポスティングをしています。
しかし、ポストに入っているチラシ表示されている価格は、往々にして安くされています。

「ご近所さんから聞いていた値段より随分安いし、見積もりはこの塗装店だけでいいや」と考えるのは非常に危険です。

なぜなら、チラシの値段そのままでは外壁塗装の工事をしてもらえることがないからです。

チラシの価格どおりの工事をやってもらえない理由は以下の3つが挙げられます。

チラシが安い理由その1
チラシには外壁塗装と一緒にやる他の工事が含まれていない

外壁塗装のチラシに潜む罠

外壁塗装はただ壁を塗るだけの工事ではありません。

壁以外にも「雨樋」「破風板」「軒天」など壁に含まれない部位も塗装します。

一般の方からすると不思議に思えるかもしれませんが、「外壁塗装」には上記で上げた部位は含まれません。

これらは「付帯部塗装」と言われて、一般的な戸建てで20万円ほどかかります。

さらに今主流のサイディングボードという外壁のお宅では、「付帯部塗装」とは別に壁の継ぎ目部分の「コーキング工事」も発生します。

コーキング工事もばかにはできず、一般的な戸建てで20万円ほどかかります。
つまりチラシの値段にプラス40万くらいは覚悟しておく必要があるのです。

チラシが安い理由その2
チラシの表示価格は小さなお宅限定

外壁塗装のチラシに潜む罠

チラシに大きく書かれた価格の横に小さな文字で「塗装面積~80㎡」などという記載があります。

ほとんどの方は自分のお宅の外壁面積を把握していないため、気にすることはありません。

しかし実際の戸建てで塗装面積が80㎡などというのはほぼありません。
一般的な戸建てで平均120~200㎡です。

ですので、チラシの値段でできると思って見積もりを頼むと、全然値段が違うということが起こります。

現にうちの社員の実家の塗装では、チラシの値段より2倍以上の金額の見積もりがでてきましたが、原因はチラシの面積と実際に測った塗装面積に大きな乖離があったからでした。

チラシが安い理由その3
チラシの価格は、チラシの作成とコストを載せる前の価格

実際の見積価格は、チラシの作成と配布コストも含まれている

皆さまは塗装のチラシの反響率をご存じでしょうか?

だいたい15000〜20000枚配って1件ほどです。
仮に20000部のチラシを印刷してポスティングをすると、20~25万円ほどかかります。

数少ない反響に引っかかったあなたのお宅でチラシにかかったコストを回収しなければいけないと思うと、チラシ通りの値段ではやってもらえないことがわかるのではないでしょうか。

ですので、チラシの会社一社だけしか見積もりを取らず、比較をしないのは非常に危険です。
同時に相見積もりを取って比較検討をすることが大事です。

外壁塗装の第2の罠
訪問販売も危ない!手抜き工事が慢性化する会社

訪問販売は信頼できるのか?

外壁塗装は未だに訪問販売が多い業界です。

訪問販売全てが悪徳業者なわけではありませんが、依然としてトラブルが多いのは事実です。
訪問販売の中でもよく聞く代表的な手法をいくつかご紹介しますので、以下のような提案を受けている方は即決せず、必ず相見積もりを取ることをオススメします。

  1. オリジナル塗料を勧められる
  2. この地域の実績が欲しいので特別にモニター価格でやります
  3. キャンペーン期間なので通常よりかなりお得にできます

上記3つは、工事ではなく営業がメインの販売会社に多い手法です。
販売会社は工事を下請けにだすため中間マージンが発生し、更に契約金額の一部を営業マンがインセンティブとしてもらう給与形態であることが多いため、相場よりかなり高額の値段が提示されます。

訪問販売の営業マンは、工事について専門知識を持っていない場合が多い

更に販売会社の営業マンは塗装の知識が少ないため、あなたのお宅には合わない塗料を勧められることもあります。
また信じられないほど安い金額で下請けに工事を回す業者もあるため、その場合は手抜き工事をされる可能性もあがります。

訪問販売全ての業者が悪いわけではありません。
中には営業マンを挟まず、職人さん自ら営業を頑張って、見積もり価格も適正という業者もあります。

しかし間違いなく言えるのは、上にあげたような営業が主体の訪問販売の会社は危険です。

これは訪問販売の下請け施工もやっていた塗装店さんに聞いた話ですが、
訪問販売の工事は工期が短いため、手抜き工事を強要されることもあるそうです。

具体的には「〜は塗らなくていいよ」や「最後の光触媒塗料は足りないだろうから薄めて使って」などという信じられない指示があるようです。
せっかく高いお金を払ったのに、裏でこんなことをされていてはたまったものではありません。

外壁塗装の第3の罠
「ご近所が塗装したからうちもそろそろ」に潜む危険

外観が気になるようであればすぐに塗装してもいい

ご近所さんが外壁塗装を始めた

同時期に新築をしたご近所さんが外壁塗装をすると「そろそろうちも塗装しないとまずいのかな」と不安になる方が多いです。
現にお客様に塗装の検討を始めたきっかけを聞くと「ご近所さんが塗装したから」という答えを沢山いただきます。

塗装の大きな目的の一つは「美観の回復」です。

「美観の回復」という観点からいうと、お客様自身が「もうこんな汚い外壁は嫌だ!」や「周りの家は塗り替えしてピカピカなのに、うちだけ汚いのは我慢ならない」と考えた時が最適な時期と言えるので、予算があればすぐにでも塗装をするのがよいでしょう。

本当に塗装が必要な状態なのか?を塗装業者に調査してもらう

しかし塗装のもう一つの目的「外壁の保護」という観点からいうと、「まだ塗らなくても大丈夫な家」というのは意外とたくさんあります。

お隣さんがもし訪問販売に騙されてまだ塗らなくてもいい家の条件なのに塗装をしているとしたら、その時はあなたのお宅もまだ「外壁の保護」という観点からいうと最適な時期ではありません。

またご近所に流されてそろそろ塗装しようという考えのお客様に多いのが、「お隣さんの工事をした業者は安心だからそこにお願いする」というケースです。

「工事中の挨拶が爽やかだった」「掃除がしっかりしていた」など色々と良かった部分はあるのかもしれませんが、その塗装店がお客様にとってもベストマッチになるかはわかりません。

塗装店は会社ごとに保証内容が違かったり、提案する塗料も変わります。

ご近所さんが選んだ塗装店に見積もりを頼むのはいいですが、その一社だけでなく相見積もりを取って比較することをオススメします。

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

優良な塗装業者と太陽光発電業者は仲が良いって知っていますか?

太陽光の見積もりサイトソーラーパートナーズ

当社は外壁塗装パートナーズの他にも、ソーラーパートナーズという太陽光発電の見積もりサイトを運営しており、全国から太陽光発電のお問い合わせを受け、地元の優良太陽光発電の施工会社を紹介しています。

ソーラーパートナーズは太陽光発電の見積もりサイトとして3年連続でNo.1を獲得しており、NHKからも取材を受けています。

全国の太陽光発電の会社と取引があるため、全国の優良な塗装店ともつながりがあるのです。

太陽光の会社と仲の良い塗装店は絶対に変なことをしない

太陽光発電

太陽光発電の会社には、必ず仲の良い塗装業者がいます。

太陽光発電の設置工事を行う際、屋根が劣化していると、先に屋根の塗装を行ってから太陽光パネルを乗せる必要があります。

その場合、太陽光発電の会社の名前で塗装をするため、もし屋根塗装で問題が起こると太陽光発電の会社の責任になります。

太陽光発電の会社は、絶対に変なことをしない、優良の塗装店と仲が良いのです。

そして屋根塗装だけを行う塗装屋さんは存在せず、屋根塗装を行う会社さんは必ず外壁塗装を行っています。

そのため、外壁塗装と太陽光発電は切っても切れない関係があるのです。

太陽光屋だけが知っている
塗装業者の手抜きによる雨漏りの事実

太陽光屋は設置前に必ず屋根裏を確認する

屋根裏の野地板と垂木

太陽光発電の会社は、設置前に必ず屋根裏のチェックを行うのですが、その際に雨漏りを発見することがあります。

なぜ太陽光発電の会社が屋根裏をチェックするかというと、太陽光パネルは屋根の上にのせるため、屋根の構造を把握するために野地板のじいた(屋根の板)の材質と垂木たるき(屋根の骨組み)の間隔を必ず確認する必要があるからです。

各太陽光パネルのメーカーによって、施工基準が設けられているため、きちんと施工基準を守った工事をしなければなりません。

塗装後の屋根は雨漏りが多い

縁切りされてない外壁塗装

驚くことに、数年前に屋根の(特にスレート屋根)の塗り替えをしている家ほど、雨漏りをしています。

これは原因がはっきりしていて、塗装時のタスペーサー不備縁切り作業の手抜きによるものです。

屋根の役割は、内部で雨漏りが起こらないように、雨水を逃がさなければなりません。

雨水を内部に侵入させないために、屋根塗装の際、縁切り作業を行います。

縁切りとは、屋根材と屋根材の間に間隔をあけるために、隙間に入った塗料をカッターで削り落とす作業のことです。

現在は縁切り作業に加えて、タスペーサーという部品を屋根材と屋根材に挟むことも行っています。(屋根材によっては、必要ない場合もあります)

縁切り作業をやらないと、雨水が逃げずに留まってた状態になり、屋根の下地を痛め、雨漏りが起こります。

そして最悪、屋根の大幅な修繕工事を行う事態に陥ってしまいます。

塗装の手抜きが多い3つの理由

以上屋根の雨漏りについて挙げましたが、外壁塗装でも同じような手抜き作業が多く見受けられます。

一体、どうして手抜き作業をする塗装業者がいるのでしょうか?
大きな理由として、以下の3つが挙げられます。

手抜き塗装の理由1
下請け塗装で赤字になる

外壁塗装は、平均的にその人工(職人1にが1月で作業できる量)は、20人工と言われています。

ところが、10人工分が代金はもらえないという現場が、今現在でも多く存在します。
そういった利益どころか赤字になってしまう現場では、職人が自分の生活がまともにやっていては成り立たないので、仕方なく手抜きをせざる負えません。

塗料代を浮かすために塗料を通常より倍薄める早く終えるために工程を抜く、などをして何とか生活しているのが現状です。

手抜き塗装の理由2
工期が短すぎる

そもそも塗装の作業工程は、天候に左右されます。

寒すぎる日や雨の日には、やってはいけない工程もあります。
また、決して同じ日にはできない工程もあります。

そのため、外壁塗装の工期は何日もかかるのです。

ですが、工期が限られている場合、どこかの工程を省く以外に方法はありません。
3度塗りが必須なのに2度塗りで済ます、または1日乾燥させるところを待たずに次の工程に移ってしまう等を行ってしまいます。

手抜き塗装の理由3
お客様にはバレない

これが一番大きな理由だと思いますが、手抜きをしても、塗料を薄めても、ほぼ確実にバレません。

なぜなら、最後の塗装で隠せてしまうからです。

塗装後の外壁は大変艶があって、見た目が綺麗になるのですが、通常よりも薄い塗膜(塗料でできた膜)ですから、数年も経たないうちに剥がれてきてしまいます。

以上の理由から、塗装業者は手抜きをするのが習慣化されている場合が多いため、雨漏りする家が絶えないのが現状です。

外壁塗装は良い塗装店をみつけることが重要

外壁塗装は人の力で家を守るためのバリアを地道に作り上げる作業です。
そのため、作業をする塗装業者の技術・知識・倫理観が塗装の品質に直接影響します。

つまり外壁塗装は、丁寧で無茶な仕事をしない塗装業者に、確実に塗装をしてもらうことが非常に重要なのです。

良い塗装店を見分ける3つのポイント

ポイント1 無理に安くしすぎない

塗装店に利益が残らないくらい安すぎる価格で請け負ってしまうことが手抜きの一番の原因です。

利益が確保できていないことで、少しの不況で倒産や破産につながり、万一塗装で不備があった時に適用する保険も使えなくなります。

外壁塗装は塗装店が保証を出すことが多いですが、保証を謳う以上、継続性は非常に大事なのです。

ポイント2 手抜きしない理由を説明できる

最終的に、その塗装業者が手抜きをしないかどうかは信用するしかありません。

信用できる仕組み信頼に足る実績など、少しでも自分たちのまじめさ、実直さを説明すらできまいところには、自分にとって一番の資産を任せてはいけないと思います。

ポイント3 塗料の性質が良く分かっている

塗料をしっかり勉強している塗装店は、塗装の重要性が良く分かっているため手抜きをしません。

塗料にはメーカーから下塗り材と上塗り材の組み合わせや、乾燥に必要な時間、面積当たりの塗料の量が決められていますが、これらがなぜ重要なのかをしっかりわかっていることは非常に重要です。

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

塗装は外壁を守るバリア

家の外壁は弱いコンクリート(または金属)でできています。

家を建てるときは木で骨組みをつくり、木の板を貼ります。
その外にモルタルやサイディングなどの『外壁材』を敷きます。

そして必ず『外壁材』の上から『塗料』を塗ります。
なぜなら、外壁材と塗料の良い性質が合わさって初めて建材としての役割を果たすことができるからです。

つまり、塗装は外壁を守るバリアなのです。

外壁材と塗料の性質の違い
性質 外壁材 塗料
防風 ×
耐震 ×
断熱
衝撃
耐紫外線
防水 ×
乾燥 ×
温度差 ×

バリアが壊れる前に塗装することが重要

外壁が劣化していく過程

外壁塗装って何のためにやるかご存知ですか?
上にも書いたように、外壁塗装は外壁材を守るバリアを作ることです。

モルタルやサイディングなどの外壁材は固いし、燃えませんが、水に弱いのです。

バリアの補修より、外壁材の補修の金額は、当然ながら圧倒的に高くなります。

ムダな出費をしないようにするためにも、適切なタイミングで外壁塗装をしてバリアを補修することが必要なのです。

外壁が劣化しているサイン

チョーキング

外壁を触ったときに粉状の塗料が手につくのは劣化が進んでいる証拠です。

クラック

ヒビ割れは劣化がさらに進むと起こります。酷いと雨漏りやシロアリ被害につながります。

塗膜の剥がれ

確実に劣化しています。塗料が剥がれている部分から外壁材に水が染み込み雨漏りが起きます。

塗料がバリアになるために3回塗りは必須

外壁塗装で塗料を塗る際、必ず3回塗ります。

1回目の下塗りはバリアを定着させるための準備で、2回目と3回目の中塗り・上塗りがバリアになります。

中塗り・上塗りで塗った塗料が乾燥によって化学反応を起こし、バリアになります。
ちなみに塗料によっては、2回目と3回目の塗料は同じ塗料を使う場合があります。

2回目と3回目に分けて塗る理由は、1回で塗るとムラができてきれいに塗れないことと、バリアとして機能するための十分な塗料の厚さを1回で確保するのが難しいからです。

3回塗りのそれぞれの役割
機能 下塗り 中塗り 上塗り 詳細
密着性 × × 外壁材と塗料の接着効果を高める
吸い込み止め × × 塗料が外壁材に吸われないようにする
色透け防止 色を変える際に旧塗料が透けないようにする
美観 × 見た目をきれいにする
耐久性 × 外壁材を紫外線や雨から守る

じつは外壁塗装は「塗る」以外にもたくさんの工程がある

外壁「塗装」といっても、じつは塗る前までにたくさんの工程があります。
塗る工程よりも塗る前の工程の方が手間も時間もかかる作業なので、手抜きをする業者は塗る前の工程をいい加減にやったり工程を省くのです。

足場の組み立て

効率化と安全確保のために足場を立てます。

足場自体の手抜きは無いですが、焦って組み立てて建物や備品に傷を付けて知らんぷりをすることがあるので注意が必要です。

高圧洗浄

粉化した塗料やカビ・コケ・ホコリなどを落とします。

十分に汚れを落とさないと塗料が剥がれてきてしまうため念入りに行います。
手抜きが行われやすいポイントの一つです。

下地補修

ヒビ割れの補修やシーリングの充填、塗料が載りにくい金属部の目荒らしなど、細かい処理を家全体に延々と行います。

塗料の耐久性や家の寿命に直結する箇所なので念入りに行いますが、非常に地道な作業な上、塗料で蓋もできてしまうため一番手抜きが行われやすい工程です。

養生(マスキング)

仕上がりを綺麗にするために、塗料が付いてほしくない場所に専用のテープやシートでカバーします。

外壁に塗装をする時は雨樋や窓サッシに養生を行い、逆に雨樋や窓サッシを塗装するときは外壁に養生を行います。
「貼る→塗装→剥がす→貼る」を繰り返す地道な作業なため、面倒な雨樋や軒天などの塗装をしないことで養生と塗装の工程を省く業者がいます。

塗装(下塗り・中塗り・上塗り)

下塗りで塗料を定着させやすくし、中塗り・上塗りバリアを作ります。

セメントでできている壁や屋根の他にも、木材・金属・樹脂(プラスチック類)など、住宅にはたくさんの種類の材料が使われています。
これらをすべて塗料を変える必要があるため、場所によっては塗装しない手抜きをする業者がいるのです。

木材でできている軒天・雨戸・雨戸袋

金属でできているベランダ・門・電灯

樹脂でできている雨樋

また、大部分をローラーで塗った後、ローラーでは塗れない端や細かい箇所はハケを使って細かく塗りますが、手抜きをして塗らない業者もいます。

塗料は原則薄めて使いますが、分量を守らないでたくさん薄める業者もいます。

掃除

作業で出た塗膜のカスや養生の切れ端などをきれいにします。

さすがに目立つゴミを残していくことはありませんが、窓サッシや狭い箇所など目につきにくい場所の掃除を怠る業者がいます。

地元で一番優良な塗装業者をご紹介

外壁塗装パートナーズは、あなたの地元で一番優良な塗装業者をご紹介いたします。

冒頭でもお伝えしたとおり、良い塗装業者は太陽光発電の会社が一番よく知っています。

当社の全国で280社の太陽光発電の会社とのネットワークを通じて、一番評価の高い優良の塗装業者をご紹介いたします。

建築業許可 取得済みの見積サイトです

建設業の許可票

数多くある見積もりサイトの中でも外壁塗装パートナーズは、建築業の許可を取得し、塗装業の許認可も取得しています。

太陽光発電を新築住宅への設置する際、家を建てる大工さんたちと一緒に現場に入り、太陽光発電を設置するため、家の構造も当然把握しています。

適切な外壁塗装を理解するには家の構造がわかっていることは大前提です。

外壁塗装の見積もりサイトは他にもたくさんありますが、そのほとんどがインターネット屋さん(インターネットが得意な会社)が運営しています。
一部、塗装屋さんが運営しているものもありますが、加盟店が少なかったり1社しか紹介してくれなかったりします。

特色 外壁塗装パートナーズ 見積サイトA
(塗装店が運営)
見積サイトB
(インターネット会社が運営)
建設業許可の取得 ×
塗装の知識 ×
加盟店の質
加盟店数

また、屋根や外壁塗装について詳しい専門のアドバイザーが常時在中しておりますので、どんなことでもお答えいたします。

外壁塗装でお悩みの方やちょっと相談したいと思っている方、ぜひ一度外壁塗装パートナーズまでご相談ください。

外壁塗装パートナーズを利用するメリットは3つ

メリット1 手間がかからず優良な塗装業者に見積依頼ができる(無料)
簡単に見積もり依頼ができる

外壁塗装パートナーズが、あなたの地元で誠実で優良な塗装業者をご紹介します。

当社で定めた塗装業者の選定基準に基づきご紹介していますので、初めての方でも失敗せずに、プロの手によって家の美観や保護を維持することができます。

メリット2 外壁塗装専門のアドバイザーに相談ができる(無料)
外壁塗装専門のアドバイザーに相談

当社には、外壁塗装専門のアドバイザーが随時ご相談を承っております。

この見積もり価格は妥当か?」や「塗料ってどれを選べばいいのかわからない」、「A社とB社どっちがいいと思う?」など、どんな些細な質問でもきちんとお答えします。

メリット3 簡単入力で見積もりの依頼ができる(無料)
簡単入力で見積依頼

まだ検討段階の方でも、どなたでもお見積もりは無料です。
専用フォームから必須項目のみご入力いただければ、完了です。

屋根や外壁塗装のお悩みやご希望は、外壁塗装パートナーズへご相談ください。

ご利用の流れ

ステップ1
フォームに入力
簡単見積もり依頼

見積依頼フォームより必要事項をご記入ください。

ステップ2
専門相談員が対応
専門家に相談

塗装専門家が適正価格や失敗しない方法を教えます。

ステップ3
塗装業者をご紹介
塗装業者をご紹介"

地元の誠実な塗装業者を最大3社ご紹介します。

ステップ4
見積もりを比較
見積もりを比較

比較してご自宅に見合った見積もりをお選び下さい。

ステップ5
納得したらご契約
納得したらご契約

十分納得できた場合のみ、塗装をご依頼ください。

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

また頼みたくなる外壁塗装

次もまたお願いしたくなる親切・丁寧な外壁塗装業者がみつかります。

ステップ1 郵便番号を入力 必須
ステップ2 塗装場所を選ぶ 必須
ステップ3 延べ床面積を選ぶ 必須

運営会社

法人名 株式会社ソーラーパートナーズ

(Solar Partners Co., Ltd.)
設立年月日 2010年4月22日 (Earth Dayに会社設立)
代表者
代表取締役 中嶋 明洋

神戸大学経営学部卒業後、FA機器メーカーの(株)キーエンスに入社。営業職として全国ランキング1位となった後、介護・医療・シニア分野専門の情報インフラ構築を手掛ける(株)エス・エム・エスに入社。同社初の地方事業所となる関西事業所の事業所長や新規事業責任者、CS推進室長等の要職を経て、同社の東証マザーズ上場に貢献。その後、当社取締役中村とともに、(株)エコパートナーズ(2011年、(株)ソーラーパートナーズに社名変更)を設立し、代表取締役に就任。グロービス経営大学院卒業(MBA)。
顧問
経営顧問  大谷 武彦

1965年、飛島建設(株)入社。米国現地法人社長を経て、1994年、株式会社クレオ(JASDAQ上場)に取締役副社長として経営参画。同社代表取締役社長、代表取締役会長を歴任。2005年、(株)エス・エム・エス(東証一部上場)監査役に就任。2008年、(株)ランドコンピュータ常任監査役に就任。2011年、(株)従心会倶楽部を設立し、代表取締役に就任。
建設業許可番号 東京都知事許可(般-29) 第138314号
電気工事業届出番号 東京都知事届出 第2910275号
資本金 15,000,000円
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-20 新宿オミビル4F
TEL 03-5155-3407
FAX 03-5155-3349
コーポレートサイト

太陽光発電の見積もりサイト
https://www.solar-partners.jp/

ソーラーパートナーズ本サイト
https://www.solar-partners.co.jp

事業内容 外壁塗装の工事会社ネットワーク運営事業
太陽光発電の工事会社ネットワーク運営事業