【初めての外壁塗装】失敗しない外壁塗装の入門編

初めての外壁塗装

家を購入してからはや10年。
自分の家の壁に、以下のようなことを感じたことはありますか?

「家の壁が汚れてきたから綺麗にしてもらいたいな…」
「壁が少し剥がれてるし、所々割れてない?」
「心機一転で、壁も屋根の色を変えようか」
「あれ、外壁を触ったらなんか手についちゃった」

家の外壁に違和感を感じたあなたは、とても鋭い方です。
実は家の寿命は、外壁と屋根で成り立っています。

上記のような、壁を触ったら手に壁の色がついたり、目に見えて外壁が汚れてきたり、一部が剥がれていたり…そういった異変が起こっていたら外壁が傷んでいるサインです。

外壁が傷んでいるということは、このままいくと家の寿命が縮んでしまう可能性があります。

家を長く使用したい場合は、定期的に塗装業者に外壁を見てもらうか、外壁塗装工事をやってもらう必要があります。

業者に見てもらって、もしも 外壁の汚れや割れなどが、外壁にそこまでダメージがないならそれはそれで安心できます。
ですので、少しでも気になることや不安があれば専門業者に見てもらいましょう。

今回は外壁塗装を初めてやる方にとって、知っておいてほしいことを各記事にまとめましたので、検討中にぜひ読んでおいてください。

外壁塗装のタイミング:外壁が割れたり色が褪せてきた!

外壁塗装って、いつお願いすればいいのでしょうか?
外壁に割れや汚れがあったことを気づいた時、壁を一度水洗いしたことがあるかもしれません。

またはDIYとしてペンキを上から塗ってすまそうとしていませんか?
それだけでは外壁は逆に傷むか、すぐにまた劣化してしまいます。

ですので、きちんと塗装業者に見てもらうことをおすすめします。
見てもらった後に結局「外壁はまだまだ大丈夫ですよ!」って言われたらそれはそれで安心できますよね。

外壁塗装の最適な時期について知りたい方はこちらをご覧ください。

外壁塗装の費用:外壁塗装ってどれくらいかかるの?

外壁塗装を検討中の方はもちろん、費用がどれくらいかかるのかとても気になるかと思います。
現在、ネット上で外壁塗装の価格が出ておりますが、中にはパック料金で工事代全部コミコミ!などと謳っているサイトもあります。

外壁塗装は、塗装業者の設定単価と作業する面積によって簡単に費用は上下します。

外壁塗装の費用は「外壁の面積(㎡)」で決まります。

外壁の面積(㎡)に基づいて「塗料費用」、「職人さんの人工費用(人件費)」、「作業費用(足場などの作業道具費)」の3つで大きく費用は構成されています。

他の業界と違って相場価格で価格は図れないのが塗装業界です。
なぜなら、各塗装業者で単価設定が違うからです。

そしてネットに載っている相場価格は、根拠がなければあまり参考にならないのが現状です。

ちなみに、メーカーが公表している塗料単価も、業者が設定している価格と異なりますので参考になりません。

ですので現状、2~3社の塗装業者から見積もりをとって比較するしか方法はありません。

その中でも一番自分の希望どおりの提案をしてくれ、なおかつこの業者さんなら誠実に仕事をしてくれそうだ、という業者を選びましょう。

外壁塗装の業者:どの業者を選んだほうがいいの?

実際に外壁塗装しよう!と決まったら、どの業者にお願いすればいいのやら…と悩む時があるかと思います。

先ほども言いましたように、外壁塗装の価格は相場がないので2~3社から見積もりをとる必要があります。
ただ、どこで比較すればいいかわからないと思うので、ヒントをご紹介します。

提案する見積もりについて詳細に説明してくれる

「あなたの家はこの箇所を補修する必要がありますので、こういう処置と塗料を使ってやります~、そのためこういう価格になります」ときちんと説明してくる塗装業者は親切です。

こちらとしては、見積もりの見方がわからないので、説明とともにアドバイスまでしてくれる業者さんは信用に値する方が多いです。

カラーについて実際に塗った写真や実物を見せてくれる

外壁の色を決める際、カラーシミュレーションなる便利なものがありますが、実際に壁に塗って乾くと色は異なるので、想像していた完成図とのギャップがあります。

というのも色の見え方というのは、光の加減等の条件によって容易に変わるので避けられないことです。

ですので、実際に自分の家と同じ外壁材に試し塗りしてくれる業者さんがいると決めやすいですよね。

誠実な対応してくれるか

外壁塗装の工事は、ご近所さんにも影響します。

塗料の匂いや足場を組み立てる音が出るので、果たして迷惑をかけないだろうか?と不安な気持ちがあると思います。

それを「工事前にはご近所さんに必ず挨拶しますよ」、「工事中も、お客様に工事の進捗を必ず伝えます」など細かい所も配慮してくれる業者さんもいます。

気配りができる塗装業者さんなら安心して任せられると思います。

以上のポイントを、塗装業者を選ぶ際に参考にしていただければ幸いです。
もちろん、こちらを全てクリアしていなくとも誠実な塗装業者さんは多く存在します。

あくまでも指針としてご参考いただければと思います。

外壁塗装の塗料:どの塗料を選べばいいの?

外壁塗装に使用する塗料は、種類が豊富です。
以前と比べて耐久性が高い(紫外線等の外的要因に対して)塗料ばかりですので、どれを使ってもあまり問題はありません。

ただその中で、自分の希望に沿う塗料を選ぶことが一番です。

例えば、何回も塗り替えをしたくないから、耐久性が強い塗料がいい!という方は、フッ素樹脂塗料等がおすすめです。

また、塗り替えを何回でもしていいから、色が鮮やかなものがいい!のであれば、シリコン樹脂塗料等を選ぶのがいいでしょう。

見積もりを出してくれる塗装業者さんに自分の希望を伝えると、希望に沿った塗料を選んでくれるのでぜひ伝えてみてください。

塗料について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧くださいね。

まとめ

外壁塗装について、少しはご理解できたでしょうか。

外壁塗装は別名、家のお化粧と言われています。

せっかく自分の家なんですから、いつまでも綺麗であってくれたほうが、毎日帰る時気持ちいいですよね。

何年かに一回の外壁塗装を悔いのないようにしたい方は、外壁塗装パートナーズまでご相談ください。

あなたの地元で一番誠実な塗装業者をご紹介します。

また頼みたくなる外壁塗装
STEP1 郵便番号を入力 必須
※郵便番号がわからない場合はこちら
STEP2 塗装場所を選ぶ 必須
STEP3 延べ床面積を選ぶ 必須
相場価格表プレゼント
相場価格表プレゼント